スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『カル』 謎が謎を呼ぶ・・韓国発サイコスリラー

アミューズソフトエンタテインメント
カル

出演■ハン・ソッキュ、シム・ウナ、ヨム・ジョンア
監督■チョン・ユニョン





<ストーリー>

被害者の身体が切断され、その一部が紛失しているという事件がソウルで連続して起こり、捜査を進めるチョ刑事は、被害者とかつて交際していた美しい女性スヨンへと行き着いた。自分の過去を喋ろうとはしない彼女に接近していくチョは、やがて悪夢のような真実を知ることに…


1999年 韓国  ※R-15

(Amazon.co.jp より引用。)






衝撃的な描写等から“ハードゴアスリラー”と称され、韓国映画では初めてに等しく猟奇殺人を扱った作品。


『八月のクリスマス』のハン・ソッキュとシム・ウナが再共演。とぃつても今回はラブストーリーではなくサイコもの・・・全く違った作品に、名作といえる『八月のクリスマス』のコンビをキャスティングしたのは凄いですね。


オープニングから異様でおどろおどろしく、「この作品、只者ではない!」と思わせる。サイコものであり多き本作の世界に引き込まれます。このオープニングはかなりのインパクトがあり、素直に上手いなと思ってしまいました。

ストーリーは従来のサイコものの発展系で同じく韓国のサイコスリラー『H [エイチ]』より上手く出来ていると思います。犯人は見当がつくものの、観る者を悩ませる謎がいくつも散りばめられているため見応えある、推理ものの要素があり、そこに登場人物の過去や複雑な心理が絡み、人間の心の闇、歪んだ欲が描かれ、韓国サイコものとしては成功していると思います。


しかし突っ込み所が多いのが難点。書いても鑑賞に影響を及ぼさないと思うので書きますが、ハン・ソッキュ扮するチョ刑事が安易に被疑者に銃を渡すシーン・・これはどう考えてもおかしいです。この他にも気になる点はあるのですが、謎解きに夢中になって観ればそんなに気づかないかもしれません(笑)


全編に渡り冷たく暗い雰囲気がある映像が効果的。陰鬱で雨が降り、暗い映像は恐怖心が駆り立てられ、各登場人物が怪しく見える映像は本作の独特の世界観を表し、音楽も異様な音楽からクラシックが用いられ薄気味悪さと悲哀、恐怖感が増す良い選曲なのですが、残念ながらサントラ発売されていないんですよね(^_^;)HMVに向かってハン・ソッキュが走るシーンにかかる曲が好きなのですが。


また、本作は“ハードゴアスリラー”ということで残酷な描写が多く、リアルに作られた死体には少々気分が悪くなります(笑;)なのでこの手のものが駄目ならば鑑賞はあまりお勧めできないかもしれません・・(^^ゞ


本作のハン・ソッキュは無精髭を生やし、難航する捜査をし苦闘する刑事に嵌り役で、クールな演技がとてもいいです。私はこの作品のハン・ソッキュがかなり好きなんです(笑)刑事役、似合いますよね。


シム・ウナも影在る不思議な魅力があるスヨンを好演、やはり綺麗ですね~シム・ウナは。笑顔が魅力的なシム・ウナは本作では笑顔を封印し、今までとは違った顔を見せてくれます。
スヨンの友人役ヨム・ジョンアも謎多き女医役が嵌っていた。ヨム・ジョンアはどこか影あるクールな役があいますね。


ストーリーは幾つもの謎がちりばめられており、何度もその謎を解く為に、思わず観てしまった。この作品の公開時のコピーが「この謎は一人では解けない」だったが全くその通りで、今も公式HPのBBSは存在するようです。この公式サイトには日本では未発売のノベライズを読むことが出来ます。

謎が解けない為に消化不良に思う方もいるかと思います。ビデオやDVDでは最後にカルの謎が9つ提示されるので、それを基にとくのがいいかと思います。しかし謎を解くために何度か観たものの、正しい答えは完全には分からなかったです。謎は謎のままにしておくべき・・・ということなのですかね・


因みに『カル』とは“刃物”という意味だそうですがこの『カル』は邦題で、原題は『tell me something』ストーリから考えると原題のままのほうがよかった気がします。


そういえば20世紀FOXがリメイク権を獲得したはずですが、どうなったんですかね?




