スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『どろろ』   妖刀を腕に、荒野を旅する二人の‘どろろ’

どろろ(通常版) [DVD]どろろ(通常版) [DVD]
(2007/07/13)
柴咲コウ瑛太

商品詳細を見る
出演■妻夫木聡、柴崎コウ、瑛太、麻生久美子、杉本哲太、原田美枝子、原田芳雄、中井貴一  他・・・・・

監督■塩田明彦




<ストーリー>

 戦乱の世で天下統一の野望を抱く武将・醍醐景光は四十八体の魔物から強大な力を与えられるが、その見返りに生まれくる我が子を捧げた。やがて体の四十八ヶ所を奪われて生まれた赤子は捨てられ、呪医師・寿海の秘術によって救われる。身を守るため左腕に仕込まれた妖刀と同じ百鬼丸と名付けられた子どもは成長し、魔物を一匹倒すごとに体の部位が1つずつ戻る定めなのだと知る。魔物退治の旅に出た百鬼丸は野盗・どろろと出会う…。



2006年  日本   PG-12


(「映画生活 Gaga」  より引用。)






 また更新が遅くなってしまいました。時間が欲しいと思う今日この頃です・・・




 1967年に「少年サンデー」にて連載開始、TVアニメ化もされた手塚治虫の同名漫画の実写化。手塚治虫の漫画はブラックジャック、ブッダ、リボンの騎士、アドルフに告ぐを昔読んだことがありますが。手塚漫画は奥が深く、社会に向けたメッセージがあるんですよね。本作の原作である「どろろ」は未読なので映画と原作を比べる事は出来ませんが、恐らく原作と比べると映画はメッセージ性、深みがそれ程感じられないものである・・・と思ったのが正直な所なのですが、本作は娯楽作として観ると面白いと思います。



 冒頭、赤と黒のコントラストにセピアとノイズかかった映像。その映像のもと広がる夥しい兵士の骸。戦乱の世、天下を望む醍醐景光は48の魔物とある契約をする。それは天下を手にする力を魔物から与えられる代わりに、生まれてくるわが子の体を差し出すというものであった。いくら天下が欲しくても我が子を差し出せと言われたら拒否すると思うのですが、醍醐景光はこの条件を飲むわけです。戦乱の世に無力な子供は犠牲になるというのはこのシーンの他にも本作では出てきます。それほどまでに追い込まれしまう‘戦’というものの惨さを描こうと言う本作の意気込みと言いますか、想いが伝わります。


 20年後、魔物に捧げられた景光の子供は成長し自身の体を取り戻すべく、腕に秘めた「妖刀百鬼丸」で魔物を倒す旅にでる。舞台は冒頭から一変して街になり、獲物を狙うが如く身を潜めるどろろの視点から客を呼ぶ女、売られる子供などが映し出され、この作品の世界がいかに荒れ、混沌としているかが伝わる。


 この街での話しは色々と見所があります、どろろが‘狙った獲物’である男たちが劇団ひとりとインスタントジョンソン(笑)やけに存在感があってなんだか笑ってしまいましたが良い味出していました。



 またここで初めて百鬼丸の腕に仕込まれた妖刀が登場。蜘蛛との戦闘シーンは華麗で動きがカッコいい。妻夫木聡ってこんなにカッコよかったのか・・・!と思うほどカッコよく撮られています。また本作では何体かの魔物が登場するのですが、動きが速くて異様な体と、このヤシガニ蜘蛛が一番リアルに思えました。他の魔物はパンフレットに乗っているデザインはとても良いのですが、その映像化となるとやはり難しいようですね。



 体を取り戻すことことを目的としていた百鬼丸は最初は心がないように思える。しかし、どろろとの出会いが彼を変え、どろろによって‘笑顔’そして‘心’を取り戻したように思いました。‘どろろ’とは「人ではないもの」などの意味がある言葉で、それを「それ良い!貰った!」と自身の名前にしたどろろ。しかしこの‘どろろ’は百鬼丸の事でもあるんですよね。百鬼丸とどろろが抱えたモノはとても辛く悲しいものであり、二人はどこか通じるものがあるように思えます。



 体は‘偽物’の百鬼丸は存在証明として「体」を得たいと思っていた・・と思います。しかし体がたとえ‘偽物’でもどろろによって百鬼丸の存在は証明されたと言え、クライマックスシーンでの百鬼丸はストーリー序盤の百鬼丸とは異なる姿がありました。


 本作には差別問題や戦争といったテーマ、生きる強さや他者の存在が与えるモノ・・・あどが描かれていたと思います。しかし・・・原作で描かれていたことは(未読ですが)おそらくもっと深遠なテーマがあったと思うのですが、本作はストーリーの深さはさほど感じませんでした。スタイリッシュさを目指したような描写があったり、どちらかと言うとテーマの追求よりも娯楽性の方が強いかなと。深さを感じなかったからといってつまらないのか、という訳ではなく、最初に述べたように娯楽大作として観ると面白いです。

 

 またアクションシーンが多いのですが、はアクション監督が『HERO』『LOVERS』のチン・シウトンなのでワイヤーアクションを多様。『HERO』でも感じたのですが、空中戦のワイヤーアクションは不自然さが目立ってしまいどうも私は苦手です。本作のアクションはなかなか観ていて楽しく、カッコいいと思う反面、先述のように少し冷めてしまうモノがありました。本作はファンタジー要素が強いので、ワイヤーアクションを取り入れてもいいと思うのですが、一歩間違えるとあのワイヤーアクションは浮くなと思いました。


 本作はアクション・ファンタジー作品として観るには面白い作品であると思います。何より妻夫木聡が好きな人にはたまらないような気がします。彼のPVといっても過言ではないほどにカッコよく撮られていましたからね。


 映画の終わり方から続編があるだろうなと思っていましたが、やはり続編製作決定しましましたね。面白い要素は沢山あると思うので、次回に期待します。




どろろ@映画生活

スポンサーサイト

『ゴーストライダー』   炎を纏い、悪を葬るダークヒーロー!

