スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『甘い人生』  甘い夢、苦い人生・・・「笑顔封印」イ・ビョンホンのアクションノワール

ポニーキャニオン
甘い人生

出演■イ・ビョンホン、シン・ミ ナ、キム・ヨンチョル、オ・ダルス、キム・レハ、エリック  他・・・

監督■キム・ジウン





<ストーリー>

 ソウルを一望できる優雅なスカイラウンジ。ここはソヌの城だ。7年かかってホテルの総マネージャーであるこの地位までのぼりつめた。冷酷なほどに頭の切れる男ソヌは、表にも裏にも通るその手腕により、裏社会にも絶大な力を持つボスの信頼と寵愛を一身に受けていた。ホテルの社長であり、ソヌのボスでもあるカン氏は、裏社会を牛耳る冷酷無比な男で、ある秘密を抱えていた。若い愛人、ヒスのことだ。カン氏はヒスに他の男がいるのではないかという考えに苛まされていた…。


 2005年 韓国

(「映画生活」  より引用)







?? 『クワイエットファミリー』『箪笥 』『反則王 』のキム・ジウン監督の新作であり、イ・ビョンホン主演ということもあって期待していた作品。キム・ジウン監督の作品は好きなので楽しみにしていました。本作は初めて日韓同時公開された作品で公開前からかなり話題になっていました。カンヌで。イ・ビョンホンと妻夫木君のツーショット会見してましたね~。

 本作『甘い人生』で第42回百想芸術大賞映画部門・最優秀男優賞を受賞。大鐘賞の最優秀男優賞は逃したものの。高い評価を得ました。



 ホテルの総マネージャーの地位を獲得し、優雅な生活をおくるソヌ。チョコ-レートケーキを食べたり、砂糖多めのコーヒーを夜景を見ながら飲んだりと、その優雅な暮らしぶりが伺えると共に「甘い」ものを出してくる憎い演出。そして冒頭からイ・ビョンホンのキレのあるアクションを観ることが出来、ソヌの今の暮らしと彼の性格をこの冒頭シーンでうまく現しています。この冒頭のアクションシーン、後半で見せるアクションと違いソヌが‘機械的’に行なっているのがミソ。そしてなんといってもこのシーンがカッコいいです・・・・例えファンでなくても一瞬で惹かるかと思います(笑)


 ボスにも可愛がられるなど表と裏の世界で上手く生きてきたソヌは、ある日ボスから頼み事をされる。それは愛人に男がいないか探って欲しい。・・・この頼み事がソヌの運命を大きく動かし、地獄への道の始まりとなるわけです。このへんで大体のソヌの結末が予想できますが、キム・ジウン監督です。何かやってくれるだろうとの期待をもって観ていました。


 ストーリーは最初は結構淡々と進みます。ちょっとテンポが悪いのではと思いましたが、この淡々としている展開が後半の展開と良い意味でのギャップを産み出したことと、愛人の調査をしている雰囲気が出ているのかなとも思いました。


 愛人役は『火山高』またドラマ『美しき日々』でイ・ビョンホンと共演した(といっても私はドラマは観ないんです(^^ゞ)シン・ミナ。彼女の純真さがまた小悪魔的で、いかにもボスが惹かれそうな感じがでています。‘普通’の雰囲気がいいんですよね。ボスの愛人というと何か派手な女性をイメージしますが、逆に良いです。ただ、予告を見る限りはたくさん出ると思っていたのでシン・ミナの出番が少なかったのが残念です。


 ソヌは人生最大のミスをし、優雅なマネージャー生活が一転。後半は怒涛の復讐劇となります。ソヌはどんなに殴られ、撃たれようが反撃する・・・・物凄くタフで、ソヌ・・もしかして不死身なの?と思ってしまうほど。


 この展開を観ていて脳裏を横切ったのがパク・チャヌク監督『復讐三部作』。ワルツ調の曲(『オールドホボーイ』のウジンのテーマがワルツ調)が使われていたり、店のセット(『オールドボーイ』ウジンのペントハウス)、赤・白・黒(復讐三部作共通)の色使いを多用しているところが何処と無く似ていることと、復讐劇に転じるあたりが少しにているかなと思いました。『西村嘉夫(ソチョン)「韓国映画とハングル」(http://www.seochon.net/) 』の『甘い人生』のレビューでも指摘されていましたが、多少意識したのかな・・・と思いました。あ、本作に出演しているオ・ダルスは『復讐三部作』に出てますね。これも偶然?

