スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オールドボーイ』  15年後の開放、それは壮絶な結末への幕開け。

??


ジェネオン エンタテインメント
オールド・ボーイ プレミアム・エディション


出演■チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・へジョン

監督■パク・チャヌク





<ストーリー>

 オ・デスは妻と一人娘を持つ、平凡なサラリーマンだった。ある日、娘の誕生日プレゼントを買って帰る途中、忽然と姿を消す。妻との不仲から、殺人容疑で指名手配されるが、実はオ・デスは何者かに連れ去られ、15年もの間監禁されていたのだ。15年後、監禁から脱出した彼は、敵を突き止め復讐することを誓う。その時敵から、「犯人と監禁された理由を5日間で解き出さないと殺す」とメッセージが。復讐に燃えるオ・デスは、美しい恋人ミドと知り合い、共に犯人を捜す。しかし、これも犯人が巧妙に仕組んだ罠なのだった・・・


2003年 韓国

(「映画生活」より 引用。)?






 「こんな凄い映画(色んな意味で)観たこと無い・・・!」と鑑賞後思う、心を打ちのめす衝撃的な作品。


 オープニングから"傑作の予感"がし、引き込まれる。様々な伏線をちりばめた冒頭のシーンはこれから起こるオ・デスの壮絶な運命が暗示されている。

日本の同名漫画が原作だが、パク・チャヌク監督が独自の動機を付け加え脚色した。


 パク・チャヌク監督作品ならではの見事な映像と斬新なカメラワーク。

主人公オ・デス(チェ・ミンシク)の心が崩壊していく様を見事な映像で表しています。また、漫画的な描き方をしたりとコミカルなシーンを入れるのは監督らしいです。

 この作品の素晴らしい所は音楽でしょう。悲哀に満ちたワルツ調の音楽がこの映画の独特の雰囲気をより引き出しています。音楽、かなり良いです!


 過激な描写が多く、目を背けたくなる痛いシーンも多々あるのは“復讐三部作”おきまりと言えるのですが、そういった描写だけではなく、人間の奥深くにある様々な欲や業を前作『復讐者に憐れみを』と同様に描いています。またこの作品、復讐を果たしたらはたして満たされるのか?愛と狂気、孤独が描かれ、ストーリーは神話的な要素が有る作品だと思いました。

 今まで好青年役が多くソフトなイメージのユ・ジテが今作では不気味かつ変質的なウジンを見事に演じていたと思います(ハマリ役すぎて恐ろしいです。)。無気味な笑いや寂しげな表情・・・上手いです。彼の演じるウジンは異常ともいえる人物なのですが、この役を演じるユ・ジテにかなり惹かれました。


 チェ・ミンシクもやはり上手い・・・も監禁されていたことをリアルにするため、体重を10㌔減し、復讐に燃える男を熱演。どこか抜けている中年男を演じさせたら右に出るものなしですね。クライマックスシーンでの迫真の演技は見事!

 カン・ヘジョンも可憐、純粋なミドを好演。パク・チャヌク監督とチェ・ミンシクが選んだ女優なだけあります。体当たりの演技もこなし、この作品に花を添え、重要な役割りをはたしています。彼女の表情は男たちの復讐心とは逆に純粋さに溢れているのもポイントでしょう。

 私はこの作品のテーマ(というかオチ)を知っていたので残念な事に衝撃度やや減・・・(泣)あまり観る前に映画についてのネタは調べない方がいいと痛感しました。

なので、これからご覧になる方は頭を空っぽに、そして有る程度の覚悟を持って観てください。


インモラルなストーリーと過激な描写が多い為万人向けする作品ではないので、気軽にお勧めは出来ない作品です。


カンヌグランプリ受賞し(『華氏911』と僅差だったそうです。タランティーノ好みの作品ですからね(笑))ハリウッドリメイクが決定している本作、誰がオ・デスとウジンを演じるのでしょうね。監督はショーン・ペンとエドワード・ノートンを希望しているそうですが、確かにこの二人ならばピッタリだなと思います。




観る者の常識を越えた衝撃的なバイオレンス×サスペンス映画です。




<ブログ内関連記事 復讐三部作>

『復讐者に憐れみを』 断ち切ることが出来ない復讐の連鎖

『親切なクムジャさん』 白い雪と共に・・・



にほんブログ村 映画ブログへ


オールド・ボーイ@映画生活

『スターウォーズ エピソードⅢ シスの復讐』  ダースべイダ-誕生!

