スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【od3】踊る大捜査線 THE MOVIE 3 大ヒット御礼舞台挨拶!

日が経っておりますが、行ってきました!踊る大捜査線3 大ヒット御礼舞台挨拶!


完成披露試写会、初日舞台挨拶共にハズレ意気消沈していましたが、
必ずヒット御礼舞台挨拶をやってくれると信じてました。


もう、ヒット御礼舞台札決定と聞いた時は何が何でも行かなきゃ!!とすぐに半休申請(苦笑)
こういう行動は早い・・・(^^ゞ


7月27日(火)という平日にやるとなると、社会人は大変です。
この日有休取った方多いんじゃないでしょうか(笑)


最初の関門としてチケット確保がある訳ですが、
今回の舞台挨拶は有楽町・日劇、六本木・TOHOシネマ、お台場・シネマメディアージュの三か所を一日10回もこなすという登壇者にとって物凄くハードスケジュール。


そしてこちらもどの回を観に行くか悩む悩む。
聖地・お台場の最終回はかなりの倍率だろうし、平日にチケットぴあでチケット取ることは難しいだろうなと思い、確実に見られそうな六本木の15:35~の回にしました。


チケット発売時間前からPCの前でスタンバイ!しかしTOHOサイトが激重で苦戦している間に前列センターは埋まってました。仕方がなく前列の端を確保。



そして待ちに待った27日。
質疑応答の内容は私が記憶している物の為、異なる場合がございます。
織田さんに会えた感動で結構飛んでますので悪しからず。。。

私、織田さんは『お金が無い!』からのファンでして、もう本当に生 織田さんを見られるなんて信じられませんでした。

織田さんって舞台をやらない方なので、映画の舞台挨拶かライブでしかお会いできないんですよね。
なので、今回が初 生・織田さん!


当日の劇場は超満員。
ドキドキしながら舞台挨拶をまっているとフジテレビの笠井アナが登場。

「おお!笠井さんだ!!」と もうここでテンションが上がる。
流石ベテランアナウンサー、進行がとてもお上手だし、面白い。
場内が和やかな雰囲気になったところで「それではまずは主演の織田裕二さんです!」と笠井さん。


ついに来ました・・・10年来の夢が叶う時が。

颯爽と現れた織田さんは満席の場内を見てとても嬉しそう。
そしてちょうど私の前の複数名の方が織田さんに手を振っていたお陰で、織田さんがこちらを見てくれました。
しかももの凄く爽やかで素敵な笑顔で・・・!


あまりのカッコ良さに思わずニヤけました(笑)

ブラック系のスーツに白いシャツ姿の爽やかで男らしい出で立ちの織田さんはTVや映画で観たまんまなのですが、
やはり生でみると迫力というかオーラが凄くて物凄くカッコよかったです。

続いて本広監督と亀Pの登場!
本広監督は背が高くて大きい。亀Pは細いが渋い!というのが私のお二人を見た時の第一印象。


今回はティーチインという事でお客さんが直にお三方に質問が出来るという素晴らしい機会だったのですが、
私、ティーチインとは知らず、質問全く考えてなかったんです^_^;今思うと大失敗。


最初の質問者の方はどうやら織田さんのファンの方の様でした。
「踊る大捜査線を見て警察官になりたいと思ったが、身長が足りず諦めました」とおっしゃってましたが、
それを聞いた織田さんが「今は身長とかそんなの関係ないけどね。・・・それならすみれさんなんか・・・」との発言に監督が慌ててストップを入れる(笑)

「織田さんが今も追いかけている夢はありますか?」といった質問に熱く丁寧に自身が本作含め作品づくりに掛ける情熱を語る織田さん。
「現場はホント凄いですよ。ぶつかり合ってます」と織田さんが言うと、監督が「(僕らは夢を作り上げるべく、)夢をぶつけ合ってますからね」と言った趣旨の事をおっしゃってました。
それを聞いて織田さんが「かっこいいな~」と言い場内は笑いが起こる。



