スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS 』  ‘優しさ’までも伝える能力―

出演■安藤政信、鈴木京香、寺尾聰、松重豊、内山理名、八千草薫  他・・・

監督■本広克行






<ストーリー>

 “サトラレ”とは周囲に自分の考えていることを悟られてしまう特殊な人間。彼らは皆天才的頭脳の持ち主だ。法律によって保護されてきた里見(安藤政信)は、自分がサトラレであることを知らない。新米外科医の彼は、有能だが患者のことを考慮して執刀することを許されず、当然恋も成就しない。そんな彼のもとに女精神科医、洋子(鈴木京香)が派遣されたことで、事態が急変する。


2000年  日本


(「映画生活 Gaga」 より引用。)





 この作品、好きなんですよね~(^^)


 『踊る大捜査線』シリーズ、スペーストラベラーズサマータイムマシーンブルース、そして現在公開中の『UDON』でお馴染み本広克行監督の作品。


 本作は佐藤マコトの同名漫画の映画化作品。オダギリジョー主演でドラマも放送されましたね。といってもドラマは観ていませんでした。映画がとても気に入ったのであえて観ませんでした。今となれば観ればよかったかな~なんて(^^ゞ


自分の考えている事が周囲に全て伝わってしまうという特殊能力の持ち主を‘サトラレ’といい、自分ではその能力に気付いていない彼らは類まれない高IQを持つ。そんな彼らを国は全力をあげて保護している。


 主人公・里見は『症例7号』と呼ばれるサトラレ。そんな彼を保護すべく国は洋子を里見のもとへ派遣することから様々なエピソードが展開される。そのエピソードは‘‘本広監督色満載’’。


 

 前半はコメディータッチ。サトラレである主人公の恋愛が描かれるのですが、笑える所が多いものの非常に切ないんですよね。サトラレであるがゆえの苦労や障害が笑と共に伝わってきます。サトラレである主人公・里見を見守る洋子の感情もここで少し変わっているのが伺え、この後の話しの展開に関わってきます。


 サトラレという能力をもし自分がもっっていたとしたら嫌だなと思います。自分が考えている事が周囲に筒抜けだなんて考えると恐ろしいですね。文句とかを心の中でいっていたらその人に分かっちゃうんですものね(笑)。しかし、サトラレの周囲のひとは彼がサトラレであるということを知っていても知らないフリをしなければならないのでトラブルは起きなそうですが・・・・(^^ゞ


 前半の恋愛に続き、様々なエピソードが展開されていく(三部構成・・・といえるかな?)。そのなかでサトラレという能力を持つ者の苦悩やこの特殊能力の負の面を洋子と共に観客も直面していく。そして映画は感動のラストへと向かうのですが、またこのラストエピソードが感動的なのです。


 『サトラレ』・・・・この作品は‘心’である事を「悟る」わけです。そこには他人を受け入れるという事 、思いやりの心を持つ事、コミュニケーションの重要性・・・・など当たり前のことだけれど忘れがちな、忘れられつつあることが描かれた作品なんですよね。この作品。


 ラストシーンは心揺さぶられました。美しい景色ともに描かれる優しさに涙・・・しかし悲しい涙ではなく‘爽やかな感動’の涙を流しました。・・・・監督、完敗で御座います!(笑)


 ストーリーも良かったのですが、本作は俳優の演技も素晴らしい。勿論主人公を演じた安藤政信も良かったのですが、特に主人公の祖母役・八千草薫の演技がとても良かったです。サトラレという能力をもつ孫をいつも温かく見守る存在の祖母。表情、立ち振る舞い全てにおいて温かみが出ているんですよね。なのでラストの感動が増しました。


 そして主人公・里見を見守る洋子役の鈴木京香の好演も光ってました。最初は保護するという目的で里見のもとにきた彼女が次第に里見と交流するうちに変わっていく姿が自然に表れていたと思います。



 監督らしい笑いと感動がある心温まるファンタジー作品(ファンタジーと捉えた方が無理な部分も受け入れられるかと思います。)。『踊る大捜査線』の映画版が駄目でしたという方もこの作品なら楽しめるはずです(・・・多聞(笑))。


 因みに本作出演者は他の本広作品にも登場している方が多いのでその点もチェックしてみては?