?

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐


出演■ヘイデン・クリステンセン、ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、サミュエル・L・ジャクソン 他・・・
監督■ジョージ・ルーカス


今回のスターウォーズは旧作へと続く作品であり、ダースベイダーの誕生と、けしてハッピーエンドとは言えない作品なのは皆さん周知の事かと思います。

エピソード3はスターウォーズシリーズの中でも最高傑作と言っても良いのではと鑑賞後思いました。

冒頭からの激しい空中戦は迫力があり見事で、すぐに作品の世界に入り込んでしまった。敵艦でのR2ーD2の活躍は素晴らしく今までの作品とは違ったR2の一面が観られて楽しい。また、この敵艦のシーンから運命は動きだしており、この先のストーリー展開を気にせずには入られない。

随所にある戦闘シーンは迫力があり、前作以上のスケールで描かれている。

これは大きなスクリーンがある映画館で鑑賞すべき作品でしょう。


戦闘シーンでの各キャラのアクションは見事で釘付けになる。ヨーダの戦闘シーンも今回も観る事ができるのだが、エピソード2以上に魅力あるシーンとなっていて、マスターヨーダの勇姿を堪能できる。

アナキンがダースベイダーとなる謎が明らかになる今作。純粋な心を持つ少年だった彼が暗黒面に堕ちていく様は哀しく、切ない。アナキンは愛する者を守りたいと言う純粋な願いが理性を喪失させ、やがて周りを、そして自分さえも不幸にしてしまうのだ・・・ダースベイダーはとても人間らしいとも言える。


そのアナキンにオビワンは強い信念と正義、理性で向かって行く。かつての弟子を救うために・・・。今回のもう一人の主役はオビワンと言っても過言ではないと思いました。また、パドメの言葉とラストシーンはとても感慨深いです。


スターウォーズエピソード3はアナキン=ダースベイダーにより、人間の根底にある“暗黒面の”欲が描かれている作品とも言えます。
今回のスターウォーズは涙が誘われるシーンが多々あります。

しかしエンドロールの音楽がどこか希望が感じられるものでした。まさにⅣへの橋架けなのです。

劇場のシーンに監督が出演されてるらしいですね。探すのもまた楽しいですね(^_^)




にほんブログ村 映画ブログへ


スター・ウォーズ/エピソード3:シスの復讐@映画生活



『ブラザーズ・グリム』  ダークなファンタジーはいかが?

出演■マット・ディモン、ヒース・レジャー、モニカ・ベルッチ 他・・・

監督■テリー・ギリアム




<ストーリー>

 ウィル(ヴィルヘルム)とジェイコブ(ヤーコプ)・グリム兄弟は、いかさまの魔物退治で賞金稼ぎをする旅を続けていた。しかし、ドイツの村で芝居がばれて、その地を支配するフランス将軍に逮捕されてしまう。将軍はグリム兄弟に命じ、森で10人の少女が姿を消した事件の調査に向かわせた。猟師の娘アンジェリカをガイドに、森の奥深くに立つ塔にたどり着いたグリム兄弟は、その塔に伝わる女王の逸話を知る。その頃、森に不気味な異変が起こり始めていた。


2005年  アメリカ


(「映画生活」  より引用。)


 




 この作品で描かれているグリム兄弟は誰もが抱く様なイメージと異なります。詐欺を行うなんて(笑)
しかもマット・ディモン扮する兄のウィルは口達者で女好きだし・・・と最初は戸惑いました。

 

実際のグリム兄弟とは異なるグリム兄弟に戸惑いつつ、観ていると知らず知らずのうちにこの作品の世界に引き込まれます。



 ただグリム兄弟が少女失踪事件を調査するまでの話がテンポがあまり良くなかったのと少々雑に感じたのが残念な所。

 「また期待しすぎてしまった・・・(>_<;)」と思っていたら途中からテンポが良くなり、ストーリーもファンタジー色が強くなってきたので救われました。

 グリム童話は本当は残酷なものという事もあるのかダークファンタジーとなっています。
しかし所々にコミカルなシーンもあります。

 ストーリーに「白雪姫」「赤ずきんちゃん」「眠れる森の美女」「カエルの王子様」などのグリム童話が織り込まれ、童話のエピソードやキャラクターを見つけるのも楽しいです。