次の質問者の方は来られなかったご友人から質問を預かってきたとのことで、
そのご友人の本名を出した為「本名いいですから!」と慌てる笠井アナとお三方に場内爆笑。

「前作から7年、係長になった青島ですが、7年間の変化は?」との質問に
「係長になって部下が出来たわけですが、今まではユースケとか真下とかがいて・・・」
と真顔で語る織田さんに客席がざわつく(笑)

「え?なんか俺、今変なこと言いました?」と天然な織田さんが可愛らしい(笑)


笠井さんや監督に「今ユースケとか真下とかって言ってたよ!」との突っ込みに
「どうしてもいつもユースケって言ってるからユースケって言っちゃうんだよな~」と照れ隠し(なのか??笑)に場内和やかムード且つ笑いの渦。
それだけ仲が良いという事なんですか^_^



私が観た回は5回目の折り返し地点と言う事で、かなりお疲れだと思うのですが、
そんなことを微塵も感じさせないあたりはやはりプロですね。
織田さんをはじめ踊るスタッフの皆さんのファンを大切にする姿勢と言うか想いは凄いなぁと改めて感動しました。
この企画もそうですし、完成披露試写会の追加募集の枠確保に奔走して下さったり。
だから今でも沢山のファンに愛されるんでしょうね。



では長々と書いてますが、まだ書きます・・・
追記ではネタばれで青島とすみれさんに関する事を。




スポンサーサイト

続きを読む

テーマ : 踊る大捜査線
ジャンル : 映画

『ジョーカー 許されざる捜査官』 第二話

出演:堺雅人(伊達一義)、杏 (宮城あすか)、錦戸亮 (久遠健志)、りょう (片桐冴子)、大杉漣 (三上国治)、鹿賀丈史 (井筒将明) 他

※()内は役名

第二話放送日:2010年7月20日(火) 21:00~ 『保険金殺人に隠された罠』  @フジテレビ 


<第二話 あらすじ>

老人ホームが全焼する事故が起こった。その後入居者のうち5名に施設経営者を受取人にした生命保険がかけられていた事が分かる。伊達は、施設の経営者・春日を事情聴取するが、春日は入居者の希望で受取人になっていた。
この火災は本当に事故なのか?殺人ではないのか・・・?殺人の可能性を感じた伊達は事件当日にインフルエンザの予防接種を担当した医師・羽鳥のもとへ。羽鳥は出荷原因とされたスズエの夫の主治医であり、スズエは羽鳥の医療ミスで夫は死んだと思っていた。そこに目を付けた伊達は羽鳥に犯行の可能性を疑うのだが・・・







別記事ですが、拍手頂き有難うございます!


さて遅ればせながら『ジョーカー 許されざる捜査官』 第二話の感想をネタばれありで。


※ 以下ネタばれしておりますのでご注意下さい。





今回は老人ホーム、保険金殺人、現代家族の繋がりの希薄さ等社会風刺が効いた話でありました。

老人ホームで火災が発生。出火元はホームの入居者であるスズエの火の不始末が原因とされ、
事故で処理されようとしていた。
出火元にされたスズエ宅を訪ねるとスズエの息子夫婦は世間の嫌がらせに苦しめられていた。
「何年も会ってないから関係ない」と言う息子夫婦。
親を老人ホームに預け、殆ど音信不通状態というのは何とも悲しいが、こういった家庭が現代では多いと思う。


犯人である施設経営者の春日はお金の為に、共犯の羽鳥は自己保身の為に今回の保険金殺人を行う。
私利私欲の為に平気で犯罪を犯すという人間性が欠落してしまった犯罪者もそうだが、
この事件は現代社会が生み出した事件とも言えるような気がした。



しかし、今回の捜査はややご都合主義だったような気がしてしまった。
違法捜査を行う下りは宮城と久遠のキャラ立ちがして良かったとは思うのですが、
折り鶴にメッセージが書いてあり、それが決定打となるのはどうなんでしょう。

