スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『墨攻』   ‘兼愛’を説き平和を望んだ者の孤独。何故人は戦い、戦いは何を産み出すのか。

墨攻 [DVD]墨攻 [DVD]
(2009/01/28)
アンディ・ラウアン・ソンギ

商品詳細を見る
<ストーリー>

 戦国時代。趙と燕の国境にある粱城は、趙によって攻撃されようとしていた。10万の趙軍に対し、梁城の全住民はわずか4000人。頼みの綱は墨家の救援部隊だったが、間に合いそうもなく、粱王は降伏を決断する。墨家の革離(かくり)がたった1人で駆けつけたのは、その直後だった。兵に関する全権を粱王から与えられ、早速城を守る準備に取りかかる革離。趙軍の指揮官・巷淹中は革離を好敵手と見なし、やがて激しい攻撃を開始する。



2006年  中国・日本・香港・韓国


(「映画生活 Gaga」   より引用。)







 1992年から4年以上に渡りビックコミックに連載された森秀樹作の同名漫画の映画化。漫画の原作は1990年に発表され直木賞候補となった酒見賢一氏の小説『墨攻』。映画を観るまで漫画と小説の存在を知らなかったのですが、漫画、小説共に評価が高く、映画で主演を務めたアンディ・ラウがファンであるように日本のみならず、アジアでの人気もある作品なのですね。


 本作の時代は紀元前770年から紀元前403年までの春秋戦国時代。紀元前403年、晋の韓・魏・趙が晋を分割前が春秋時代。以後の紀元前221年までを戦国時代といい、本作は紀元前370年頃が舞台。



 冒頭に出る「墨攻」の文字に迫力があり、とてもカッコいいのですが、このタイトル文字はアンディ・ラウが書いたものだそうで『ベルベット・レイン』のタイトルもそうでしたが今回もその達筆を披露しています(日本版のポスター等に使われている文字はアンディ・ラウのものではないそうです。)。そしてこの冒頭、結構重要なのでお見逃し無く。



  趙によって陥落の危機に陥った梁は墨家の救援を待つが現れる気配がない。梁王は降伏の意思を趙に伝えると決意する。諦めていた墨家が現れたのはその直後。しかし墨家は一人・・・一人でどうするのだと梁の民共々不安になりましたがそんな不安を消し去るが如く敵を撤退させる革離。「非攻」の精神、守城のプロがどういった方法で大軍から梁を守り抜くのか期待が膨らむ。



 墨家とは当時儒家と並ぶ勢力であり、墨子が創設した思想家集団。戦乱の世に平和を説くこの墨家は実在したそうで、「兼愛」「非攻」「天志」「明鬼」「尚賢」「尚同」「節用」「節葬」「非楽」「非命」‘墨家十論’に従い行動する。本作ではこのうちの「兼愛」と「非攻」が主に描かれていたと思います(詳細は墨家 wikipedia  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%  に)。墨家である主人公・革離は自分の国でもない国を大勢の敵を相手に守り抜くため梁にやってきます。



 墨家は‘守りのスペシャリスト’といった存在であり、たとえ多勢であってもひるむ事は無く、優れた統率力で民の心を掴み、戦略によって大勢の敵に立ち向かい守り抜く。前半はこうした趙と梁(革離)の攻防戦が見もので、革離がとる戦略が面白い。



 大勢の敵に対して梁の兵力は極わずかで誰しもが敵うはずがないと考える。しかし革離は民に対し戦意を湧かせ、‘武’には‘智’で挑めと様々な戦略を披露する。その戦略はかつて日本史が大好きであった私にとって武将・楠木正成を思い出し、そして裏話として聞いた様々な籠城戦法が出てきたので興味深かったです。



 また敵である趙軍の描かれ方がとても面白い。趙軍の数はかなりのものなのでCGを交えているとは思うのですが(後ろの方に変な動きをしている馬が気になりました・・)迫力ある映像が展開されるのですが、大勢であっても個々の動きが細部まできちんと描かれていました。特に面白いなと思ったのが盾の使い方なのですが、行進しながら盾を上下させて後ろにいる兵士を守るというのが新鮮でした。



 予告編やコピーに「10万の敵にたった一人で挑む」となっていたので、てっきりこうした知略を沢山観られるものだとおもっていたのですが、籠城は前半のみで、途中から話しがガラッと変わっていきます。この突然の変わり様に少し戸惑うと共にもっと革離の知略が観たかった・・と残念な気持ちになりました。