 キャラクターといえば“泥人形”が明らかにCGと分かるものの異様で怖かったですf^_^;これからご覧になる方はチェックしてみて下さい(笑)

 あとはお婆さん蛙も良い味だしてます。人物よりもこういったキャラクター達が魅力的です。

 またこの作品は衣装などの美術が凄いです。森や村をオールセットで作ってしまうとは!森や小道具、塔のデザインなど“童話の世界”を上手く表す手のこんだものです。監督がかなりこだわった様ですからね。

 この作品、各登場人物が個性的。悪女であるが実は憐れな女王にモニカ・ベルッチが嵌まってました。

 マット・ディモンはこの作品では彼の良さがあまりいかされていなかったように思いました。当初はマット・ディモンとヒース・レジャーの役は逆だったようですが、彼らが監督に変えて欲しいと言ったそうです。

 ヒース・レジャーは『悪霊喰 』で気に入った俳優なのですが、今回の彼には珍しい役もなかなか良かったです。

 物足りなさも少し感じましたがダークな雰囲気があるファンタジー作品で楽しめました。
気軽に観るのにはもってこいの作品です。

 たまにはダークファンタジーは如何でしょう?

 遊び心が満載のテリー・ギリアム監督七年振りの作品です。



にほんブログ村 映画ブログへ
ブラザーズ・グリム@映画生活

『シャイニング』  キューブリックが描く戦慄

ワーナー・ホーム・ビデオ

シャイニング 特別版


出演■ジャック・ニコルソン

監督■スタンリー・キューブリック



スティーブン・キングの小説『シャイニング』の映画化。


この作品を最初に観たのは実はテレビなのですが、とてもショッキングなものでした。その後ビデオやDVDで観なおしましたが、そのショッキングさは褪せることがありません。

ただ怖いだけではなく、人間の狂気、孤独感、猜疑心などの様々な人間の欲と感情を衝撃的な描写も交えて描いた作品だと思います。

また自分が信頼していた者が豹変する事の恐ろしさも描かれ、心理的にも怖く、画的にも怖く出来ている作品。

真っ白なホテルの壁や長い廊下、広すぎる庭など恐怖感が倍増。カメラワークも独特でさすがだなと思います。血が生き物のように波打っている描写は恐ろしくもあり、芸術的で、監督の感性の素晴らしさを見せ付けられます。


そしてあのラストシーンは何度観てもハラハラドキドキします。名シーンでしょう。

また何と言ってもジャック・ニコルソンの素晴らしき怪演、豹変する様がとても恐ろしく、表情が見事。
そして妻役のシェリー・デュバル・・・彼女の悲鳴をあげる時の顔が凄い・・・怖いんです(笑)彼女の顔だけでも恐怖を煽る効果ありだと思います。監督らはそこまで計算して抜擢したのかも?そこはどうかは分かりませんが(^^;)

このキューブリック版『シャイニング』、原作者スティーブン・キングは自分が描いたものと違うと憤慨し、改めて自ら制作指揮を取り、より原作に忠実な『 シャイニング 』があるのですが、私はこちらも観ましたが、キューブリック版と比べると感動がある作品となっていて、恐怖を全面に出していると取れるキューブリック版と違う点が多々あります。

私はどちらも好きです。見比べるのもいいかと思います。

余談ですが、DVDに収録されている当時の劇場版予告編は必見。斬新な映像に驚かされ、監督のセンスの良さが分かります。



1980年 イギリス



シャイニング@映画生活 ?