折り鶴の設定はやや強引かな・・・なんて思ってしまいました。
面と向かって言えないが、鶴に家族の幸せ祈る思いを込めていたという事なのですが、
あれは鶴を開かなきゃ気付かないじゃないか!?
一度織られた物を開くなんてめったにしないので、確実にあのメッセージを伝えられる可能性はかなり低いのに何故?と思ってしまったのです。

・・・いかんなぁ、気にしすぎるのは^_^;



春日を公務執行妨害の別件逮捕で引っ張ってくるが、
いかんせんタイムリミットは46時間!
伊達刑事は冷静に淡々と春日を追い詰めるが、確たる証拠がないため完落ちさせることが出来ず、
春日は釈放される。


・・・伊達さん、夜の制裁者の顔を描かれる以上これでは一度も落とすことが無いのではと心配になってしまった。状況証拠があっても落とせないんじゃ。。
前回の犯人は検察上層部の人間の息子という設定だったので、法の目から逃れたのは分かります。
しかし今回のは決定打となる証拠は見つけられたんじゃないだろうか。
そこがちょっと設定というか、作りが粗いなぁと思ったところでした。



釈放された春日をやはり今回も“制裁”する伊達刑事。
フラッシュバックされる過去で大杉漣さん演じる三上との関係が分かりましたね。
この過去のシーンが今回で一番好きなシーンです。
恐らく三上は伊達刑事がしている事を知ってるんでしょうね。
課長も知ってそうですが、もしかしたら“神隠し”にも関わってるなんてこともあるのかな・・?



制裁者・伊達刑事の取りだした銃がサイレンサー付きだったので、
今回はもしや・・・と思ったのですが、
その後のシーンを見ると撃たれたのに春日生きてましたね。


あの至近距離で撃たれて平気だなんてどんな銃なの??
サイレンサー付ける意味なかったんじゃない・・・^_^;

やはり21時枠だからか。


また島流しするのでしょうか。

前回も言いましたが残酷なシーンを観たいわけではありませんが、
毎回これだと何だか消化不良というか、中途半端と言うか。。。


決め台詞「俺が裁く」「お前に明日は来ない」がかっこよくて好きなだけに何だかちょっとその辺が残念。



しかももう久遠にばれてしまった・・・!

どうするの?久遠も仕事人と化すのだろうか。



色々頑張ってほしい、ジョーカー第三話!!



追記では単なる堺さんファンとしてのつぶやきを(笑)



続きを読む

テーマ : JOKER ~ジョーカ-
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ジョーカー 許されざる捜査官』 第一話

出演:堺雅人(伊達一義)、杏 (宮城あすか)、錦戸亮 (久遠健志)、りょう (片桐冴子)、大杉漣 (三上く国治)、鹿賀丈史 (井筒将明) 他

※()内は役名



【第一話 あらすじ】

河川敷で少年の射殺死体が発見される。犯人は殺害前に少年の両手両足を紐で縛り、意図的に急所を外して撃っていた。少年の惨い姿に犯人への憎悪を抱く伊達。その後改造されたエアガンで撃たれたことが判明し、伊達らは捜査を開始する。そんな中、改造銃を作ったと木内という青年が出頭してくるのだが・・・・



第一話放送日:2010年7月13日 (火) 21:00~ フジテレビ






舞台記事等に拍手頂いた様で、有難うございます(^^)



さてジョーカー。放送決定の情報が流れてからかなりこの日を楽しみにしておりました。
なんてったって堺さんドラマ初主演!初刑事役です。
堺さんを毎週観られるなんてなんて事だ!と情報公開時は大騒ぎしたわけですが、
ついに第一話放送日を迎えました。


7月13日は「めざましテレビ」に始まり、フジテレビジャックをされた堺さん。
めざましテレビでは何だか緊張されていたような・・錦戸君が隣にいて良かったと公式ブログで書かれてましたしね。