 後半からは趙との戦いから梁の内紛へ話しが変わり、この内紛から墨家の‘兼愛’と‘非攻’の精神への理想と現実の壁を思い知らされます。革離は常に墨家が説く‘兼愛’ ‘非攻’の精神と、自身の行いの矛盾に悩まされていたのですが、そうした時に人間の欲深さや傲慢さといった‘人の深いところで眠る姿’が革離の前に現れ、現実を思い知るわけです。‘兼愛’ ‘非攻’といった墨家の思想はもう時代遅れなのか、ただの理想で終わってしまうのか。争いを終えることなど出来ないのか・・・。革離の苦悩する姿から‘戦う’ということの問題提起がなされます。


  そして何故戦い、何のために命をかけてまで挑むのかなど人々の台詞や行動によって終盤にはその‘答え’が多方面から描かれる。革離の考える戦争と勝利、巷淹中の考える勝利の形。そして梁の王の存在自体も本作のテーマを描いており、感慨深いものがありました。また終盤印象的だったのが趙と梁の戦いのシーン。途中で突然画面が油絵のようになるのですが、この表現法によってまるで戦争の絵を鑑賞しているかのような(観客と映画の)構図となり、観客に‘戦争を客観視’させうことによって戦争の無意味さや惨さと言った事を伝えようとする。この表現方法はとても面白いと思いますし、メッセージも伝わります。しかし全体的なバランスがこの突然の表現法で若干崩れたような気にもなりました。挿入の仕方が原因なのでしょうか・・ここが少々残念。


 
 本作は漫画に沿ったもので、小説とは異なる部分が多いようですが、漫画と小説にも登場しないオリジナルキャラクターであるファン・ビンビン演じる女性兵士・逸悦の存在で終盤の話しもかなり原作とは違うらしい。そこが吉とでたか凶とでたかは人それぞれだと思うのですが、この逸悦役のファン・ビンビンがまた凄い声をしていまして、可愛らしい女優さんなのでこうした戦いの世界では浮き気味だったりするのですが、私はさほど悪い方向には行かなかったと思います。これによって冒頭の少女が活きると思いますし、革離の目指したものと現実が描かれたと思うので。



 ファン・ビンビンも魅力的でしたがやはり主演のアンディ・ラウ、そして敵役アン・ソンギは存在感があり良かったです。特にアン・ソンギの巷淹中。最後の表情に様々な心情が映し出され、梁王を見つめるあの目がなんともいえませんでした。また脇を固める梁の若君チェ・シオン、子団役ウー・チーロンなどもアンディ・ラウやアン・ソンギと言ったベテランに負けない存在感で作品世界に引き込んでくれます。




 このように魅力的な俳優、深遠なるテーマ、迫力ある映像であったのですが、やや詰め込みすぎていたような気もしました。観客をかせようとする過剰な演出など何か惜しいと思ってしまうところがあるものの、全体的に私は好きな作品です。一見派手そうでじつは地味目なこの作品、見る価値ありと私は思いました。



 音楽が『デスノート 前編』『デスノート the Last name』『南極日誌』などを手掛けた川井憲治氏なのも注目です。




<参考>

墨家 wikipedia  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5% 

春秋時代 wikipedia  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6

春秋戦国時代 wikipwdia  http://ja.wikipedia.org/wiki/%



墨攻@映画生活

スポンサーサイト

『美しい夜、残酷な朝』  日・韓・香の‘スリーモンスター’による幻想的な悪夢への誘い

美しい夜、残酷な朝 オリジナル完全版 [DVD]美しい夜、残酷な朝 オリジナル完全版 [DVD]
(2005/10/28)
イ・ビョンホンカン・ヘジョン

商品詳細を見る



日本/三池崇史監督、韓国/パク・チャヌク監督、香港/フルーツ・チャン監督によるオムニバス作品。どの作品も監督の個性が表れており、独特の世界が広がる。
『世にも奇妙な物語』の残酷エロス版・・・・・とでもいいましょうか。
そんな人間の深層心理を恐ろしくも幻想的に描いた三作品。