 しかし、美しく凝ったセットはキム・ジウン監督は『箪笥』でも用いているので監督の‘カラー’といえるかと思います。


 キム・ジウン監督らしいといえばラストの展開。観客にどう捉えてもいいような結末にしている点は『箪笥』と共通。人によって解釈が異なる予想に反したラストでした。このラストが無ければ私の『甘い人生』の評価は厳しいものになったかもしれません・・・監督の『箪笥』『反則王』が好きなので期待が大きかっただけにやや物足りなさを感じていたので、ラストで一ひねりしてくれて良かったです。このラストで私の中の評価が上がりました。



 作品のテーマは師弟問答の現れており、その問答を最初と最後に出し、そして繋げる作りはうまいと思いました。この師弟問答のシーンは非常に印象深く、ストーリーと、ソヌ自身に深みを与えています。


 ストイックな男、ソヌを「キラースマイル」を封印して演じたイ・ビョンホンはキレあるアクションを見事にこなし、また体当たりな演技も臆することなく演じ評価されたそうです。特に印象に残っているのは道路で若い男2人にちょっかいを出され怒ったソヌの凄まじい反撃シーン。ソヌの性格と強さが出ているシーンであり、何故かスカッとするシーンです(笑)このシーンだったか忘れましたが実際走行中の道路を使用して撮影したシーンがあるらしいですね。

 また銃の扱いに慣れていないことを細かい演技で表現しているあたり、上手いです。

 

イ・ビョンホンはラブストーリーものよりも、こういった作品の方が私はいいと思います。というかこういった作品に出ているビョンホンの方が好きですね。本作はビョンホンのPVのような仕上がりになっているといっても過言ではないと思います。

 しかし、「代表作」になる・・・とまではいえないかなと。本人は代表作になるといっていますが、そこまでのレベルではない気がします。というかまだ代表作とういのは早いと思います。これからどんどん活躍されることでしょうからね。


 暴力と復讐の連鎖、嫉妬、怒り、孤独・・・・この作品の登場人物それぞれが抱える感情が作品から滲み出て、そうした感情の爆発が激しいアクションとなって壮絶なラストシーンになっています。そこで登場する『神話』のエリック演じる殺し屋・・・・彼はこの作品にはたして必要だったのだろうか・・・話題性はあったと思いますが、あのラストシーンには不要だった気がしました。理由は書くとネタバレになりますので控えます(当ブログのモットーは「ネタバレしない」なので。たまにネタバレしてることもありますが(^^ゞ・・・・因みに今回のサブタイトルがネタバレに近いものが・・)が、彼を出すなら別の役にした方が良かったのかなと思いました。存在感はあったので勿体無いですね。


 

 全体的に映像から音楽に到るまでスタイリッシュな作品となっています。エンドロールにある映像まで洒落ているあたり、イ・ビョンホンにぴったりなのでは。


 この作品、公開当時の宣伝でラブストーリーが前面に出されていたのが気になった記憶があります。韓流ファンを集めたかったのでしょうが、この作品にラブストーリーの要素はほんのわずかで、宣伝で言われた程ありません。この作品はフィルム・ノワール。R指定が入っているのでお分かりの通り残酷な描写もあります。なので宣伝信じて観にいった方は驚いたかもしれませんね。




 

<参考>

西村嘉夫(ソチョン)「韓国映画とハングル」(http://www.seochon.net/)




甘い人生   公式ブログ

甘い人生@映画生活


にほんブログ村 映画ブログへ

?





