スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『大統領の理髪師』  時代に翻弄されながらも懸命に生きた人々の物語

ビデオメーカー
大統領の理髪師

出演■ソン・ガンホ、ムン・ソリ、リュ・スンス、イ・ジェウン、ソ・ビョンホ、パク・ヨンス、チョ・ヨンジン、オ・ダルス

監督■イム・チャンサン






<ストーリー>

 1960年代の韓国。大統領官邸“青瓦台”のある町、孝子洞で理髪店を営むごく普通の男、ソン・ハンモ。彼は、近所の人々同様、大統領のお膝元であることを誇りに思い、時の政府を妄信的に支持し、熱烈さのあまり町ぐるみの不正選挙にも加担するほどだった。新米助手のキムを無理やり口説いて結婚し、やがてはかわいい息子ナガンも生まれ幸せな毎日を送るソンに、ある時大きな転機が訪れる。ふとした事件をきっかけに、彼は大統領の理髪師に選ばれるのだった。これによって、ソンは思いがけず、権力をめぐる政争の渦に巻き込まれてしまうのだった…。


2004年 韓国   (原題 『孝子洞の理髪師』)


(「allcinema online  大統領の理髪師 」 より引用。)






  1960年~1980年代にかけての韓国激動の時代、大統領のお膝元である孝子洞の理髪師ソン・ハンモとその家族をメインに、懸命に生きる市井の人々を描き、韓国近代史を織り込んだ作品。


 ソン・ハンモの息子、ナガンのナレーションに始まる冒頭はどこか温かみがあり、ナレーションの後に描かれる父ソン・ハンモと母の‘馴れ初め’シーンで笑を誘う。ソン・ハンモ・・・どうしようもないと(笑)


 この作品の魅力のひとつは主人公ソン・ハンモのキャラクター。頭は弱いけれど真面目で家族思いの優しい人物。家族と平凡な暮らしをしていたこの素朴な男・ソン・ハンモの理髪店にある人物が来店したことから彼の平凡な人生が一変。なんと大統領専属の理髪師になってしまうのだからさぁ大変!


 初めて大統領の散発をするシーンは、ソン・ガンホの細やかな演技によって ソン・ハンモがとても緊張している事が伝わってくる。そして私も彼と同じように緊張してしまいました。観ていて冷や冷や・・・何かしでかすんじゃないのかとソン・ハンモがとる行動一つ一つが危なっかしくて観ていられません(笑)このシーンはソン・ハンモのキャラクターを描きつつ、一般市民と政府との距離を暗喩していた気がします。


 この作品は大統領専属理髪師となったソン・ハンモとその家族を描くと共に一つの政権(劇中に固有名詞は出ないが朴正煕政権)の台頭と崩壊、歴史的事件も描いています。


 ストーリー序盤の不正選挙に始まり4・19革命、ベトナム戦争、『シルミド』にも登場した青瓦台襲撃事件、共産主義者を見つける為に行なわれた拷問等・・・このシリアスな事柄ユーモアで包んで描いています。この絶妙なバランスは見事であり、コミカルに描く事で重大さを感じさせる。


 作品全編シリアスとユーモアが織り交ざっていて、笑を誘われるシーンが多々あると共に、時代の光と影を描いていて考えさせられる力があります。本作は当時の政権への皮肉が込められてるといってもいいかと思います。


 

 4・19革命の時に生まれた主人公の息子ナガン。「多くの人が死んだ時に僕は生まれた」といった彼のナレーションが入るのですが、ナガンに降りかかる様々な出来事を観ていると、ナガン=当時の無力な一般市民であり、そして終盤を観てナガン=希望なのであるのだと思いました。


 前半の国に忠誠を誓い、「閣下は国家だ」の台詞の通りに従うソン・ハンモ。しかしそんなは軍事政権下の抑圧された時代から、新たな時代の幕開けに向けて動き出すと共に次第に変化し始める。ソン・ハンモ親子は当時の人々全てを表しているのでしょう。

 

 主演のソン・ガンホは何をやってもその人物に嵌ってしまう俳優であると思うのですが、本作のソン・ハンモはとても良かったです。カッコいい父親として描かれているわけでわないのですが、ヒーローみたいな父親像なんかよりもごく普通の父親が愛する息子のためになんでもする姿がじつに良い。コミカルなシーンからシリアスシーンまでソン・ハンモの微妙な心情を表情で見せてくれます。


