スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ジョンQ 最後の決断』  テンゼル・ワシントン熱演!愛する息子を救う為、父は・・・

ジェネオン エンタテインメント
?ジョンQ-最後の決断-デラックス版

出演■テンゼル・ワシントン、ロバート・デュヴァル、ジェイムズ・ウッズ、レイ・リオッタ 他・・・

監督■ニック・カサヴェティス






<ストーリー>

 愛する妻と息子の3人で平和な毎日を送っていたジョンQ。だが、昨日まで元気だった息子が突然倒れた。助かるにはすぐにでも心臓移植するしかない。だがジョンQの入っている保険では心臓移植まではまかなえない。病院の院長はお金ができたら、心臓移植待ちの患者リストに名前を載せるという。だが、ジョンQには全額を工面することができない。切羽詰まったジョンQは、病院を占拠し患者たちを人質に取ったのだった…


2002年 アメリカ

(「映画生活」 より引用)





 

 高額な医療費がかかる上に保険が利かず、病院の態度にも憤りを感じたジョンQは病院の救急病棟を銃を持って立てこもるのですが…ちょっと飛躍しすぎ?と思いましたが、そんな事は作品を観ていると次第にそんなことは気にしなくなっていました。むしろジョンQを応援したくなる…人質になった人達が彼の味方になっていく心理と同じなのでしょう(そこまで計算して作られたかは分かりませんが(^^;))。


 またそのような気持ちになるのはテンゼル・ワシントンが演じている事が大きいと思います。どうしても良い人に見えるんです・・それが良いか悪いかは観る人によるかと思いますが、子供を愛し、救う為に行動に出た父親として観ると、「良い人に見える」テンゼル・ワシントンでよかったのではと思いました。普通に暮らしていた人間が社会の不条理によって犯罪に手を染めてしまうところがこの作品のメッセージをより色濃くしているのだと思うので、ジョンQが「良い人」に見えて正解なのだと思います。


 テンポがよくスリリングな展開に引きつけられ、ハラハラする場面も多数。たとえ結末が途中で読めても楽しめると思います。前置きが長い作品はよくありますが、この作品はテンポがよく、無駄なシーンがあまりないのがいいと思いました。


 占拠した病院内での人質とのやり取りも緊迫感がありつつコミカルさがあったり、人質の心理が変化していく様が見て取れます。多少ご都合主義な部分もみられるものの、そこはあまり気にせずに作品に入り込めました。


 ジョンQが病院を占拠する原因ともなったアメリカの保険制度、社会の現実や不条理について考えさせられます。会社の都合で半日の労働をにされている為保険会社から半日労働者には資格がないと言われる。そして最初のシーンで院長が言った台詞は酷く、厳しいものですが、現実を突きつけている。‘お金がなければ助からない、手術を受けることができない’・・・やりきれません。この憤りがジョンQに行動を起こさせる原動力にもなっているわけで、そう考えてみると非常に辛く、また社会に対する皮肉や問題提起といったメッセージ性ある作品だなと思いました。


 テンゼル・ワシントンの子を想う父親ジョンQは嵌り役で、さすがテンゼル・ワシントン!見事な演技で引きつけられ、感動を誘います。作品自体、ベタな話しなのですが彼の演技の素晴らしさで作品に深みが出たかなと思いました。


 当初ジョンQ役は白人俳優にするつもりだったそうですが、結果的にはテンゼル・ワシントンで正解だったと思います。…ラストは結構賛否両論があったようですが、私は納得いく結末でした。

 親子愛、感動あり、スリルありの社会派サスペンスです。





ジョンQ 最後の決断@映画生活


にほんブログ村 映画ブログへ


?