サトラレ@映画生活



スポンサーサイト

『ショーシャンクの空に』 運命は変えられる・・・S・キング原作、感動の名作!

松竹
ショーシャンクの空に

出演■ティム・ロビンス、ウィリアム・サドラー ボブ・ガントン ジェームズ・ホイットモア 、モーガン・フリーマン 他・・
監督■フランク・ダラボン





<ストーリー>

 

妻とその愛人を射殺したかどでショーシャンク刑務所送りとなった銀行家アンディ。初めは戸惑っていたが、やがて彼は自ら持つ不思議な魅力ですさんだ受刑者達の心を掴んでゆく。そして20年の歳月が流れた時、彼は冤罪を晴らす重要な証拠をつかむのだが……。


1994年 アメリカ

(「allcinema online ショーシャンクの空に 」 より引用)





 スティーブン・キングの小説で非ホラー小説『刑務所のリタ・ヘイワース』の映画化。かなり昔に観たので忘れている部分もありますが・・・^^;


 この作品は物凄く評価高いですよね。ほとんどの人が「良い映画」と言っているので、もう観る前から「良い映画」であるということがインプットされてしまう・・・・しかし、本当に良いんですよねこれが。私の中では‘大絶賛!!’の域には行きそうで行かないのですが完成度の高さからも評判通り「良い映画」であると思います。


 私の好きな歌手・Mr.childrenの歌の歌詞にも『ショーシャンクの空に』が登場しています。このことからもこの作品が多くの人に愛されている事が分かります。



 多くの人に支持される不朽の名作を生み出したフランク・ダラボン監督は 『エルム街の悪夢3 惨劇の館』『ブロブ 宇宙からの不明物体』(『ブロブ』は昔観た時、物凄く怖い印象を受けたんですよね~)の脚本家で、本作が初監督作品だそうですが、そうは感じさせず、見事な作品となっていると思います。ちなみに同じくスティーブン・キング原作の感動作『グリーン・マイル』もダランボン監督。

 

 前半は淡々と刑務所内での生活が大半で、様々なエピソードによって主人公アンディーはじめ各登場人物の個性を描き出しています。


 銀行の副頭取りという立場から逆転し、囚人となった主人公アンディのショーシャンク刑務所の生活は他の囚人からの嫌がらせなどにより身体的にも精神的にも耐え難いもの。その複雑な心理をティム・ロビンスが好演。

 また、調達係のレッドをモーガン・フリーマンがあの渋くて重厚感がある演技で作品を時に和ませ、時に引き締めていたと思います。やはりモーガン・フリーマンは名俳優ですね。


 刑務所内での各登場人物も丁寧に描かれています。


 劇中に出所する人物がいますが、その人物の末路が何とも言えない気持ちになりました。現実は残酷であるし、実際そうなのだろうと思い複雑な心境になりました。あまり書くとネタばれになってしまうので、控えますがm(__)m

 主人公アンディは刑務所に入れられても、そこで何があってもへこたれず、自身を見失わず、プライドも捨てずに前に進んでいく…この姿に感動し、彼が成し得た事にも感動と興奮をおぼえます。そういった各シーンの描かれ方も見事でした。また雨の使われ方が効果的で、より感動的なシーンになる。この作品に限らず雨は印象的なシーンを作り出す‘アイテム’ですね。


 レッドとの友情にも心暖まり感動します。美しいラストシーンでは二人の絆を感じました。あのラストシーンは好きです。希望に満ち溢れた爽やかな余韻がこの作品のいい所ですね。



 最後まで諦めず何ごともコツコツと頑張って行けばきっと明るい未来がある。運命を切り開くのは自分自身なのである―そう主人公・アンディーに教えられた気がします。


 

 この作品アカデミー賞にノミネートされたにも関わらず、受賞していないのが意外です。因みに同年の作品賞受賞作は『フォレストガンプ 一期一会』。この年は『パルプフィクション』もノミネートされていたとは~いやぁ凄い年でしたね!