<関連 参考サイト>


Kal Official page


映画カルの謎に挑む http://tokyo.cool.ne.jp/meikyu/art00/m  政宗九さんのHP。カルの謎がとけなかったらこちらのサイトで納得、理解できるかと思います。




にほんブログ村 映画ブログへ

???


カル@映画生活





スポンサーサイト

『マイノリティ・リポート』  トム・クルーズ×スピルバーグのSFサスペンスアクション!

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
マイノリティ・リポート

出演■トム・クルーズ、コリン・ファレル

監督■スティーブン・スピルバーグ






<ストーリー>

?2054年、ワシントンD.C.。全ての殺人はプリコグと呼ばれる予知能力者3人により予知され、犯行前に犯人はジョン・アンダートン率いる犯罪予防局によって逮捕されるという完璧なシステムにより、犯罪は激減していた。しかし、ある日、プリコグの思いも寄らぬ予知により、アンダートンは逃亡者になるハメに・・・


2002年 アメリカ

(「映画生活」 より 引用)






この作品の公開前のピーアールはとても派手だった記憶があります。確か東京国際映画祭の特別招待作品で監督とトム・クルーズが舞台挨拶までしてましたね。

スピルバーグ監督とトム・クルーズが組んだと聞けば誰もが期待するかと思います。私も予告編や二人が組んだということでかなり期待していました。

犯罪予告を察知し事前に犯罪を食い止めるシステムにより平和な社会となっている近未来という設定は奇抜でとても面白く、鋭い着眼点だなと思います。

この奇抜な設定に引けを取らない近未来の描写。


青味を帯びた美しい近未来の描写、スタイリッシュなカメラアングルが近未来の社会の負の部分を映し出しているよう。完璧な管理社会と化した近未来の社会の描かれ方が幻想的であり、幻想的でもあるのが実にいい。この作品は映像はとてもいいと思います。


また、トム・クルーズが犯罪予告システムを扱うシーンが冒頭に出て来るのですが、犯罪予告システムの扱い方(音楽と共に、宙に浮いたパネル(?)のようなものを動かすなど…)が斬新に描かれ興味が沸き、引き込まれます。

前半はアクションが多く、後半はサスペンス要素が強くなり、謎解きをする楽しさもあるのですが、前半がだらけ気味であまりハラハラドキドキさが感じられなかったためか(トム・クルーズだと安心して観てしまいますしね…(笑))、設定は良かったものの2時間半が長く感じました。
また、キャラクターの描き方が少し弱かったかなとも思います。

トム・クルーズは良くも悪くもどんな作品でもトム・クルーズなんですよね…なのでもう一つ何かが足りなかった。
コリン・ファレルが出演しているのでどんな役なのか楽しみにしていましたが、ビックリ!こんな扱われ方をするなんて・・(@_@)と驚きました。好演していただけにもっと出番があったらなぁ・・・^_^;


本作はフィリップ・K・ディックの小説(↓)この本は短編集となっていて、他に『トータルリコール』の原作も収められています。映画『マイノリティ・リポート』と原作ではラストが異なるので(・・立ち読みしたんですけどね(笑))比べてみるとまた面白いかもしれません。

フィリップ・K. ディック, Philip K. Dick, 浅倉 久志

マイノリティ・リポート―ディック作品集



徹底した管理社会、発達していく科学技術への警鐘がこの作品に込められていると思うのですが、そのメッセージ性が脚本のできが関係しているのか少し弱いかと思います。


しかし、こういった作品は難しい事は考えず、娯楽大作として楽しむべきなんでしょうね(^^)。




にほんブログ村 映画ブログへ ?
マイノリティ・リポート@映画生活

『コラテラル』  別世界に生きる2人・・出会いが人生を変える。

パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション

出演■トム・クルーズ、ジェイミーフォックス
監督■マイケル・マン






<ストーリー>

夜の大都会ロサンゼルス。タクシードライバーのマックスは、空港でクールないでたちのビジネスマンを拾う。男はヴィンセントと名乗り、多額のチップと引き替えに、マックスに一晩の専属運転手を依頼する・・・・。


2004年 アメリカ

(「映画生活」より 抜粋・引用)






ストーリーに惹かれ、公開初日に観に行った作品です、

トム・クルーズが悪役を演じて話題になった本作。ストーリーだけ見るとサスペンスアクションのようですが、単なるサスペンスアクションではなくヒューマンドラマ×サスペンスアクションなのが良い。