スポンサーサイト

『デスノート 前編』  各々の‘正義’のために命をかけた戦いが今始まる・・・


出演■藤原竜也、松山ケンイチ、瀬戸朝香、細川茂樹、香椎由宇、戸田恵梨香、加賀丈史 他・・・

監督■金子修介







<ストーリー>

 エリート大学生で、将来は親と同じく警視庁での活躍を期待されている夜神。退屈しのぎにある日、黒いノートを拾った彼は、そこに記された使い方通りに人の名前を書くと、数分後にはその人間が死ぬ事を知る。死神が落としたそのノートで人を裁く事に夢中になる夜神だが、不可解な死にやがてインターポールが動き出して……。


2006年 日本

(「映画生活 」 より引用)





 週間少年ジャンプに連載、1500万部突破の大ベストセラーコミックの実写映画化。漫画の実写化が最近多いですが、『デスノート』は原作を読んでいるので楽しみにしていました。全巻持ってます(笑)映画はオリジナルストーリーでありながら、原作に忠実で、中には原作通りのエピソードが出てくるので既に原作を読んだことがある方はより楽しめるかと思います。また未読でも理解しやすく作られているので既読でも未読でも楽しめる作品になっていると思います。ただ既に読んでいた方が作品世界に入り込みやすいかな・・・とは思います。


 前半はほぼ原作通り。主人公、夜神月(ライト)が初めてノートを手にしたエピソードは原作と違いますが映画オリジナルのノート入手エピソードと、オリジナルキャラで月(ライト)の恋人、詩織によって月の「思想」が明確に、分かりやすく観客に伝わったと思います。また『犯罪者を裁く法律』が載る六法を捨てた後にデスノート(月の新たな裁きの『法』となる)を拾うというのも凄く分かりやすく、そしてこのシーンに月の今後、心理、思想等が表れており、上手いシーンだと思いました。

 

 犯罪を犯しても法の裁きを逃れる者は沢山います。心神耗弱など刑法で定められていますし、未成年者は法で守られるわけです。月(ライト)がこの様なもの達を許してはならないと思い、ノートに名前をつづっていく。‘正義’のために・・・‘この正義’『親切なクムジャさん』でクムジャがした‘究極の親切’に近いものがある気がします。つまり行いは許してはならないが、その考え・気持ちは分かるということ。ここに一つ、この作品(原作)のメッセージがある。そして月(ライト)は逃れる為に「過ち」を重ねていく。月(ライト)はキラと呼ばれ、救世主として持てはやされますがキラは『KILLER(殺人者・殺人犯)』が変化して『キラ』とされている訳で、そこにもメッセージが込められています(漫画では説明がありましたが、映画ではキラについての説明がなかっあですね。)。
?・・・漫画ながら奥深く良くでき他作品であり、その点も映画(原作に比べると弱いのですが。)では描かれていると思いました。


 ?映画オリジナルキャラの詩織がどう絡んでくるのかが鑑賞前から気になっていましたが、現在11巻まで出ているコミックなので、その長い話しを短縮し、説明する為の存在であったといっていいと思います。


 しかしこの詩織、彼女の存在によって月(ライト)がやけに人間味を帯びており、原作とは異なるキャラになっていたと思います。そもそも月に(ライト)恋人なんていてはいけないんです(・・・原作を先に読んでいるのでどうも違和感感じてしまいました。)。

 原作の月は真剣に女性と付き合い、愛情を持つと言うことはしません(・・利用する為に付き合ったりしてますからね。)。しかし映画の月(ライト)は違います。詩織という存在、そしてその他の行動から原作の月とは少し異なった「映画版 月(ライト)」が存在する。映画の月(ライト)は原作とは違い人間味がある。原作は私にとっては感情移入がし辛いキャラクターで、冷酷な天才、自身の掲げる思想を貫く為に死神以上に恐ろしくなる・・・・つまり感情移入し辛いほど‘隙が無い’


 そこが魅力のキャラクターであると思います。 しかし映画ではそのようなところが欠けているのが残念。ラスト間近の緊迫したシーンの月(ライト)の行動(・・・・ネタバレになりそうなので控えますが)は原作の月(ライト)ならばしないでしょう。まぁ展開を早める為に必要だったのでしょうが。