本当は三作品一記事にする予定でしたがひとつの作品の感想が長くなってしまったので個別にしました。下記リンクからご参照ください。



※各ストーリーはAmazon.co.jp  美しい夜、残酷な朝 より引用。

『美しい夜、残酷な朝』  R-15

原題 「THREE... EXTREMES 」 韓国題「スリーモンスター」     
2004年 日本・韓国・香港合作



韓国篇『cut』 


出演■イ・ビョンホン、カン・へジョン、イム・ウォニ

監督■パク・チャヌク


人気映画監督リュ・ジホがある日、帰宅すると、見知らぬ男が妻を人質にして彼の帰宅を待っていた。男に究極の選択を迫られていく中で、ジホは隠していた素顔をさらけだしていく。


●【cut】のレビューはこちら●


------------------------------


日本篇『box』 



出演■長谷川京子、渡部篤郎

監督■三池崇史


小説家・鏡子は<箱>に閉じ込められる夢を何度も見る。実は彼女は幼い頃はサーカスで育ち、手品師の父の舞台に双生児の姉妹と出演しており、ある雪の夜、<箱>を巡って悲劇的な事件が起きたのだ。


●【box】のレビューはこちら●



------------------------------


香港篇『dumplings』 


出演■ミリアム・ヨン、バイ・リン

監督■フルーツ・チャン

撮影■クリストファー・ドイル


今は資産家の妻となっている元女優のリーは、衰えていく美貌を回復して夫と愛人から取り戻す方法を求めて、怪しい女性が作る特製餃子にたどり着く。だがその餃子の材料は…。


●『dumplings』のレビューはこちら●



-ーーーーーーーーーーーーーー


<参考・関連>

『美しい夜、残酷な朝』公式サイト http://kadokawa-pictures.com/yoruasa/




美しい夜、残酷な朝@映画生活

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

『美しい夜、残酷な朝 /  【dumplings】 』 


出演■ミリアム・ヨン、バイ・リン、」レオン・カーフェイ

監督■フルーツ・チャン
撮影■クリストファー・ドイル(『HERO/英雄』『2046』『レディ・イン・ザ・ウォーター』)




今は資産家の妻となっている元女優のリーは、衰えていく美貌を回復して夫と愛人から取り戻す方法を求めて、怪しい女性が作る特製餃子にたどり着く。だがその餃子の材料は…。




Amazon.co.jp  美しい夜、残酷な朝 より引用。)






 三作品中一番生々しくぞっとする作品で、話も分かりやすく完成度も高いと思います。


 人間の業と欲をテーマにしている『美しい夜、残酷な朝』のテーマ性が存分に描かれており、その視覚的なものから心理描写にいたるまで、全てにおいて“生々しい”。

 



 「ずっと若いままでいたい。美しくありたい。」と思うのは女性であればだれもが抱く願望です。
なので本作の主人公リー夫人に少なからず共感するかと思います。…分かりますがあの餃子は食べたいとは思いませんが(笑)(でも中身を知らなかったら食べるかな…?なんて(笑))


 
餃子の中身は大体は想像できたものの、強烈なインパクトを与える代物なのですがリー夫人は中身を知っても食べる。リー夫人の美への執着は狂気染みており、恐ろしいのですがどこか悲しいものがあります。しかし、中身を知っても食べることも凄いのですが、その後のリー夫人の行動のほうが数倍恐ろしく、若さを保ち美しくなるだけではなく、何か別の存在になってしまったかのよう。


 美の秘訣である餃子を巡って幾つかの話が絡まり各登場人物の思惑・欲望が渦巻くので短いながらも濃厚な作品となっています。

 日本篇の感想に、『美しい夜、残酷な朝』のテーマ・コピーは‘美と戦慄とエロス’であると書きましたが、他二作品にもこのテーマは描かれているものの、本作【dumplings】が一番ストレートですべてのテーマを余すことなく描いていたと思います。

 また撮影がクリストファー・ドイルが手がけているのことが豪華ですね~。
単純でありがちなストーリーなのですが映し方が上手いためか「ありがち」などとは次第に思わなくなります。
餃子を作る姿(仕込みの様子は色々詮索してしまいました。)や食べる姿、夫人が鏡を見る様子などどのシーンも‘妖しい’のです。



 ラストのリー夫人の表情は圧巻、ここまで変わるか、そこまでやるかと・・・・(笑)しかし、次第に若返り、美しくなっていることが分かりづらいので何かもうすこし視覚的にも餃子の効果がわかるようにしてくれたらもっと恐ろしくなったような気がしました。