織田裕二 最新作は『椿三十郎』!! &当ブログのNO.1検索Word

 本当はイ・ビョンホンの『甘い人生』の感想記事をUPするつもりでしたが、ミスってせっかく書いた記事を全消ししてしまいました(T_T)なのでまた明日にでも『甘い人生』の記事は書こうかと・・・今はまた初めから書く気力が無いので(^^ゞ 

 

 ということで予定変更!


 当ブログのプロフィール欄を観て頂けると分かるかと思いますが、私は大の『踊る大捜査線』ファンでして・・・踊る出演者・監督の作品情報もチェクしています。踊るの主役といえば青島。よって織田裕二作品は勿論チェックしております。そこで飛び込んできた最新作決定のニュース!


 故 黒澤明監督作品で三船敏郎出演の62年公開映画『椿三十郎』を森田芳光監督がリメークし、その主演に織田裕二!

東宝
椿三十郎

 え!?公務員の次は時代劇ですか・・・しかも黒澤監督作品のリメークとはと聞いて驚きました。織田裕二氏、昔時代劇には『将軍家光の乱心 激突』という作品に出演していましたが、出番はかなり少ない役柄だったので時代劇は初めてに等しいといえるかと思います。なので新たな織田裕二を見られそうだという期待があると共に、不安もあります。作品が作品だけにプレッシャーもかなりのものだと思いますが、監督の期待も大きいとのことなので、是非頑張ってほしいです。

 


 クランクインは9月、公開は来年になるそうなので今から楽しみです。


<参考>

SANSPO.COM

Yahoo!ムービー



------------------------------------------


 踊る大捜査線が好きであると先ほど言いましたが、当ブログの検索ワードで一番多かったものが踊る関連でした。嬉しい限りです。


 アクセス解析の検索ワード、フレーズを見るのが好きなのでよくチェックしているのですが、一番多い検索ワードが『弁護士 灰島秀樹』。


 これで当ブログを訪れてくれる方が多いです。皆さん放送予定の『弁護士 灰島秀樹』が気になるんですね。最近情報が少ないですが、エキストラ募集などし、撮影もすすんでるようですね。


 『容疑者 室井慎次』の出演者の他に石田ゆり子、野村宏伸、長井秀和(ちょっとびっくり(笑))などの出演が決まっているようです。灰島のスピンオフドラマ、どうなるのか楽しみですね。



 ☆検索ワードNO.1に輝いた記事→まだまだ続く踊るレジェンド 次は『弁護士 灰島秀樹(仮)』!?


<参考>

弁護士 灰島秀樹  Wikipedia


<関連>

『容疑者 室井慎次』  室井は優秀な警察官か?


にほんブログ村 映画ブログへ?


『ジョニ-・イングリッシュ』  彼こそがスパイの中のスパイ!(?)間抜けなスパイが大活躍!

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
ジョニー・イングリッシュ

出演■ローワン・アトキンソン、ジョン・マルコビッチ

監督■ピーター・ヒューイット







<ストーリー>

 英国秘密諜報局のジョニー・イングリッシュ(ローワン・アトキンソン)は、華麗な活躍を夢見る冴えない事務職スパイ。そこに非常事態が発生。イングリッシュのヘマで所属エージェントが全員死亡。上司は仕方なくイングリッシュにミッションを課す。それは王室戴冠用の宝玉の警備という重大な任務だった。だがイングリッシュはスパイにあるまじき失態を連発し、宝玉は何者かに奪い去られてしまう。イングリッシュは宝玉の行方を追い始めるが、事件の裏には英国の王位を狙う巨大な陰謀が潜んでいた…。


2003年  イギリス

(「映画生活」 より引用)





 ?『Mr ビーン』で世界中を笑いの渦へ巻き込んだローワン・アトキンソンのアクションコメディー。

 冒頭から凄い事になっています…(笑)先述のストーリーにもあるように、最初からヘマ(・・・簡単にヘマとはいえない大事ですが(笑))をやらかし、もうジョーク炸裂。ローワン・アトキンソンを観ているだけでも笑えるのに、そんな彼が変な事ばかりするものだから爆笑です。