都会に生きる者の孤独感が描かれ、音楽と夜のLAの風景、光が作品を盛り上げる。映像はスタイリッシュで、LAの夜景が時に美しく、時に哀愁が感じられ、マックスとヴィンセントの心情を表しているかのよう。
またLAの夜景、二人の関係、二人が置かれている状況、セリフから他人に無関心で、どこか空虚な現代社会とそこに生きる人間を隠喩しているのかなと思いました。

私はそれ程トム・クルーズが好きだという訳ではありませんでしたが、殺し屋役のトム・クルーズは今までの彼の作品よりも渋くてかっこよかったと思います。他の作品のトム・クルーズより私は好きです。何故か惹かれました。

トム・クルーズは本作の役作りの為に‘俳優トム・クルーズ’と分からないようにピザの配達をするなど、殺し屋役を演じるために存在・オーラなどを消す訓練をしたりと本作への思い入れが凄いものだったということが伺えます。

またアクションシーンは役作りの為にハードなトレーニングをしただけあり、ガンアクションは迫力とキレがある。ディスコでの銃撃シーンはかなりの迫力があり、観ている者をも‘巻き込む’・・・まさに「コラテラル」。このシーンの音楽がとても好きで、着メロまでゲットしました(笑)


トムの新境地、殺し屋ヴィンセントのキャラはなかなか良かったと思いますが、完璧な殺し屋という割には簡単なミスをしたりと完璧とはいえない殺し屋だったのが少し残念です。監督が意図してそういった面を見せているのかもしれませんが・・(完璧ではない=人間味があるからこそマックスの関係がなりたったとも考えられるかなと。)どう捉えるかによっても評価が分かれるでしょうね。


ジェイミーフォックスはこの作品でアカデミー助演男優賞にノミネートされたと共に『レイ』でアカデミー最優秀主演男優賞を受賞。彼の演技に誰しも引き込まれるはず。


「コラテラル」とは「巻き添い」という意味らしい。この作品には平凡な日々を過ごしていた人々が巻き添えになってる。


マックスも…と簡単に言えるかは映画を観て確かめて下さい(^^)




にほんブログ村 映画ブログへ

コラテラル@映画生活


『銀杏のベッド』 愛と憎しみが時空を越える・・・カン・ジェギュ監督のデビュー作。

?
アミューズソフトエンタテインメント
銀杏のベッド

出演■ハン・ソッキュ、シン・ヒョンジュン、チン・ヒギョン、シム・ヘジン
監督■カン・ジェギュ




<ストーリー>

大学で絵を教える画家・スヒョンは32歳の誕生日を迎え、外科医の恋人・ソニョンともいい関係が続いている。ある日、スヒョンの夢に古代の衣装を着たミダンという女性が現れる。翌日、夢と同じ路地を見つけたスヒョンは、そこで銀杏の樹で出来たベッドを見つけアトリエへと持ち帰った。それ以降、不思議な現象がスヒョンを襲い始める。


1996年 韓国

(「映画生活」 より引用。)






『シュリ』『ブラザーフッド』のカン・ジェギュ監督のデビュー作。

昔の作品なので、今観ると映像が古く感じられ、CGも何だかな…と感じずにはいられない。

SFファンタジーとされている本作は、あまりSFとしては観ない方がいいと思います。ストーリーは、主人公の前世は宮廷楽士、彼は王女と恋に落ちるが王女は将軍が略奪結婚した姫であった。将軍の怒りにふれた二人は2本の銀杏の木となる。…という“おとぎ話”の雰囲気を持っており、古典的な話とも言えます。
しかし…監督は観ている者の心を動かす力を持つ方なのは、監督の作品をご覧になった事がある方は周知の通りで、この作品も同様なのです。

私はラストの方はかなり泣きました(笑;)ストーリーだけ観ると漫画的でよくある話しとお思いになる方もいるかと思いますが、いざ観ると、愛と憎しみに時空を越えてまで翻弄される登場人物達に切なくなります。


男女の切ない思いを表す雰囲気とファンタジーを感じさせる映像が作品にマッチしていて、間違えると漫画的になってしまうストーリーでも難なく入り込めるのですが、銀杏の木に雷が落ちるシーンのアニメのような映像は今観るととても古臭く観えてしまうのが難点。そして、無駄なサービスシーン(←(笑;))があるのがちょっと…(^_^;)特に必要なく、ストーリにも関係があまりないのでいらなかったと思います。それが無ければもっと良かったのですがね・・・。