にほんブログ村 映画ブログへ

『親切なクムジャさん』  復讐三部作完結編。白い雪と共に・・・


ジェネオン エンタテインメント

親切なクムジャさん プレミアム・エディション


出演■イ・ヨンエ、チェ・ミンシク

監督■パク・チャヌク




<ストーリー>

13年間無実の罪で刑務所に入れられていた美しき女イ・クムジャが出所する。服役中、誰に対しても優しい微笑みを絶やさず「親切なクムジャさん」と呼ばれていた彼女だが、自分を陥れた男に復讐するため計画を開始する ・・・。


2005年 韓国  ※R15

(Amazon.co.jpより)





“復讐三部作”完結編。

今回の復讐者はイ・ヨンエ。

テーマは勿論“復讐”なのですが、今作は“贖罪”もテーマとして加わっています。

無実の罪で13年間監獄に入る事となったイ・クムジャ。彼女は刑務所内では天使の様な人-“親切なクムジャさん”と呼ばれていたが。この親切はある男への復讐の為・・・


白地に赤い薔薇、血等が荘厳でどこか悲壮感漂う音楽と共に描かれるオープニング・・・白と赤はこの作品ではキーとなる色彩でこれから始まる壮絶な復讐劇を暗示しているかのよう。
冒頭の出所シーンはクムジャさんのミステリアスな雰囲気が描かれ彼女に興味がわく。

作品前半は刑務所仲間がクムジャさんにしてもらった“親切”を語り、クムジャさんという人物を説明しているのですが、こういうやり方は面白い。親切エピソードはブラックユーモアを織り交ぜ、漫画的な描写があるなど少々現実離れしていて、監督の作品らしい。

刑務所では“天使”のクムジャさん。出所したら“悪魔”のクムジャさん・・・このクムジャさんの心情の変化を衣装、髪型、メイク等で描き分けている。

また全く顔色を変えなかったり、時に顔を歪めて怒り、泣くクムジャさんの複雑な心理をイ・ヨンエは見事に演じていた。空っぽになってしまったクムジャさんは感情と表情が一致しない・・・復讐に燃えるがゆえに。各シーンで観せる彼女の表情に注目です。

後半は壮絶な復讐劇。非情な男、ペク先生をチェ・ミンシクが貫禄ある演技で好演。チェ・ミンシクはやはり上手い。


今回の復讐は意外な方向に向かいます。“究極の親切”による復讐―そうきたか・・・と思いました。

観る者も復讐者と同様の感情にさせる手法により、復讐を正当化させる・・・これは観ていて複雑な心境になりました。これこそ監督の狙いなのです(パンフレットにこの“狙い”というかメッセージが書かれていますので、是非ご覧になって下さい。)。

ブラックユーモアを各シーンに織り交ぜ、漫画的な描写も所々登場します。
これらのシーンから“残酷な童話”といえるかと。監督は【グリム童話】を意識したそうですからね。

この作品は“復讐三部作”の前二作出演者がカメオ出演しているのも見所。
ユ・ジテはとても意外な役で登場します。前二作の出演者を出演させたのは「三部作といえども繋がりがなかったので、持続性を持たせたかった」からだそうです。


私は映像とセリフも前二作と繋がりがあると思いました。降り積もる雪、クムジャさんの部屋の壁、坂道、「いい誘拐と悪い誘拐」・・・全てが意味を持っています。

特に“雪”はキーポイントです。

“復讐三部作”は色や独特のカメラワーク、素晴らしい音楽も共通しているいとも言えるでしょう。

過激な描写は相変わらずですが、前二作程のインパクトがなかったのが少し残念。

過剰な期待をしていたのもあるかもしれませんが、前二作ほどのものではありませんでした。
しかし、今作が復讐三部作の中で一番後味が悪くなかった。ラストシーンは完結編に相応しいものとなっています。

この作品も前作同様人を選ぶ映画です。万人受けせず好き嫌い分かれると思います。

しかし、監督はただ残酷な描写を映すだけでは無く、復讐の無意味さ等も描いていると思います。

イ・ヨンエ主演、ヒューマンドラマ×バイオレンス作品です。



「親切なクムジャさん」関連

<ブログ内>

『オールドボーイ』 15年後の開放・・それは壮絶な結末への幕開け

『復讐者に憐れみを』 断ち切ることのできない復讐の連鎖



朝鮮日報  (パク・チャヌク監督が「誤解が多い」と語っております。ややネタバレ気味です。)
韓国国公式サイトの日本語訳  (イ・ヨンエのファンサイト)


親切なクムジャさん@映画生活



にほんブログ村 映画ブログへ ?

?




プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。