ゴーストライダー デラックス・コレクターズ・エディション (2枚組) [DVD]ゴーストライダー デラックス・コレクターズ・エディション (2枚組) [DVD]
(2009/06/03)
ピーター・フォンダエヴァ・メンデス

商品詳細を見る
出演■ニコラス・ケイジ、エヴァ・メンデス、ウェス・ベントリー、サム・エリオット、ドナル・ローグ、ピーター・フォンダ

監督■マーク・スティーヴン・ジョンソン





<ストーリー>

 父・バートンと共にスタントライダーをしていたジョニー。だが、ある日、父親が癌に冒されていることを知る。ショックを受けるジョニー。そんな彼の前に悪魔メフィストが現れた。ジョニーはメフィストと契約し、自分の魂と引き換えに父親を助けるが、結局事故で死んでしまった。メフィストは癌こそ治したが、事故でバートンを殺したのだ。そしてメフィストは「お前が必要になったらまた現れる」と言い残して姿を消した…。



2007年  アメリカ


(「映画生活 Gaga」 より引用)







 『どろろ』のレビュー、実はまだ途中でして・・その代わり久しぶりに公開初日に観賞した『ゴーストライダー』を。公開初日にもかかわらず人があまり入っていなかったのが意外でした。

 


 原作は『スパイダーマン』『X-MEN』でお馴染みのマーベル・コミックスの同名コミック。アメコミの映画化は多いですが結構当たり外れが激しいような気がします。しかしアメコミ原作で本作と似たようなジャンルである『コンスタンティン』、この作品は大好きなのですよ。なので、ニコラス・ケイジ主演と言う事もあり、本作の公開を楽しみにしていました。


 オープニングの激しい音楽と共にスクリーンに展開する‘ライダーの視点’。まるでジェットコースターに乗っているかのようなきにさせるスピード感ある作りでこ、気に入りました。


 ストーリー序盤は主人公・ジョニーの過去が描かれ、ニコラス・ケイジはまだ登場せず変わりに青年ジョニーが活躍。父と共にスタントライダーをするジョニーは父の為に悪魔に魂を売り‘契約’をしてしまう。その契約とは悪魔の手先となって人間界に逃げた悪魔たちを地獄に送り返すといったもので、この契約がジョニーの運命を大きく変えることになる。


 この青年ジョニー役の俳優とニコラス・ケイジが『ディパーテッド』のマット・デイモンとその少年時代を務めた子役のように似ているのならいいのですが、似ていないんですよね。なので、その似ていなさに何だか可笑しくなってしまいましたが、この青年時代のジョニーはなかなか良い味出ていました。  



 時は流れ、一躍大スターとなったジョニー。ジョニーが挑戦するスタントは非現実的でいかにも漫画っぽいのですがスタントシーンは迫力があり、どんな危険なスタントでも必ず成功させる姿がカッコいいです。そんなジョニーのもとに再び悪魔が姿をあらわし「契約を果たせ」と告げジョニーは顔は骸骨で炎をまとったモンスターに変身させられてしまう。


 この最初の変身とヘルバイク登場シーンは「ついに来たか!」と思うほど何故か嬉しくなってしまいました。またこのシーンのニコラス・ケイジの演技が良い。またバイクが走った道には炎のラインが引かれ、周りのものは爆発炎上とどこか漫画っぽさがある炎のCGなど変身後にヘルバイクに乗って街を走る描写もカッコいい。

 

 ゴーストライダーとなった姿や動きはなんともカッコいい、これにつきます。なんでしょう・・・派手なアクションはないのですが惹かれるものがあるんです。



 しかししゴーストライダーになったジョニーにあまり悲壮感が感じられなかったのでキャラクターにあまり深さがなかったのが残念な所。というか作品自体軽い印象を受けました。本当に軽い。軽いのですがそこがまた私は良いな・・・と思ったのです。



 アクションシーンに派手さはないし、敵役であるブラックハート達の個性もあまり無く、ブラックハートの手先であるヒドゥンの能力が十分に描かれていなかったり、登場の仕方などに突っ込みたくなる部分がある。ラストバトルもやや物足りなさがあり、駆け足気味。そして作品自体も軽いのですがこの何だか‘緩い’感じが本作の魅力では?と思いました。



 所々にユーモアがあり、ニコラス・ケイジやエヴァ・メンデスのコミカルな演技(ここで映画館には笑いが・・(笑))にクスリとさせられ、主人公もヒーローなのにどこか抜けている感がある。何だか独特の雰囲気があるんですよね、この作品。そして全編CGを使うと共に漫画っぽさが随所に見られる映像など本作ツボに嵌るひとは嵌るがそうでないという人もでてくるかと思います。また音楽がカッコいいので注目を。



 本作は物足りなさを感じる部分は多いのも事実ですし、何度も言いますが全編色々な意味での‘漫画っぽさ’があります。アクションシーンも少ないので期待しているとがっかりする方もいるかと思います。この独特の雰囲気を受け入れ世界観に入り込む事が出来るか否かで評価が分かれるかと思います。
 



次回作がありそうな終わり方でしたので、続編があるならばそちらに期待します。私は結構好きですね~この作品。気軽に観るにはお勧めです。





ゴーストライダー@映画生活

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。