 それにしても・・・・『スカイキャプテン』のあのスターウォーズを意識したキャラクターを演じた方だったとは・・・後から知って驚きました。何か得した気分(笑)。



 香港では90分バージョンも公開されたそうで、結末が違うようです。公式サイトに90分バージョンの結末の詳細が載っています。





●他二作品(日本、韓国篇)のレビューはこちら。



『PROMISE 無極』  美男美女のラブファンタジー・・

ワーナー・ホーム・ビデオ

PROMISE <無極>



出演■チャン・ドンゴン、真田広之、ニコラス・ツェー、セシリア・チャン

監督■チェン・カイコ-






<ストーリー>

生きる術さえも持たず、空腹に震える幼い少女・傾城の前に、運命を司る美しき神“満神”が現れた。「この世のすべての男からの寵愛と、不自由ない生活を約束しましょう。その代わり、お前は決して真実の愛を得ることはできない。それでもいいですか?」と問う満神に傾城は答えた、「それでもいい」と。やがて彼女は王妃となった。その頃、無敵を誇る大将軍・光明が、俊足の昆崙を自分の奴隷としていた。そして反乱の企てから王を救おうと、光明と昆崙は城へと向かうのだが……。


2005年 中国

(「映画生活」より 引用)





 この作品は制作決定した時から楽しみにしていたのですが…。最近期待を裏切られることが多いです。それだけプロモーションが上手ということかもしれませんね。

 冒頭の傾城と満神が“約束”(というより“契約”ですね。)をするシーンは幻想的でこの作品が神話でありファンタジー作品であるということをここで多少でも受け入れることが出来たならば、これから起こることも受け入れられるかと思います…(笑)

 光明とが初めて出会うシーンでのチャン・ドンゴンの姿にびっくり。奴隷ということなので凄い格好をしているのですが…似合ってる気が(笑)
光明軍対の冒頭の戦いは迫力があり、映像は真っ赤な鎧、青い空、黄色い大地(崖も)のコントラストが美しい。
 しかし、昆崙の駿足が初披露されると迫力も美しさもぶっ飛び笑いと化す!(笑)

 噂には聞いていたものの…凄いです。もっと違う撮り方があるだろうに漫画っぽく、合成が下手というか浮いているというか…違和感を感じずにはいられません。

 その後、光明のアクションを観て「あ、映画観てるんだった。」とアニメ観賞気分から戻ることが出来ました(笑)戦闘シーンはいかに光明が強いかが描かれ、真田氏の華麗なアクションが冴え渡ります。光明が使う武器が『KILL BILL』でゴーゴー夕張が使っている鉄球を彷彿させます。何故鉄球にしたのだろうか不思議です。


 この後から運命は大きく動きだし、登場人物各々の宿命が描かれる。美しい映像、豪華絢爛な衣装、美しい登場人物達…この作品はストーリーを観るより“美を観よ!”という作品だと思います。

 ストーリー自体は分かりやすく、運命を変えることが出来るのか?”などといったありがちなメッセージです(と、私は捉えました。)


 そして映像はじめ登場人物、ストーリーが漫画的。これはいい意味で漫画的と言っています。この作品の世界の設定などを考えると漫画っぽい方が面白いと思うので。

 少女漫画にこんな作品があったような…と思ってしまいました(田村由美の『BASARA 』を実写化したらこんな感じになりそう。)。アクション×メロといったストーリーは女性の方は傾城に自身を置き換えてみるのもまた楽しいかもしれません(笑)

 無歓の持ってる変な棒や昆崙の駿足描写、その他諸々突っ込み所が満載。しかし、この作品ヴィジュアル重視の‘リアルアニメ’(私が勝手に作った言葉ですので、ニュアンスで感じ取ってください。)といった視点で観ると悪くない、何か楽しめた自分がいます。

 魅力的な俳優達が出ているということも楽しめた要因でしょう。
チャン・ドンゴンは心優しき奴隷役が結構嵌まっていて目で演技していたと思います。この作品では“かっこいい!”とは思えませんが。というのも真田広之氏に心奪われました(笑)私はチャン・ドンゴン、ニコラス・ツェーの二人はかっこいいと思いますが、それ以上に真田氏が、光明が魅力的だった。舞台劇のような台詞回しと作品の世界観を自身で作り上げている。次第に変わっていく光明の心情と激しくかつ軽やかなアクションを巧みに演じていました。パンフレットでセシリア・チャンが三人のうち選ぶなら真田氏と言っているだけあり、カッコよかったです。