 英国秘密諜報局の最後の希望ジョニー・イングリッシュ!…彼が最後の希望になるとは…内勤だったのでスパイの知識など全くない彼が(笑)


 スパイへの憧れと意気込みは誰にも負けず、スパイになった途端有頂天となり、張り切るジョニ-・・・その意気込みは素晴らしいのですが、彼のとる行動はめちゃくちゃ(笑)そして悪気は無く、真顔でやるもんだから憎めない・・・そして笑えます。


 ローワン・アトキンソンの全身を使った笑い、自然な演技は見事。う~んプロですねぇ。あの体をグニャグニャさせる不思議な動きとジョニ-がとる‘危ない行動’の絶妙なコンビネーション。全身で演技し役になりきり、そして観客の笑いをとる・・・・さすがです。メイキングでいかにして笑いを取るかを真剣に考え実践するローワン・アトキンソンのプロ魂が出ています。


 ただ大爆笑という作品ではないのと、この作品の笑いのが人によって評価が別れるかなと思います。アメリカのコメディー映画とは違う‘笑い’なんですよね、この作品。『Mr ビーン』が面白いと思った方は楽しめると思いますよ。

 私は大爆笑できるかと思ってみたのでもっと笑いのネタを散りばめてくれても良かったのかなとも思いました。

 


 随所に笑いがあり、そして一応(?)スパイ物なのでアクションもあり、そして笑いばかりでなく、ストーリーもしっかりとしたものとなっています。


 というのも『ダイアナザーデイ』『ワールドイズノットイナフ』の本家007の脚本を担当したがN・パーヴィス、R・ウェイドらが本作の脚本を担当しているのもあり、笑いの中にもしっかりとしたストーリーがあり、ラストまでみせてくれます。またアクションもなかなかスリルある仕上がりで、ちゃんとスパイ映画してます。



 なんといってもジョン・マルコビッチが出演しているので、彼の存在で映画らしさが増しているかと思います。ジョン・マルコビッチは本格的なコメディー演技は本作が初だったそうです。本作のマルコビッチは非常に良いですよ~活き活きしてます。



 駄目駄目スパイ、ジョニーの活躍はもう…冷や冷やものです。なぜなら、彼はそのおとぼけで自ら危機を呼び込んでますから(笑)公開時のコピーが“恐れをしらない! 何も分かっちゃいない!”ですからね…ほんとその通りなのです(^^;)



 肩の力を抜いて気軽に観るのにもってこいのアクションと笑いが満載のコメディーです。




ジョニー・イングリッシュ@映画生活


にほんブログ村 映画ブログへ


?



『火山高』  豪華キャストでおくる‘ぶっ飛びコミック映画’

アミューズソフトエンタテインメント
火山高

出演■チャン・ヒョク、キム・スロ、シン・ミナ、クォン・サンウ、ホ・ジュノ
監督■キム・テギュン


 




 驚異的な「気」のパワーが災難し、次々と学校を退学になった高校生ギョンス(チャン・ヒョク)は、今度こそ静かな学生生活を、と火山高へ転校してきた。しかし火山高は、17年間「教師の乱」による抗争で荒れ果て、今では生徒たちによるトップ争いが絶えなかった。ある日、校長のお茶に薬が盛られ、学園の秘伝書「師備忘録」が何者かに奪われる。日頃からトップの座を狙うハンニム(クォン・サンウ)が犯人として捕らえられるが、そこには学園の覇権を狙う様々な陰謀が渦巻いていた。


2002年 韓国

(「映画生活」より 引用)






 この作品の紹介の際‘韓国のマトリックス’だか、‘マトリックスを超えた!!’などなにかと『マトリックス』が引き合いに出されていたと思います。ストーリーが『マトリックス』というわけではなく、ただ当時の韓国映画に珍しく、ワイヤーアクションを用いた作品ということで、言われていました。ということで、この作品の‘‘売り’’はワイヤーアクション。そして「ありえない」が連続のCGとぶっ飛んだストーリー展開。