 妻役はムン・ソリ。『オアシス』『浮気な家族』とは違い、今回はこちらもごく普通な奥さん(インタビューではおばさんと言ってましたが(笑))。妙に合っているので驚きました。素なのかな??と思うほど(笑)もう少し見せ場があればなぁと思いました。


 この作品のメインキャラといっても過言でないのが息子役イ・ジェウン。ニカッと笑うその表情や悲しげな表情まで‘味がある’演技をみせていて、ソン・ハンモの息子にはピッタリでした。


 

 

 時代考証を徹底し、セットも当時の雰囲気をリアルに再現できるよう細かいところまで気をつかったということもあり、当時がどうだったのかは知りませんが、セットといい映像といいどこか懐かしさを感じさせてくれます。初監督作とは思えない出来栄え。


 

 ストーリー展開はいたって‘素朴’。しかし当時の人々の喜怒哀楽や生き様、風刺が描かれ、感動もしてしまう、そんな魅力のある作品です。




<参考・『大統領の理髪師』をより理解する為に参考になります↓↓>

 ・wikipedia 朴正煕

 ・大統領の理髪師 公式サイト



にほんブログ村 映画ブログへ ??


?



大統領の理髪師@映画生活

『シュリ』   愛した女性はスパイ・・・カン・ジェギュ監督×ハン・ソッキュの大ヒット作!

アミューズソフトエンタテインメント
シュリ

出演■ハン・ソッキュ、キム・ユンジン、ソン・ガンホ、キム・スロ、チェ・ミンシク

監督■カン・ジェギュ





 <ストーリー>

 韓国の諜報部員ユ・ジョンウォンは恋人イ・ミョンヨンとの結婚を間近に控えていた。彼の周囲では謎の事件が多発し、その背後には北朝鮮のスゴ腕女スパイ、イ・バンヒの存在が浮かび上がる。


1999年 韓国

(「映画生活 Gaga」より引用。)






 日本公開時‘第一次韓国ブーム’とでも言いましょうか、韓国ブームの火付け役となった作品。私が韓国映画を観るようになったのも『シュリ』がきっかけであり、ハン・ソッキュを好きになった作品です。 韓国では社会現象となり韓国映画史を塗り替えた作品。



 この作品が私の初韓国映画で、映画雑誌かTVだったのかは忘れましたが作品紹介を見て妙に惹かれるものがありました(確か当時はおすぎがTVCMをしていたような・・・)。いままで韓国の映画というものはどこか見づらいという先入観というのでしょうか、そんな考えを抱いていましたが、本作を観てそんな固定概念は吹き飛びました。


 最初に観賞した時はただただ良かったな~といった感想。しかし、何回か観るうちに気になる点も出てきました。


 アクション、バイオレンス、ラブストーリー、ヒューマンドラマと全ジャンルを網羅していると言える作りである為、下手すると詰め込みすぎて散漫な印象を受けかねないのですが、そこを韓国映画がもつパワーで押し切り、さほど気にならない作りに仕上げ、単調な作りにならないようにされています。


 アクションシーンは迫力があり、「韓国映画、なかなかやるな~」と言う感想を持ちました。しかしハリウッド作品のアクションシーンと比べるとやはり欠ける部分は多々あります。特にビル爆破のシーンは初見の時は入り込みすぎていたので気にならなかったものの、二度三度観るうちにこのシーン・・・ミニチュアを破壊しているのがありありと分かってしまうのが残念。

 本作に多く登場する銃撃戦は見応えアリ。今後の韓国映画への期待感が沸きました(そう考えると監督の『ブラザーフッド』のアクションシーンはハリウッドに近づいていたかな。)。


 ストーリー展開も冷静になって観ると無理があるというか突っ込み所はあるのですが、もうそんな事は気にならないほど作品に入り込んでしまいました。


 本作の見所はアクションもそうですが、なんと言っても韓国の諜報部員ユ・ジョンウォンと彼の恋人イ・ミョンヨンの悲恋。そしてテロリストであるパク・ムヨンとの対決。この作品のテーマである南北分断の悲劇をラブストーリーとアクションで描くことにより、カン・ジェギュ監督は南北分断を誰にでも分かりやすく、エンターテイメント作品にしたと言う事が今までに無いことであり、そしてこの作品に多くの人が惹きつけられた要因であるのかもしれません。