 気になる点といえば死神リュ-ク。動きは結構良いです。リュ-クが動く時の音まで付けるこだわり様。細かいですね。しかしCGだということがありありと分かってしまいリアルさやや減。漫画でならばリュ-クの存在は全く不自然ではないのですがやはり実写化となると気になりますね(^^ゞあまりはっきりさせず暗めに(やけに明るいトーンだったので)したり、あるいは声のみのシーンを多くしたりすればより『デスノート』の世界にリアルさが増したような気がしました。


 キャスティングは原作に近いですね。月(ライト)は原作とは少し違う気がしましたが今の日本で演じることができるのは藤原竜也しかいないと思います。後半の泣くシーンは迫真の演技であったと思います。


 前編ではあまり活躍の場がありませんが弥海砂に戸田恵梨香が結構合っていたと思います。原作に近いな~と思いました。後編で活躍するでしょうから期待です。(後編には死神レムも出るのだろうか?)。


 L役松山ケンイチもなかなか嵌っています。メイクすごいです(笑)。資料の見方やお菓子の食べ方など原作のLそのものです。前編ではLの天才ぶりが十分に描かれていなかったのが残念だったので後編での月(ライト)との直接対決に期待です。


 前編は原作+オリジナルストーリーで、登場人物とデスノートについての説明的作品となっていると思うので原作のような緊迫感や頭脳戦があまり描かれていないのがマイナスポイントですが、ラスが「はやく次の巻が読みたい!!」という気持ちとおなじく「はやく後編が観たい!!」という気持ちにさせる作りであり、ようやく月(ライト)らしさ、Lらしさが描かれていたのでここはプラスポイント。


 結論としては・・全ては後編を観なければ評価できませんね。後編で原作と各キャラクターの魅力、メッセージ性を十分に描いてくれることを願います。後編は完全オリジナルで衝撃の結末だそうなので11月が楽しみです。

 

 これから映画をご覧になる方はエンドロールを最後まで見ることをお勧めします。後編の「おまけ」が見られますよ(^^)またレッド・ホット・チリ・ペッパーズが歌う主題歌「ダニー・カリフォルニア」がいいです!ノリノリでエンドロールを観ていました(笑)。


 


 余談ですが・・・漫画の実写化といえば私は浦沢直樹の『MONSTER 』がハリウッドで実写化されると聞いて以来楽しみにしております。



<追記>7/5

 先日コミック最新刊にして最終の12巻を購入しました(クリアファイルが付いてきました(笑)。)。コミック派なので月の結末を知らなかったためドキドキしながら読みました。・・・無理があったものの(ジェ・・ジェバンニ~(笑))感慨深い結末でした。映画はどういった結末を持ってくるのかという期待がより増しました。10月からアニメ化するそうなので、今年は『DEATH NOTE YEAR』ですね。こんなに嵌った漫画は『MONSTER』以来です(^^)



<またまた追記>10/27

 何故か映画館で見たよりも、TVで見たほうが面白く感じました・・・何故だろう?考えられるのは原作から結構離れているからかも。なので地上波放送では詩織の存在が気にならず、むしろよかったように思えました。不思議です



かさ『超映画批評』 DEATH NOTE 前編  映画批評家、前田有一氏による『デスノート 前編』の感想。結構共感する部分があり、鋭いです。



DEATH NOTE デスノート@映画生活


『ダ・ヴィンチ・コード』  封印された真実・・・ベストセラー小説の映画化!!