 冒頭、雨が降りしきり、雷鳴轟くなか『火山高』と入った正門の前に佇む金髪の高校生ギョンス。この描写からこれから学園で起こる騒動、そしていかにギョンスが只者ではないかが伝わり、この後の展開に期待せずに入られません。

 文字が浮かび、ロックとともに物語へと続くオープニングも作品のもつパワーが感じられる、なかなかセンスが良い仕上がり。特に音楽がロック調な点が作品にマッチしていて、気分が盛り上がります。


 ストーリーは最初のほうは色々と語られ、キーとなる人物の登場など面白いのですが、後半に行くにつれ散漫気味になったのが残念。段々当初のストーリーが薄れ、アクションシーンメインとなっていき、ストーリー性が無い作品になっていったのが惜しいです。この作品はストーリーを楽しむというよりも作品の雰囲気、派手なアクションシーン、そして個性的な登場人物を楽しむ作品なのだと思いました。


 ・・・映画というよりも漫画を読んでいる感覚ですね。「映画ではない、漫画なのだ」と思って観る作品だと思います。強引な展開や、一風変わった登場人物達、気孔を使った戦い等・・・・漫画です。漫画そのもの(笑)この辺で好き嫌い分かれるのでは無いでしょうか。韓国映画特有(?)のパワーで常識とストーリーの中途半端さなどを押しのけているのでなんかもう「こんな作品もありなのかな・・・」という気にさせられました。


 この作品の見所はアクションだけではなく、豪華キャストも見所。といっても当時はそれ程日本での知名度は無かったと思いますが、今改めてこの作品を観ると凄いな~と思います。


 『僕の彼女を紹介します』『英語完全征服』のチャン・ヒョク。コメディーが似合う顔立ちだと勝手に思ってます(笑)。そして本作では赤毛(といっても完全な赤ではありませんが)長髪というインパクトあるキャラクターを演じたキム・スロは『僕の彼女を紹介します』にも出演していますね。最初見たときは「火山高繋がり!?」と思いました・・・監督は狙ったのでしょうかね?(クァク監督なら狙ってそうですね。)キム・スロといえば『反則王』『シュリ』『ブラザーフッド』など誰もが一度は観たことがある作品に登場し、様々な役を演じることが出来る俳優ですね。

 そして『甘い人生』のシン・ミナは学園のマドンナ役。学ランも似合ってます。


 クォン・サンウは意外なことに本作がスクリーンデビュー作なんですよね。今とは少し雰囲気が違います。妙にハンニム役が嵌ってました。結構良いキャラなのに出番が少ないんですよね~


 あとは『シルミド』でも存在感ある教官だったホ・ジュノが、本作では謎めいた教師役で良い味出してます。さすがベテラン俳優、存在感あります。

 因みにこの作品、DVDの特典で監督らの解説を観る事ができます。この解説「もっと時間があれば…」の連発でした(笑)「おいおい、監督が満足してない作品を世に出していいのか!」と突っ込みいれたくなります(笑)レンタルでも観られるのでその際は是非観て下さい。アクションシーンのメイキングは俳優が体張って演じているのが分かります。




火山高@映画生活


にほんブログ村 映画ブログへ??