 分断の悲劇をより強く表す存在であるのがチェ・ミンシク扮するパク・ムヨン。チェ・ミンシクの迫真の演技(やはり上手い)、ラストでのユ・ジョンウォンとの対決は手に汗握るものでした。しかし、重要な存在であろうパク・ムヨンの人物描写がやや弱かったかなと思います。もう少し丁寧に描いてくれたのならば彼に感情移入する事が出来たと思いますし、南北分断というテーマも強く浮び上がり、観客の心に届いたのではないかと思いました。


 そこが弱い反面、もう一つの見所・・というかメインであるハン・ソッキュ扮するジョンウォンとキム・ユンジン扮するミョンヨンの関係は綺麗にまとまっていて、感情移入しました。水槽前でのキスシーンは有名だと思いますが、このシーンの取り方は綺麗ですね~このシーン、二人は幸せなはずなのに悲壮感を感じさせる青を基調とし描写は見事。また水槽前と言うのも伏線となっているあたりがニクイ演出です。


 愛し合う二人=南北分断の悲劇ということをラストでは描いており、観ていて非常に辛く、やるせない。劇中に本作のタイトルである『シュリ』の説明があるのですが、これを聞くと更に悲しくなり、何とも言えない気持ちになります。電話のシーンは切ないですね。このシーンで毎回決まって涙します。


 この作品の魅力・・・それは‘悲恋’であるのかもしれません。


 他に魅力的な点はやはり出演者でしょう。主演はハン・ソッキュ。ハン・ソッキュはけして二枚目ではありませんが彼が演じている姿を観るとかなり惹かれるものがあるんですよね。‘演技で魅せてこそ役者!’と感じさせる俳優で、本作でも悲哀に満ちた表情などで印象的なシーンを作り出しています。


 ハン・ソッキュの相棒役としてソン・ガンホも出演。本作では演技力の高さを十分に発揮できるような役では無かったものの、ツーショットは本当に相棒のようでした。また2人の共演が観たいものです。


 

 本作はよくTV放映されますが、TV放映時は大部分がカットされていますのでTVで観たという方は機会があればDVDなどでの観賞をお勧めします。以前観た時はラストがばっさりカットされていて驚きました・・・^^;





-----------------------------------

 

 『シュリ』が日本でドラマ化されるという驚きの記事を発見!(詳細は→朝鮮日報 2006/03/29/

古い記事ではありますがTV放送とDVDで全20回とのことで、ビックリです。今後どうなるのか注目ですね。




-----------------------------------


<当ブログ内、ハン・ソッキュ出演作品記事>


『八月のクリスマス』
『グリーンフィッシュ』

『カル』

『銀杏のベッド』

『スカーレット・レター』


観賞したものの未だ記事にしていないものがありますので今後UPしていきます(^^)。




にほんブログ村 映画ブログへ ??

?



シュリ@映画生活

『メメント』   記憶の迷宮散歩は存在証明

アミューズソフトエンタテインメント
メメント

出演■ガイ・ピアース、キャリー・アン・モス、ジョー・パントリアーノ

監督■クリストファー・ノーラン





<ストーリー>

妻を何者かに殺されたショックから、10分しか記憶を保てなくなってしまったレナード(ガイ・ピアース)。彼は愛する妻を殺した犯人を突き止める為、出会った人物や手がかりとなるモノのポラロイド写真にメモを書くだけでなく、自らの体にまでタトゥーを彫り、事件の真相をつかもうとするのだった...。


2000年 アメリカ

(「映画生活 Gaga」 より引用。)





 アメリカでは難解かつ魅力あるストーリーであるためにクチコミで広がり、公開館が拡大、大ヒットとなった作品。

?



 監督の弟の短編小説『メメント・モリ』が原案。因みに『メメント・モリ』」とは「人間は死すべきものである、死を忘れるな」などの意味。(ミスチルの『花』のサブタイトルもメメント・モリですね~と脱線(^^ゞ)


 この作品が何故それほど人をひきつけたのか・・・それはこの作品の独特な構成が大きな理由であると思います。通常の作品とは異なり、この作品は時間軸が逆(因みに時間軸が逆の韓国映画はイ・チャントドン監督、ソル・ギョング主演『ペパーミントキャンディー』もそうですね。)。


 「妻を殺害された男の復讐」とあらすじを見ると結構ありがちなのですが、そんなありがちなストーリーを時間軸を逆に描く事で作品独特の世界観を作り上げ、奥深いものにさせ、作品に面白みをもたせている。


