スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『16ブロック』  史上最悪にして‘吉兆’の日。人生を変える16区画

16ブロック



出演■ブルース・ウィリス、モス・デフ、デヴィット・モース  他・・・

監督■リチャード・ドナー





<ストーリー>

 夜勤明けで署に戻った刑事ジャック・モーズリーは、上司に簡単な任務を課せられた。それはわずか16ブロック先の裁判所まで囚人エディ・バンカーを護送するというもの。嫌々任務を引き受けたジャックはエディを車に乗せて護送を始めたものの、渋滞やうるさいエディに嫌気がさし、エディを車に残したまま酒を買いに行ってしまう。だがジャックが車に戻ってくると、そこにはエディに向けて銃を構える男がいて……。


2006年 アメリカ


(「映画生活 16ブロック Gaga」 より引用)






 数日前に鑑賞したものの、なかなか更新できず・・_(._.)_



 本作は評判が良かったので期待して観にいきました。いざ鑑賞してその評判の良さに納得。ストーリーは単純明快であるものの、しっかりとした脚本と俳優達の演技(デヴィット・モースが特に!)、絶妙なカメラワーク・・・と結論からいうととてもよくできた作品であると思いました。



 冒頭の男の懺悔のような告白、物々しい雰囲気に「このシーンはいったい何だろう」と思い、引かれる。後にこのシーンの意味がわかる作りになっているのもとても上手いし、冒頭にこの印象深いシーンを持ってくるとはニクイ!もう一瞬にしてこの作品の‘渋さ’の虜。


 そんな渋さに酔いしれていたら、ブルース・ウィルス扮する主人公ジャックが登場。・・・・・しかし、何でしょう、今までのブルース・ウィルスのイメージとは異なり、見るからに駄目駄目な雰囲気が漂っている。酒びたりで、肉がついている体に、疲れきった顔。足を引きずり、髪は薄くなっている・・・冒頭の渋い雰囲気とは裏腹にやつれた中年刑事がそこにいた。


 ―そう感じさせるということはもう、ここでブルース・ウィルスの勝ちと言ってもいい。彼の徹底した役作りの賜物であるし、これからの展開には観客に「あ~老けちゃったな。」「おいおい、この刑事大丈夫??」と思わせることが大切なのだから。


 そんなジャックに急遽課せられた任務は囚人をわずか16ブロック先に護送するという‘簡単な任務’であった。16ブロックというと映画生活 によると東京から新橋あたりだそうです。確かに近いといえば近いですね。それに護送するだけだし・・と油断をしていたら囚人エディが何者かに殺されそうになっている!ジャックはエディに銃を向ける男を撃ち逃げる。ここから最悪の事態へと急展開。


 作風は地味ながらも迫力あるカーチェイスやガンアクションの連続、そしてエディとジャックの会話などがテンポよく、飽きさせない。55日間で撮ったそうで、観客がその場にいるような感覚になるように考えられたというリアルな映像を生み出すことに拘ったとのこと。


 すぐに「何故囚人エディは狙われるのか」が分かるので尚更テンポよく、そしてスピード感ある展開となっていきます。


 次第に心通わせあうジャックとエディ。エディと行動をともにするうちに変わっていくジャックの姿を見ていると何だか勇気がわいてくる。


 最初渋い作風とはまったく違った刑事であるといいましたが、そんなジャックが後半では完全に渋くかっこいい刑事になっているのです。人は変わることなどできないと思っていたジャックにとってエディとの出会いは‘変化への起爆剤’のようであり、人は変わることができるということをジャック自ら体現。


 こうしたジャックの変化を丁寧に描き、かつブルース・ウィルスが上手く演じていました。ほんと最後はジャックにに惚れますよ(笑)


 またおしゃべりな囚人エディもジャックと出会い変わっていきます。この作品は二人の成長を描いているといってもいいのかもしれません。また人が今の自分とは違う、ほかの自分に生まれ変わるには自身の努力や勇気などが必要であり、また他の人の存在・力が必要なこともある。ということが描かれていたなと思いました。そのあたり、『コラテラル』と似ているような気がしました。



 結末が近づくにつれ、スリリングで感動的。心温まるラストも爽やかで良いですよ。



 ブルース・ウィルスの新たな魅力を発見できる作品です!



 



にほんブログ村 映画ブログへ ? 



16ブロック@映画生活
プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。