サントラ, リチャードハーヴィ指揮オーケストラ, ニック・グレニー=スミス, キングス・コンソート, ハンス・ジマー
映画「ダ・ヴィンチ・コード」オリジナル・サウンドトラック (画像はサウンドトラック)

出演■トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、ポール・ベタニ-、ジャン・レノ

監督■ロン・ハワード





?<ストーリー>

?ある日、閉館後のルーブル美術館でひとりの男が殺された。彼は自らの血で死の直前、謎の暗号を床に残していた。暗号分析者で被害者の孫娘・ソフィーとハーバード大の象徴学者・ロバートが呼ばれ、容疑者として疑われながらその暗号を解くと、次第に彼らはダ・ヴィンチの名画に隠された、あるメッセージへ導かれてゆく……。


2006年 アメリカ


(「映画生活 」 より引用。)

 全世界で5000万部突破し、反論や倒錯疑惑など物議をかもしたベストセラー小説の映画化。監督は『バックドラフト』『ビューティフルマインド』のロン・ハワード監督。主演はトム・ハンクスと製作決定時からかなり話題になっていた作品。  


 私は原作未読なのでまずは映画から『ダ・ヴィンチ・コード』の世界に入っていくことになるので予備知識が無くても理解できるのか不安でした。「一度観ただけでは謎は解けない・・・」といったCMも頻繁に流れていましたし。しかし、この作品、前宣伝ほど難解ではなく、原作未読でも楽しめました。


 冒頭から緊迫した展開で引き付けられました。実際のルーブル美術館で撮影されたこともあり、何か荘厳な雰囲気が伝わる。ラングドンがダイイングメッセージを見て学者の視点からといていく過程はこれから起こることへの興味と期待が駆り立てられると共に、すでに<暗号>が登場している点で、この作品の「面白さ」が表れている気がしました。


 冒頭から展開が速くラングドンとソフィーが追っ手を振り切り、謎を解き真実に近づくまでの過程が上手く行き過ぎてハラハラドキドキがあまり無かったのが残念だったものの、原作未読の私でも展開速いが付いていける作りにはなっていたと思います。キリストの秘密、聖杯伝説、秘密結社など知的好奇心を擽られる要素があり、特に最後の晩餐に秘められたメッセージは興味深かったです。


 しかし、思っていたよりもダ・ヴィンチが隠したメッセージに深く触れられていなかったのが鑑賞前の期待とは異なっており、また聖杯の謎や犯人など、作品としては「衝撃的事実」であろう事柄が読めてしまったのが残念。原作に忠実だそうですが、おそらく2時間半の映画にするにあたって端折っているのでしょう・・・(多聞)。余談ですが聖杯と聞き『インディージョーンズ 最後の聖戦』を思い出してしまいました(笑)


 この作品、出演者が豪華ですよね~。トム・ハンクス演じる主人公ロバート・ラングドンは当初ラッセル・クロウと言った名が挙がっていたと以前TVで聞きました。しかし、知的で勇敢なラングドンにはトム・ハンクスがあっていたと思います。オドレイ・トトゥも美しく聡明な雰囲気がソフィ-にあっていました。


 しかし、一番良かったのはシラス役のポール・ベタニ-。『マスターアンドコマンダー』でも中々良い味出していた俳優ですが、本作での存在感はトム・ハンクス以上かと。シラスになりきり、心理状態を目で演技していました。というのも瞬きの回数が物凄く少ないんです。細かい演技をしていますよね。そして、シラスが自分を戒めるシーンの迫真の演技・・・観ていて痛かったです。あのシーンは強烈ですね。


 タイトルのような暗号謎解き映画とはいえませんがミステリー×アドベンチャー作品として(そしてあくまでフィクションとして)楽しめる作品にはなっていたと思います。



 ?『ダ・ヴィンチ・コード』と同じラングドンが主人公の『天使と悪魔』も映画化されるみたいですね。





ダ・ヴィンチ・コード@映画生活



にほんブログ村 映画ブログへ






『DAISY/デイジー』  愛を心に秘めた無垢な「花」

出演■チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ、チョン・ホジン、デヴィッド・チャン

監督■アンドリュー・ラウ

脚本■クァク・ジェヨン





<ストーリー>

 オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵ヘヨンのもとに頻繁に届けられるデイジーの花。それは夏に訪れた郊外での忘れ難くも美しい夏の日の記憶を甦らせるものだった。名前も姿も知らない送り主こそ運命の恋人だと信じるヘヨンは、肖像画の客として花を持って現れたジョンウに心惹かれるようになる。そんなヘヨンの毎日を人知れず見守り続ける男パクウィ。花を育てクラシック音楽を愛するその男は暗殺のプロだった…。