さて、第一話。
私、情報公開時は海外ドラマ『デクスター』みたいなドラマなの?とか書いてましたが、本当にそう思ってました。
だって刑事が制裁下すって・・・『デクスター』みたいに殺人警官なのかと思ったわけですよ(苦笑)しかし、堺さん演じる伊達刑事は全く違いました。あとお話も。
因みに『デクスター』はこれです↓

Dexter: Complete First Season (4pc) (Ws Ac3 Dol) [DVD] [Import]Dexter: Complete First Season (4pc) (Ws Ac3 Dol) [DVD] [Import]
(2007/08/21)
Michael C. HallJulie Benz

商品詳細を見る


・・・彼は趣味です(苦笑)


堺さんファンの視点を絡めながらもなるべく客観的に感想を(書いたつもりです・・)。



以下ネタばれありです。ご注意ください!




何やら重々しいテロップから始まったと思いきや、冒頭から21時台とは思えぬシーン。
伊達刑事の過去は何だかかなり訳ありの様です。
やはりこの手の主人公は暗い過去があるんだな・・。
両親がドラム缶に入れられ、自身は犯人を刺すという暗い過去が伊達刑事が“制裁者”となったきっかけと言う事なのでしょう。この過去は今後語られるんだろうな。



暗い幼少時代の過去話から現在へ場面は移行。
何とも冴えない伊達刑事の姿が・・・ジャージの謎が解けた。
履き替えたのか。しかもスーツにジャージという凄い格好で現場検証へ。
周りの刑事達から“仏の伊達さん”と呼ばれ親しまれる・・・というかバカにされている。
そんな事は気にせず鑑識の久遠や新米刑事の宮城と共に捜査を開始。

現場検証の時に宮城に憎悪のオーラを感じ取らている伊達刑事。

夜の顔への伏線。


どこか影があり、訳ありの雰囲気は久遠ら各登場人物も抱いている為、今後の展開に注目。
特に宮城の兄の存在が気にかかる。
昔伊達と組んでいたようだし、何より亡くなった理由がきになる。
伊達の制裁者としての顔と何か関係がある気がする。

しかしこのドラマ、21時台にやるのはやはり色々と無理がある気がする。
少年が撃たれるシーンの声とかやけにリアルでしたし、あのビデオとか(深夜枠じゃなくてもOKなのか、あれは(笑))。
犯罪描写は「これだけ酷いことをしたにも関わらず罰せられず、犯罪者が世に放たれる」という不条理さ、
憤りを視聴者と主人公が共有するのに必要不可欠だと思います。

なので、ここを中途半端に描いては駄目だと思いますが、う~ん・・・
犯人の狂気が何だかステレオタイプなのがどうも。
ちょっとあれは過剰演出というか演技の様な気がしました。
一歩間違えれば浮く気がしたので危ういですね、ああいうの。




伊達刑事の制裁、黒い堺さんを楽しみにしていましたが、“制裁者”のシーンが少ない・・。
そして恐らくこれが本ドラマのメインであると思うのに意外とあっけない制裁。
別に残酷なものが観たいというわけではありませんが、なんでしょう。
何か物足りなさを感じてしまいました。


しかも島流しですか....?

今後も犯人たちは島流しの刑に処されるということなのだろうか。=生き地獄⇒無間地獄ということ?