『アイデンティティー』  大雨の夜、モーテルで始まる恐怖・・・二転三転する衝撃のサイコミステリー

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
アイデンティティー コレクターズ・エディション

出演■ ジョン・キューザック、ジョン・C・マッギンリー、レベッカ・デ・モーネイ、クレア・デュバル、アマンダ・ピート、レイ・リオッタ、ジェイク・ビューシイ、アルフレッド・モリーナ、プルイット・テイラー・ヴィンス

監督■ジェームズ・マンゴールド







<ストーリー>

 天を突いたような豪雨の夜、寂れた街道で交通事故が起こる。加害者のエド(ジョン・キューザック)は、近隣のモーテルに救援を求めるが、豪雨で電話は不通。道路も冠水し、行く手を阻まれてしまう。やむなくエドはモーテルに引き返し、天候の回復を待つ。モーテルに集ったのは、同じように立ち往生した10名の男女。女優と運転手、娼婦、新婚夫婦、囚人と刑事…。互いに見ず知らずの彼らは、それぞれが何か秘密を抱えているようだった。やがて彼らは雨に閉ざされたモーテルで、1人また1人と謎の死を遂げてゆく。


2003年 アメリカ R-15

(「映画生活」 より引用)






 二つのストーリーが同時に進行し、そこには謎が隠されている。予想外の結末という事で話題になったサイコミステリー。当時‘‘どんでん返しもの’’がはやっていたと思うのですが、その中でも90分という短さで上手くまとめており、なかなかの良作だと思います。


 冒頭からなにやら不穏な空気を感じる・・そんな気にさせます。大雨、そして交通事故により孤島のような状態となり、立ち往生となった10名は近くのモーテルに集まる。「モーテル」はホラームービー等によくでることもあり、モーテルの響きだけでも恐怖感がでます。そんなモーテルに見知らぬ男女が集い、中には囚人もいる。外は大雨・・・・もう‘恐怖の舞台’は感性。これから何が起こるのだろうかと観ていて不安に、そして釘付けになります。

 

 
 モーテル、豪雨、見知らぬ人々…謎めいていて、不安になる要素が詰まっている。雨は映画においてはかなりの効果を発する“道具”となる。この作品はその雨と暗闇が効果的で、恐怖と不安、不審感が増す。前半はモーテルでの奇怪な出来事が中心でミステリーというよりも、雨の湿っぽさとモーテル内の光の少なさ等、映像面でもストーリー面でもホラーっぽい雰囲気があります。モーテルに集った10名がそれぞれに良い演技を見せており、一体なにが起きているのか?誰がやっているのだろうかと登場人物達と同様の心理状態になり、ぐいぐい引き込まれます。途中途中に過激な描写が出てきます(なのでR指定入ってます。)のでそういった覚悟が必要かも・・・ここまでやるのか!?と驚いたシーンもあります(^^ゞストーリー上仕方がないのでしょうかね。



 この作品、ただ最初から最後までモーテルの話しで終わるのではありません。モーテルの話しともう一つのストーリーが同時に進行しているのですが、もう一つの連続殺人犯の話しになると、モーテルの話しの時のような薄暗い映像ではなく、対照的に明るめの映像なのがこの作品の結末へとうまく続いていると思ういます。このへんで犯人とオチが読めてしまいましたが(サイコもの映画やミステリー小説をみる方はオチが途中で読めると思います。)・・・・


 この作品は作品全体にちりばめられた幾つもの謎を解く為の“鍵”を探しながら観ると、より楽しめるかもしれません。犯人に繋がるヒントが到る所にあるので推理しながら観るのもまた違った楽しみ方ができそうです。ヒントが細かいので探す楽しみがあるんですよね~


…しかし途中でオチが読めてしまうので、何も考えず観た方が、ラストの衝撃度が増すかと思います。ヒント探しは2回目に観た時にするのがベストかと。‘どんでん返しもの’は作り手の思うとおりに騙された方が楽しめますからね。



 ネタバレになるのであまり書けませんが、ラストは現実的で現代社会に通じるものがあります(…現代社会への警鐘などが作品に込められているのかは分かりませんが))。隠された“謎”は、途中で私は分かってしまいましたが、結末はそう来るか…!と衝撃。


 新感覚のサイコミステリーでなかなか良かったです。特に俳優たちの演技がリアルでよかったと思います。


 この作品の感想はあまり書くとネタバレになり、作品の面白さが失われるのでこの辺で・・・。




“アイデンティティー”@映画生活


にほんブログ村 映画ブログへ ?  ?







プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。