 主人公のレナードは10分間しか記憶が保てない。記憶を保つ為に自身の体にタトゥーを彫りリ、ポラロイド写真を撮って持ち歩く。録音するなどの‘確かな記憶の保存方法’では無くしてしまうなどの恐れがある‘不確かな保存方法’というかアナログな方法を取っている事が実に良い。

 記憶とは曖昧なもの、不確かなものであるということが、レナードが行なう記憶保存方法によって表され、確実に‘レナードの記憶’となっているのです。結末から考えるとこのレナードの記憶保存方法は結構奥が深いんですね~。


 またこの作品のミソは斬新な映像、時間軸が逆という事から、観ていて自分も知らないうちにレナードと同じ感覚に陥っている。疑似体験できる点であると思います。

 記憶障害のレナードに犯人探しは可能なのか?近付いて来る人間を信じても良いのか?果たして何が真実で何が嘘なのか…観る者はレナードと共に記憶の迷宮を歩く事になる。もう出てくる人全てが怪しいのです。何が本当かなんて分からなくなり、混乱し、話しが進むごとに「あれ?何だったけ?」とよ~く観ていないと分からなくなります。リピーターが続出したと言う事にも納得。細部にまで集中して観賞しましょう(笑)

 

 主演のガイ・ピアースは記憶障害の主人公レナードを好演。ガイ・ピアースは作品ごとにことなる顔を見せてくれる俳優ですね。共演は『マトリックス』シリーズでお馴染みキャリー・アン・モス。本作の役柄は『マトリックス』のトリニティーとは全く違う為、トリニティーのイメージが強かったので驚きました。同じく『マトリックス』に出演していたジョー・パントリアーノも良かった。彼の存在が作品を一層謎めいたものにしています。


 
 記憶障害のレナードは記憶が保っていられない。そんな彼が今生きる理由は「妻を殺した者への復讐」この理由により、彼は自分という存在を“保っている”のです。何度忘れようが‘生きる証’を求めまた新たな10分を向かえる。人は記憶によって生きている。記憶により過去の自分と今の自分を向き合わせる事が出来る・・・。そして人間の恐ろしさをも描いたこの作品は単なるサスペンスの枠には留まらない作品です。


 
 映画を観て事件の真相を知った時何とも言えない気持ちになるはずです。そして、じんわりとした怖さも残る作品。


スペシャルエディションDVDでは特典に監督の解説と原案である小説を書いた監督の弟のナレーション。時間軸が通常通りになっているものが入っているそうなのでこれを観れば完全に理解できるみたいです。






にほんブログ村 映画ブログへ ??


?


メメント@映画生活




『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズチェスト』 ‘死者の宝’を手に入れし者が海を制す!


出演■ジョニ―・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、 ビル・ナイ、ステラン・スカルスガルド、ジャック・ダヴェンポート、ケヴィン・マクナリー、ナオミ・ハリス、ジョナサン・プライス  他・・・

監督■ゴア・ヴァ―ビンスキー






<ストーリー>

 前作で、不死の海賊バルボッサからブラックパール号を奪い返した孤高の海賊ジャック・スパロウ。自由な大海原に船出したはずの彼の前に、逃れられない宿命が立ちはだかる。それは、今から13年前のこと…ジャックはブラックパール号の船長となるため、自らの魂と引き換えに、船乗りたちが最も恐れる“深海の悪霊”ディヴィ・ジョーンズと「血の契約」を交わした。そして今、その“契約期間”は終わり、ジャックの魂を取り立てるため、巨大な闇の力が海底をうごめいていたのだ。“悪魔の裏もかくことのできる男”といわれたジャック・スパロウだが、今度こそ彼の命運は尽きようとしていた…。


2006年 アメリカ

(「映画生活 Gaga」 より引用。)





 前作『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』から3年。ついに続編が公開!またあのキャプテン・ジャック・スパロウに会えるということで楽しみにしていました。 


 明るいオープニングと思いきや、何やら物々しい。そしてまだジャックの姿は無い。これからどうなるのだろう?ジャックはまだかな~なんて思っていると、ジャック登場!しかも意外な登場の仕方(笑)ジャックらしいと言えばジャックらしいのですが・・・ジャック、ウィル、エリザべスの‘運命の航海’が幕をあけた。そんなオープニング。