でも木内撃たれてましたよね?あれで島流しにされても出血多量で死んでしまう気がするのだが・・・謎だ。



本作は扱うテーマが現行刑法や被害者心理、正義の定義、復讐の連鎖、人が人を裁くという事の重み等だと思いますが、第一話を見た限りだと社会派ドラマ・・とまでは未だその域に達していないかなと思いました。


テーマがテーマですし、せっかく堺さんが二面性がある刑事役なので、
もう少し深く、そして重くダークにしても良いかなと思いました。
硬派で行くのかと思いきや、どこかスタイリッシュに作った印象も受けましたし。

あと“仏の伊達さん”というあだ名がまだ活かしきれてないような気もしましたね。

まだ第一話はなので次回以降の展開にその点含めて注目ですね。


まぁ毎週堺さんに会えるだけでもう良いか!とも思ってますが(笑)



しかし、堺さん、『日輪の遺産』の撮影で丸刈りにされたので、カツラを着用していると思うのですが、かなり自然ですよね~このカツラ クオリティ高すぎ(笑)。

また着替えてるシーンの背中をみて、『クヒオ大佐』の時よりもちょっとふっくらした?と気になりました。
今回も役作りで体重増やしたのでしょうか。

見どころの一つにもなっている(?)アヒル口。
これこのドラマだけみたいになってますが、堺さんってよくアヒル口されてる気がする。
他作品だったか、普段の時だったか定かではありませんが、何か観た事あるですよね~。
上司がアヒル口なんてしてたら「え・・」と思いますが、堺さんがされると可愛らしいのでokです(笑)





関連:
祝初主演!『ジョーカー 許されざる捜査官』


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

観劇 『At home at the zoo』

作:エドワード・オルビー
演出:千葉哲也
出演:堤真一、小泉今日子、大森南朋

鑑賞日:2010年7月7日 ソワレ @世田谷シアタートラム 


< Story >
Ⅰ― 出版社に勤めるピーターは妻と娘二人、そして猫とインコと暮らす平凡だが幸せな家庭を持っている。
自社の本を読むのに夢中なピーターに妻のアンはさらりと一言。「話があるんだけど」・・・・

Ⅱ― 公演のベンチで本を読むピーターに突然「動物園に行ってきたんだ」と声をかける青年。
彼の名はジェリー、一方的に話をする彼の話を聞くうちに・・・







堤さんのお誕生日の日に観に行ってきました。
(当日の我がサイドストーリーはこちら


バースデイサプライズがカーテンコール時にあるのかなとちょっと期待していたのですが、
何もありませんでした^_^;
舞台裏ではお祝いされていたのかもしれませんね。


7月8日にはあの踊る大捜査線の本広監督がいらしてたようですよ。
一日違い、惜しい!


本公演は二時間休憩無しで二部構成。
休憩無しですが、舞台の世界に引き込まれて苦ではありませんでした。

ネタばれ無しで書こうと思いまいたが、考えを整理する為、ここからはネタバレありで書いています。


! 以下ネタばれあり。未見の方はご注意ください。



第一幕:ホームライフ   ピーター(堤真一) + アン (小泉今日子)


真っ暗な舞台の中央は大きな穴が。
深い深い闇がそこにある。そんな空間に怪しげな雰囲気を纏ったアンがひょっこりドアからその穴をのぞき見るように顔を出し、また戻っていく。

この暗い穴の底からソファーに座り読書をしているピーターがせり上がってくる。
先ほどまで真っ暗だった舞台が一瞬にしてリビングへ。

実に上手い演出。
この舞台は舞台装置そのものが作品のテーマであり、各登場人物の深層心理を表しています。
この大きな暗い穴こそこの家庭が実は危ういという事を表していると共に、
妻がこれからピーターに打ち明ける本音とピーターの心に潜む無自覚の負の感情を表現したものではないかと解釈。



出版社の役員という地位につき、妻アンと娘、ペットの猫とインコと穏やかに暮らしているピーター。
彼の生活はまるで絵に描いたようでまさに“アットホーム”である。

穏やかな日曜日、いつものようにリビングで読書をしていると、妻アンがリビングにやってきてピーターに声をかける。


「話があるんだけど。」


突然妻からこんな事を言われては穏やかではいられない、恐ろしく落ち着かない気持ちになるはずだ。

遠まわしに、たわいもない会話を繰り返し、やがて彼女の口からでた言葉に困惑するピーター。
夫を愛しているし、今の暮らしも幸せで満足はしている、してはいるのだが、満たされない。
もっともっとと求めるのは人の性。