にほんブログ村 映画ブログへ ????


ショーシャンクの空に@映画生活



インファナル・アフェアのハリウッドリメイク版『The Departed』の予告を鑑賞。

 トニー・レオン、アンディ・ラウをはじめ豪華キャストに彩られた傑作ノワール『インファナル・アフェア』のハリウッドリメイク版『The Departed』の予告編を観ました!!



 ハリウッドリメイク版は舞台を香港からボストンに移して、アイルランド系マフィアと警察の対決に設定を変えているそうです。トニー ・レオンが演じていた潜入捜査官ヤンをレオナルド・ディカプリオ、アンディ・ラウが演じたマフィア側の潜入ラウにはマット・デイモン。他にジャック・ニコルソン、マーク・ウォルバーグ、マーティン・シーンといった錚錚たる面々。


 あの傑作をリメイクするということで期待と不安があったのですが、予告編を観て期待のほうが不安を上回りました。


 予告編、凄いです。まず、ジャック・ニコルソンが渋くてカッコいい!チョイ悪どころかかなり悪い親父に見えます(笑)マフィアのボス役嵌ってます!ボスはこの作品では重要なキャラクターですからね。ジャック・ニコルソンのような存在感ある俳優にはピッタリかと。


 ハリウッドらしいなと思ったのがラブシーン。オリジナルと違って結構入れてるみたいですね~。アクションシーンも多そう?


 あと驚いたのがオリジナル版そのままのシーンがあること。予告を観た限りですが、オリジナルでボスに疑われたヤンが、腕のギブスを壊されるシーンや、映画館での取引、屋上での密会などのシーンがそのままな事に驚きました。しかしこちらの記事→(excite cinema )を観ると「監督はまだ『インファナル・アフェア』を観ていない」と書かれているんですよね(笑)この記事が書かれた後に観たのでしょうか。・・・きっとそうでしょう、そうに違いない。

 

 


 当初リメイク権を獲得したブラッド・ピット自身が出演すると言われていましたが「年をとりすぎている」との事から辞退したそうです。残念。ブラッド・ピットのラウも観てみたかったです。


 レオナルド・ディカプリオがヤンの役を演じると聞き、最初は「レオがヤン・・・どうなんだろう」と思っていましたが、予告を見る限りだとなかなかあっていました。マット・デイモンがラウ役になるとは意外でしたが、表情がなかなかで、結構良いです。脇役が演技派ぞろいで固めているのもアリ、期待できそうです。しかしオリジナルの雰囲気とはやはリ違う気もしました。別物として観た方がよさそうです。


 全米公開は10月、日本公開は来年の春ごろということなので今から楽しみです!早く観たい!





<↓↓予告編はこちら↓↓>

http://movies.yahoo.com/feature/thedeparted.html


<ポスター、劇中の映像はこちら↓>

http://imdb.com/title/tt0407887/



-----------------------------------------------------


<関連・当ブログ内記事>

『インファナル・アフェア』  無間道第一作・・・
『インファナル・アフェアⅡ 無間序曲』  無間道・・運命が動き出す。
『インファナル・アフェアⅢ 終極無間』  悲しくも美しい終極


にほんブログ村 映画ブログへ ????



『シルミド/SILMIDO』  歴史の闇に隠蔽された真実-‘実尾島’

アミューズソフトエンタテインメント
シルミド/SILMIDO

出演■ソル・ギョング、チョン・ジェヨン、イム・ウォニ、カン・ソンジン、カン・シニル、ホ・ジュノ、アン・ソンギ

監督■カン・ウソク

?


?