 ニコラス・ツェーも冷ややかで美しく、孤独を抱えた無歓を好演。普通ならとても嫌なキャラクターですが、ニコラス・ツェーが演じているためか、憎めない・・・むしろ魅力があります。無歓の扇子を使った戦闘が私は好きです。扇子が武器と言うのが面白く、無歓ぴったり。まるで踊りを楽しむかのように冷酷な行いをするというのが無歓というキャラクターがよく出ています。


 また、脇役でしたが重要な役割を果たす、無歓の部下であり刺客の鬼狼がとてもよかったです。主演四人よりもこのキャラクターに一番感動させられました。鬼狼の複雑な内面を物凄い形相と体当たりの演技でリウ・イエが熱演。首をしめられるシーンでは実際に行なったらしいですからね・・・凄いです。


 


 最所は色々と違和感を感じ、突っ込みながら観ていましたが、次第にこの作品の世界に入り込んでいる自分がいました。この作品は美を楽しんだもの勝ちです。ファンタジーとしてこて観るとそれ程悪くはない作品だと思います。なんだかんだ言って楽しめましたからね。


 


にほんブログ村 映画ブログへ



?


PROMISE@映画生活



『HERO -英雄-』  真の英雄とは何か・・華麗なアクション大作

レントラックジャパン
英雄 ~HERO~ スペシャルエディション

出演■ジェット・リー、トニー・レオン、マギー・チャン、チャン・ツィー
監督■チャン・イーモウ




<ストーリー>

後に始皇帝となる秦王のもとに、無名と名乗るひとりの男が剣と槍を持って現れた。それは秦王の命を狙う3人の暗殺者、長空、残剣、飛雪の武器。最強の刺客たちを倒した無名は、秦王への謁見を許され、3人を討った経緯を話し始めた・・。


2002年 中国

(「映画生活」より 参考・抜粋)






豪華キャストが共演、アメリカでも大ヒット(確か初登場一位でした。)した作品。

美しく色彩富んだ映像と、華麗な衣装。ワイヤーアクションによる戦いなど映像面は素晴らしく各シーン絵画のような美しさ。

アクションシーンはワイヤーアクションが主なのですが、私はこのワイヤーアクションの多さと度を超えた戦いぶりに少々げんなりというか…ジェット・リーのアクションがワイヤーアクションばかりだと勿体ない気が(^_^;)何ごとも程々に…と思ってしまいました(^^;)(あくまで私個人 の感想ですのでm(__)m)。『グリーン・ディスティニー』ではあまりワイヤーアクションは気にならなかったのですが、何故か『HERO』は気になってしまったのです。『HERO』のワイヤーアクションはじつはエピソードが持つ世界観などによって浮遊の度合いが違うなど、細かい部分に気を使っているのが感じられましたが、作品のテーマ等を考えた場合気になってしまったのです・・・。


ただこの作品、先に述べた様に映像美は凄いです。湖上の上での戦闘シーンや森での戦闘シーンなど実に美しく描かれています。よくここがこの作品は評価されますが、その通りです。

各エピソードごとに赤、青、緑、白などに色彩が使われ、その色彩ごとに怒りや嫉妬、愛、信念などの様々な感情が込められ、描かれています。感情を色彩で表すことにより、各エピソードでの登場人物の心情が浮き彫りになるとともに、謎も深まっていく・・作品の重みができ、面白さが増します。

美しいと言えば衣装です。ワダ・エミ氏が手がけける華麗な衣装は作品では重要な存在で、各登場人物の心理状態を表し、アクションシーンを絵画のように美しいものにしています。この作品は映画というか芸術作品といえるかと思います。


また、俳優達の演技はベテラン揃いなのもあり、喜怒哀楽の表情がく見事。特にマギー・チャンとチャン・ツィーの女優の演技が素晴らしく、作品を盛り上げ彩りをつけています。

?

実は意外な結末となっており、“どんでん返しもの”と少し言える作品で、各エピソードがパズルのように描かれラストは驚きと深いメッセージが込められたものとなっています。

ただ深い作品であるためか、独特の手法のためなのか、分かり辛い描きかたをされている作品なので、一回観ただけでは完全にこの作品のよさを理解し辛いかと思います。


タイトル通り“英雄”とは何たるか、真の“英雄”とは?をテーマに、国への想い、愛する者への想いが描かれた美しきアクション作品です。



にほんブログ村 映画ブログへ


HERO@映画生活
プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。