主演のハン・ソッキュはとても若く、珍しく茶髪で新鮮です。ハン・ソッキュの宮廷楽士姿には少し笑いましたが…(^^ゞしかしやはり良い演技をしています。涙を流すシーンでの切ない表情がとてもよかったです。

ファン将軍役のシン・ヒョンジュンも良かったですね。ファン将軍の怒り、嫉妬、時空を越えるほどの想いなど表情、振る舞い・・・ハン・ソッキュと同じ、またはそれ以上に存在感がありました。シン・ヒョンジュンの熱演により、ストーリーが深くなっているのかなと思いました。


そして音楽。かなり良いです。切ない旋律が作品を盛り上げます。正直物足りなさを少し感じるし、強引な部分もありものすごく良いとまでは言えない作品ですが、この音楽の素晴らしさにより、そういった点があまり気にならくなり、最後は泣いていました(笑)


この作品と同様、前世の因縁を描いた続編として製作されたのが、パク・チェヒョン監督、ソル・ギョング、キム・ユンジンの『燃ゆる月 』です。




にほんブログ村 映画ブログへ
銀杏のベッド@映画生活

『グラディエーター』 アカデミー賞5部門受賞!心を揺さぶる歴史大作

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
グラディエーター

出演■ラッセル・クロウ、ホアキン・フェニックス、コニー・ニールセン
監督■リドリー・スコット





<ストーリー>

西暦180年、ローマ帝国の治世。歴戦の勇士として名声を馳せる将軍マキシマスは、遠征先のゲルマニアの地で、時の皇帝マルクス・アウレリウスから次期皇帝の座を託したいと要請を受ける。だが、これを知った野心家の皇帝の息子コモドゥスは、老父をひそかに殺して自ら後継者を宣言、マキシマスは処刑を命じられ・・・


2000年 アメリカ

(「goo映画 」より 参考・抜粋)






ラッセル・クロウがアカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞したことでも有名な作品。

冒頭から迫力ある戦闘シーンで釘付けになる。このシーンでラッセル・クロウ演じるマキシマスがどれだけ強く、人望厚い優れた将軍であるかが分かる。その後天から地に落とされるの如くマキシマスは苦難の道を歩むことになるのが、冒頭の華々しい姿を映すことにより、その過程がより辛く、悲劇性が観る者に強い印象を与えているのだと思います。

マキシマスが幾多の困難を乗り越え再び英雄となる瞬間は感動的。マキシマスの不屈の精神に感動し、マキシマスの悔しさ、悲しみを思うと哀しくなりやるせなさも感じます。そう観る者に感じさせるラッセル・クロウの演技は素晴らしく、目で複雑な感情を表しています。この作品はラッセル・クロウが演じたからこそ良い作品になったと言えるかと思います。



また、皇帝の野心家の息子コモドゥスにホアキン・フェニックス(リヴァー・フェニックスの弟なんですよね~)が嵌まっていて、観ていて本当に嫌な新皇帝だと思ってしまいました(^^;)歪んだ性格のコモドゥスをホアキン・フェニックスが好演、彼のおかげで、マキシマスのカッコよさや、マキシマスに対して応援したくなる気持ちが強いものとなったのだと思います。

こういった作品には“悪役”の役割は重要だと思うので、ホアキン・フェニックスのコモドゥスは良かったです。


時代考証がよくなされており、当時の雰囲気が作品全体から醸し出されています。コロッセオでの戦闘は手に汗握るシーンの連続ですが…もう少し剣闘士の血なまぐささというか、そういったものが感じられる戦闘シーンだともっと良かったのかなとも思いました。このコロッセオとコロッセオの観客はCGなんですよね。しかし観ていてそんな事には全く気付かない程リアルなものになっています。衣装も手が込んでいて当時の雰囲気が伝わります。


またこの作品、音楽が良いです。音楽は数々の映画音楽を手がけているハンス・ジマ-が担当していてマキシマスの感情を表し、感動が増す音楽が作品を盛り上げます。ハンス・ジマ-の音楽は良いですよね(^_^)



ラストは見事な作りとなっていて、マキシマスの表情などとても感慨深いものがあります。このシーンで涙すること間違いなしです。





にほんブログ村 映画ブログへ


グラディエーター@映画生活


プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。