<ストーリー>

 
1968年1月、北朝鮮特殊工作部隊による青瓦台(韓国大統領府)襲撃未遂事件が発生。同年4月、韓国政府はその報復として仁川沖のシルミド(実尾島)に死刑囚ら31人の男たちを集め、極秘に金日成暗殺指令を下した。こうして31人は、その時の年月から名付けられた684部隊の特殊工作員としてジェヒョン隊長の下、過酷な訓練を開始する。3年後、優秀な工作員に仕立て上げられた彼らに、いよいよ実行命令が下される。しかし、政府の対北政策は決行目前になって大きく転換、北潜入へ向け行動を開始した部隊に急遽命令の撤回が告げられるのだったが…。

?

2003年 韓国

(「aiicinema online 『シルミド/SILMIDO 』 より引用。」

?


?

? 30年以上歴史の闇に隠蔽されてきた1971年実際に起こった実尾島事件を題材にした作品。

? この作品が公開される一年前だったか新聞で「実尾島事件」の特集がされていおり、過去にこのような事があったのかと衝撃を受けました。この特集記事をよんでいたので部隊の運命を知っていながら本作を鑑賞するのは辛かったですね。

?

青瓦台へ北朝鮮の部隊が侵攻してくるシーン、そしてインチャン(ソル・ギョング)が死刑囚となるシーン・・・冒頭からの怒涛の展開に釘付けとなりました。

?

政府は北朝鮮への報復として北朝鮮部隊の人数と同じ31人からなる部隊・通称684部隊を結成。死刑囚となったインチャンはこの684部隊に入るのですが、部隊の目的は‘金日成の首を捕る’というあまりにも衝撃的な内容に部隊に選ばれた隊員達は動揺を隠せない。この‘目的’を語るシーンは印象的。チェ准尉(アン・ソンギ)の表情、言い方全てがその目的の重さを物語っていると共に、部隊の目的を知った者たちの凍りついた表情。そんな時でも冷静さ失わないインチャンなど、このシーンで各登場人物のキャラクターが薄っすらであるが、感じ取る事が出来ると思います。

?

 前半は実尾島での訓練シーンがほぼメイン。隊員達に課せられた訓練は過酷であり、その訓練内容からも部隊の目的の困難さと重責・・・・といった全ての言いようがない‘重み’が表れていると思いました。訓練シーンの描写は一言でいえば残酷。過酷を超えたこの訓練、実際はそれ以上のものであったと考えると恐ろしいと共に憤りを感じる。

?

 そんな過酷な訓練シーンが多い実尾島の描写ですが、中には笑いを誘うシーンをはじめ男同士の友情、家族愛(主にインチャンですが。)などの人間ドラマがこの前半には凝縮されていると思います。インチャンが母を思うシーンは非常に切なく胸を締め付けられました。ただ映画として観ると、もう少しインチャンをはじめ各隊員について丁寧に描いてくれればより入り込めたような気がしました。

?

 隊員と教官の距離が近くなってきた矢先、政府は部隊に非情な決断を下す。

? 

 国家、時代に翻弄された男達の最後の決断は悲しく苦しい。観るに堪えないシーンも多々ある(何故か日本公開時、指定は入っていなかった・・・)が、実際はそれ以上だったとおもうと恐ろしく、惨い。人間の尊厳、極限下の人間の行動等考えさせられる。いつの時代もこの作品の状況とは異なれど‘上’の決定によって犠牲となるのは‘下’の人間である。本作は実尾島事件を扱ったものですが、それ以外にも深遠なメッセージ性がある様な気がしました。

 ラストのシーンは映画館に女性の泣き声が響いて居ました。私は何故か泣けませんでした。悲しくやるせない思いはありましたが泣く様なものではない。泣くという事を通り越した衝撃的なラストだったのです。

?

寡黙な男を演じるソル・ギョングの演技、アン・ソンギ、ホ・ジュノらベテランの演技は素晴らしかったです。そして泥臭いというかざらつきある雰囲気の映像や音楽も良かった。
 この作品は映画を観たと言うより‘目撃した’というに相応しい作品だと言えるかと。


ただ‘映画’的には良かったのですが、あるシーンで(脱走兵が起こした事件。このシーンで私が観た映画館では席を立つ女性客が続出していました。)そこで一瞬冷めてしまいました。

また本作は冒頭にでるテロップにもあるようにかなり脚色がされており、事実と異なる点も多々あります。実際の部隊は一般市民も居たそうなので、実話だからこそそういった点をちゃんと描いて欲しかったです。本作鑑賞前にシルミドのドキュメンタリーを観たので尚更そう思いました。

 公開当時、監督がインタビューで「この作品はハリウッドに勝つ!」と言っていたのが印象的です・・・。

?