 今回は前作よりもコミカルなシーンが多かったなと思ったのですが、中でもお気に入りの笑えたシーンは、エリザべスを救う為にジャックを探していたウィルがとある島でジャックを見つけたシーン。CM等で観ていましたがジャックのメイク・・目を閉じた瞼に目の絵を書くなんて、「漫画か!(タカアンドトシ風)」と突っ込みいれたくなりました(笑)


 その後のジャックと原住民との掛け合いは面白い。ジャックの背負っている棒に果物が串刺しになるシーンは館内が笑いで沸きました。この島のシーンは笑い所が満載なので要チェックですね。


 他に前作とは違うなと思ったのがアクションシーン。前作よりも派手で凝ってます!予告編でも流れている水車の上での殺陣シーンは迫力満点。水車の上で戦うと言うアイディアも面白いと思いますし、地上での戦闘よりも躍動感と緊迫感を感じます。それ+コミカルさがあり、本作の見せ場の一つではないかなと思いました。このシーンの撮影、大変だったようですしね。


 アクションシーンといえば今回の敵役デイヴィ・ジョーンズが放つクラ―ケンとの戦闘シーン。何度かクラ―ケンが出てきますが、ジャックの運命を変えたと言える後半のシーンがいいです。タコのようなクラ―ケンの非情な攻撃に立ち向かう船員たち。ウィルの考えた策を実行すべく銃をとろうとするエリザベス、そして・・・・とここでやめておきますが、このシーン好きです。


 クラ―ケンが船を破壊するのを観ていると『オクトパス』を観ている気分になるのですが、迫力があり、リアルさを感じる作りなので作品に上手く溶け込んでいると思いました。


 溶け込んでいるといえば“深海の悪霊”ディヴィ・ジョーンズとその仲間たち。前作よりも進化したVFXを感じる事が出来、ウィルやジャックと話しをしていても違和感を感じません。ディヴィ・ジョーンズの動きも独特であり、表情豊。敵役なのですが何か憎めない・・・前作バルボッサも良かったけれどディヴィ・ジョーンズもなかなか良いキャラしてます。



 前作との違いがあれば同じ点もあります。前作『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』のリンクが満載なんです。なので本作観賞前に前作を観て予習する事をお勧めします。そのほうがより楽しめると思います。特にラストあたり・・・(^^)


 本作は158分という長さですが、飽きることなく、そして長いと感じることなく楽しむ事が出来ました。また前作ではジャックよりもウィルが主だった印象があったのですが、今回はジャックが主。前作にもましてひょうひょうとしたジャックのキャラクターが出ていたなと思います。またエリザベスの微妙な心理も本作の見所。


 前作に比べるとややまとまりが無かったかなと思いましたが、本作は1と3の中間地点であり完結編への序章のような存在なので仕方が無いのかもしれません。


 ともあれ気軽に楽しむにはもってこいの娯楽大作であり、魅力的な俳優たち、素晴らしい音楽、ワクワクさせるストーリーと前作同様楽しめると思います。


 早く『3』が観たいですね~もう前売り券を買ったので、今からワクワクしています(笑)『3』の敵役はチョウ・ユンファで、実在したと言われる海賊に扮するとか。舞台はシンガポールということでどんな話しになるのでしょう。楽しみです。



 エンドロールの後に前作同様おまけ映像があるので最後までご覧になってください。ひょっとしたらこの映像が一番面白いのかも・・・(笑)




<関連記事>

『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』 映画史に残る名キャラクター誕生!

 

にほんブログ村 映画ブログへ ?

?


パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト@映画生活



夏だ!海だ!海賊だ! 『パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェスト』を観てきます♪

                     

                    



 本日『パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェスト』を観に行きます!!


 公開直後は混雑しているだろうと考え、観にいくのを遅らせたのですが、夏休みですし混んでそうですね(^^ゞ


 写真は前売り特典の「海賊のお守り」王冠2です。なかなか洒落たデザインの特典ですよね~。この特典を身につけて観賞される方もいそうですね。私は因みに付けません(笑)勿体無いですし、それにちょっと恥ずかしいので・・・・



 恥ずかしいと言えば私の髪型。先日美容院に行ったのですが、私の希望通りの髪形にならなかった・・・というよりも全く違うようにされてしまいました(-_-;)う~ん・・・・セットを頑張ってごまかすしかないですね^^;


 

 上映時間が相変わらず長いですね~痺れてしまいそう(笑)。痺れを感じぬ為にもパイレーツの世界に浸ってきます!感想は明日にでも書こうかと思っています(^^)



にほんブログ村 映画ブログへ



プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。