2005年 韓国

(「goo映画 デイジー から引用」)






 前売り券(特典はDVDでした。)は買っていたものの、観にいく行く暇がなく危うくただの紙切れとなるところでした^_^;上映終了間近にも関わらず、映画館は満席。もうブームは終わっただろうと思っていましたがそうではなかったようですね。というかもはやたんなる‘ブーム’ではなくなったと言うほうが正しいのかもしれません。


 さてこの『デイジー』ですが、大好きなクァク監督が脚本を手掛け、主演がチョン・ジヒョンということもあり製作決定の話しを聞いた時から楽しみにしていました。しかも共演が『ユリョン』『MUSA』『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソン。監督があの傑作ノワール『インファナルアフェア』のアンドリュー・ラウ監督、アジア同時公開、オランダロケ・・・期待する要素が沢山あり公開を楽しみにしていました。


 ストーリーはまぁ単純。あらすじ、予告から結末も大体予想できるのですが脚本はあのクァク監督です、単なる三角関係物語にしていませんでした。あらすじだけ見ると少女漫画のようで、公開前に「またこんな映画か~」とポスターを見ながら話している人を見かけましたが、そう思われるのも無理ないです。この作品を観てもそう思うかも知れません・・・現にそう私も思うところがありましたから。


 しかし、クァク監督作品に共通する「運命」「縁」のテーマが色濃く描かれた作品でそれプラス、ノワールの要素があるので単なる三角関係ものにならなかったと思います。デイジーの花をめぐり三人の思いが交錯し、運命に翻弄される。ヘヨン、ジョンウ、パクウィの三人はとても純粋であり、想うがあまりに自身を責めたり悲しみにくれる。また愛するものに幸せになって欲しいと願えば願うほどに運命は皮肉にもその願いとは異なる方向へ動いてしまう・・・この作品、一言で表すならば‘‘切ない’’です。人を愛することそのものを描き出したいと言うクァク監督の想いが込められている気がします。

 

 三人の心理描写も上手く描かれていたと思います。脚本が良かったという点とやはり俳優の演技のよさでしょう。チョン・ジヒョンはいままでの溌剌としたヒロインとは少し違うヘヨンを演じ、ヘヨンの複雑な心理状態を表情豊に表していました。彼女はこの作品でよく泣くのですが、中でも作品の前半(になるのかな?)、広場で絵を書くときに涙するシーン。このシーンは特に心に響きました。ヘヨンの感情が台詞が無くてもこの演技で伝わりました。しかし・・・ジヒョンは本当にナチュラルビューティーですね。だからこのような作品にピッタリですね。


 チョン・ウソンは今回プロの殺し屋の役ですが、あまり殺し屋っぽくなかったですね・・・ただアクションは頑張っていたと思います。メインテーマがラブストーリーのようなのでその点は気にしないで見るべきなのかもしれませんが・・。しかし殺し屋でありながヘヨンを思う純粋さをもち、デイジーを育てるパクウィの人柄がチョン・ウソンから滲み出ていた気がします。パクウィの視点で作られた『デイジー  アナザーバージョン』を観るとまた見方が変わりそうですね。

 

 この作品であまり出演するシーンは多くなかったのですがジョンウ役、イ・ソンジェが特に良い演技をしていたと思います。ジョンウのどこか影がある雰囲気やヘヨンを想い彼女に嘘をつことに苦悩する表情、悲しみにくれる表情など、ジョンウの心理を様々な表情でうまく表していました。なぜか一番感情移入したキャラクターだったりします。