 しかし、この作品によってこの事実が明るみとなり、政府が事件の真相追究をする決定をするなど多大な影響を及ぼしたことなどを考えると非常に存在意義がある作品なのでしょう。


 

?

 う~ん・・・この作品の感想を書くのは難しいですね。



?

<参考>

Wikipedia 青瓦台襲撃未遂事件 ?

隠された真実に迫る映画『シルミド』

Yahoo!ニュース 2006/07/13 (←真相調査の結果記事です。)



------------------------

 カン・ウソク監督の最新作『韓半島』。この作品も‘問題作’詳細はこちら→朝鮮日報 2006/07/26asahi.net 2006/08/20




にほんブログ村 映画ブログへ????


シルミド@映画生活





?

『弁護士 灰島秀樹』の放送予定日が変更&今夜は寺島進が「情熱大陸」に登場!

 韓国映画記事が最近続いておりますが・・・・


「韓国映画が好きです。でも踊る大捜査線も大好きです!! (ちょっぴり某引越し屋CM風)」(何度もすいません(笑))


 そんな踊る大好きな私がよく利用させて頂いているサイト「踊る大捜査線FANSITE さんで新たに『弁護士 灰島秀樹』情報が!!


 灰島秀樹・・踊る大捜査線スピンオフ『容疑者 室井慎次』に登場した八嶋智人が演じた悪徳(今思えばそれほどでもない気もしますが^^;)弁護士。室井さんをどん底に陥れた人物であるそんなキャラクターが今度は主演!そのスピンオフのスピンオフであるドラマ『弁護士 灰島秀樹(仮)』の放送予定は当初夏とされていましたが、どうやら10月放送予定とのこと。



 あ~まだ先ですね(>_<)。一体どんな話しになるのか楽しみです!(・・灰島はそんなに好きなキャラではないのですが、やはり踊るの雰囲気が味わえるとなると楽しみになります(^_^))



 

<関連>




まだまだ続く踊るレジェンド!次ぎは『弁護士 灰島秀樹』!?
『容疑者 室井慎次』 室井は優秀な警察官か?


<参考>

踊る大捜査線FANSITE http://www.odoru.org/

(詳細はこちらのサイトで。オフィシャルサイトよりも情報が早いので参考になります(^_^))



----------------------------------------



 スピンオフ繋がりといいますか・・・『交渉人 真下正義』の強烈キャラ木島丈一郎を好演した寺島進が今夜放送TBS『情熱大陸』に登場してましたね~♪『UDON』の撮影風景に本広監督のインタビュー。そして寺島さんの秘蔵映像(?)盛りだくさんでした。

 ウエスタンショーに出ていたとはビックリ。ウエスタンショーでも個性が出ていてさすがだなと思いました。当時あのショーを見ていた人はラッキーですね~


 寺島さん、今まで出演したドラマと映画の本数が凄いですね~しかも演技の幅が広い!今年は出演作が何本も公開されるとあって益々注目されるでしょうね。


 思えば寺島さんが出演している映画をスクリーンでみたのは『MOON CHILD』が初めてだったかも・・・・この作品でもチンピラっぽかった気が(笑)


 今週いよいよ『UDON』が公開!新たな‘兄貴’に出会えますね(^^)



<関連>

 

『交 渉人 真下正義』 踊るスピンオフ第一弾!
踊るレジェンドドラマ 『逃亡者 木島丈一郎』
‘うどん’にまつわるエトセトラ。 本広監督×ユースケの『UDON』が観たい!!


にほんブログ村 映画ブログへ ??


?



プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。