 映像はさすがアンドリュー・ラウ監督!『インファナルアフェア』に通じるものがありました。それはパクウィが殺し屋として移るシーン。ここはヘヨンと会っているシーンとは異なる色調にざらっぽさがある映像となり、音楽も『インファナルアフェア』を連想させるものになっていてラブストーリーから一転、ノワール映画に変わります。この映像の変化も心理の変化に繋がっている点が上手いとおもいました。広場のシーンも各アングルから登場人物を捉えるところが交錯する運命を表しているようにも思えました。

 

 クァク監督が脚本と言うことでやはりリンクを探してしまいましたが・・・ありました。『運命』『縁』のテーマのほかに『雨』『鳩(・・・出ましたよね?ちょっと曖昧なんですが(^^ゞ)』『花』。クラシックもそうなるのかな・・・などそんなところまで気にして観てしまいました(笑)


 ラストがまたクァク監督らしいなと思いながら涙しつつエンドロールの歌を聞いていました。展開が読めても駄目ですね・・・涙もろくて。


 しかし何かが足りなかったですね。悪くはないのですがね・・・私的にはもっとノワール感を出しても良かったのかなと思いました。別バージョンはパクウィの視点で描かれてるそうなので、そちらのほうがつぼに嵌りそうな気がします。



 アンドリュー・ラウ監督ですがハリウッド進出されるそうなので監督の今後の活躍も期待ですね。





デイジー@映画生活


にほんブログ村 映画ブログへ ?


?





『グエムル-漢江の怪物-』 ポン・ジュノ監督×ソン・ガンホの「追憶」コンビ最新作

 もの凄~く久々の更新です(^^ゞ『ダヴィンチ・コード』『デイジー』の前売り券を購入済みなのですが、未だ鑑賞しておりません・・・・早く行かないと『デイジー』は終了してしまいそうなので近日中に観にいきたいと思っています。


 以前記事にもし、かねてより注目していた『殺人の追憶』のポン・ジュノ監督×ソン・ガンホ最新作『怪物』。もう邦題と公開日が決定していたんですね。情報収集怠っていたので最近知りました(汗)邦題は『グエムル-漢江(ハンガンの怪物)-』。『THE HOST』 という英題のほうが響きがいい気もしますが・・・。


 漢江の河川敷に正体不明の巨大生物が突如出現し、人を襲って姿をくらます。この怪物(どうやら怪物が「グムエル」というらしい。)に、パク一家の孫娘ヒョンソがさらわれてしまい、一家の長男で父親役ソン・ガンホとその妹役ペ・ドゥナら一家で怪物に立ち向かっていく・・・・(参考 公式サイト)


 といったストーリー。韓国映画には珍しいパニック映画です。しかし単なるパニックものではなくメッセ-ジ性が強い仕上がりになっているようなので期待です。またポン・ジュノ監督‘ファミリー’再結集なのも期待を膨らませる要因。監督の傑作社会派サスペンス『殺人の追憶』に出演したソン・ガンホ、パク・へイル。『子猫をお願い』に出演したペ・ドゥナと豪華出演者・・・ソン・ガンホの演技をスクリーンで観られることが嬉しいです。公式サイトで予告編を観たのですが、なかなk面白そうで、監督の独特な撮影法も巧みに使われていそうです。


 怪物は『ロード・オブ・ザ・リング』『キングコング』などを手掛けたハリウッドのスタッフたちによってデザインされ、作り出されたこともあり、ハリウッド映画に出てくるクリ-チャ-に近いなと思いました。ただ予告を見る限り『宇宙戦争』に似ている気も少ししたので、不安と期待が・・・^^;あんな(『宇宙戦争』)感じなのか、違うのかは鑑賞しなければ分かりませんね。気になる方は公式サイトで予告編をご覧になってください。


 カンヌ映画祭では未完上映にも拘らず好評だったそうなので、日本公開の9月2日が待ち遠しいです。



<参考>

コリアンムービーナウ  (製作報告会の記事)

innofile.net 韓国ニュース 5月22記事


『グエムル-漢江の怪物-』  公式サイト (予告編を観る事ができます!)

朝鮮日報 6月14日記事  『グエムル』ポスター5種類公開


プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。