平凡で単調なこの暮らしから一歩踏み出したい、それには何か刺激が必要である。
そこでアンがピーターに求めた物は“カオス”であり、“動物になれ”“痛みがほしい”ということである。

常識人のピーターは何が何だか理解できない。
挙句の果てに彼女の口から卑猥な言葉がポンポン出てくるのだからどうしたものか・・・


意味を履き違えたピーターも過激な話を動きつきで話し始める始末・・

お二人とも凄く過激なセリフをマシンガンの如く言うので驚きました。
凄い露骨なのは夫婦として会話をしているという証なのでしょうし、舞台が自由の国アメリカだからなのでしょうか。

欲望のぶつかり合いとも取れるし滑稽でどこか虚しさもあるこの会話。
笑いの中にある暗い影が何とも怖い。

次第にピーターの別の顔を知ることになるのだが、アンはまるで興味がない。
男と女の違いが垣間見える瞬間、次第に二人の中で狂気が生まれ始める。

感情の動きをテーブルの上にある振り子がその異変を感じ取ったのか動き始める。

一幕は二幕目への伏線が複数。
アンの「動物になって」という彼女の言葉、彼女の求めるものが自分にはないと悟ったピーターは心に深い空虚感を抱くとこになるのですが、これをまた舞台装置で表現。
一幕目から二幕目に移行する際にマンホールサイズの穴に肩を落とし、うつむき影かかった堤さんが吸い込まれていくんです。


第二幕 : 動物園物語  ピーター (堤真一) + ジェリー (大森南朋) 



第一幕から第二幕へ移行するの演出もまた秀逸。
一幕終わりに穴へと沈んでいった堤さんが今度は穴から顔を出し這い上がってくるのですが、
暗闇の中顔だけ照明が当り、その映し出された表情が先ほどまで観た温和なピーターの表情ではなく、
どこか恐ろしい不吉な表情をしているんです。
堤さん、流石ですね~ちょっとぞっとしましたもの。

公演のベンチで読書をしていると突然見知らぬ青年から「動物園に行ってきた」と声をかけられる。
基本ピーターというキャラクターは受け身なのですが、二幕目は大森南朋さん演じるジェリーを吸収するかのごとく完全に受け身です。

ピーターとジェリーは全く正反対。

生活環境の違いが服装に表れており、ジェリーのセリフの端々にピーターとの違いを窺い知ることができます。
ちょっとおかしい青年ジェリーの話を何故ピーターは聞いてしまうのか。
それは全て一幕のアンのあの「動物になってほしい」から来ていると思います。

なぜならジェリーはまさに妻が求める動物的な人間だったから。

自分にない物を持つジェリーの話を聞くとで自分も動物になる事が出来、心の空洞をを埋めることが、妻に認められることが出来るのではないかという考えが無自覚的にあったのだと思うのです。

また深い孤独を抱えて暮らすジェリーはピーターに近づきたい気持から愛嬌ある仕草と話し方をしてくる。
ジェリーは犬の話をしますが、ジェリーこそ犬ではないかと思ってしまう。
彼は狂気の人の様だけど、実はそうではなく、ただ孤独なだけ。
そして彼もアンと同様に心をもっと満たしたい、現状から抜け出したいという気持ち強い。



「動物園に行ってきた」


ジェリーは本当に行ったのか?いや行っていないのではないか。
彼の言う動物園はアンの「動物になって」に掛るものであり、
その対比としてジェリーはピーターに「あんたは植物だ」と言うわけです。


動物と人間の違いとは何か。
それは理性ではないか。

常識人のピーターは実に理性がきく人であるし、
人は理性という名の檻で暮らしているからこそ秩序が保たれているのだと思う。

しかしそんな世界にずっといると退屈してしまうのも人間。
平和が続くと正反対の世界に興味を持ってしまうのも人間の性で、抑制された負の感情を理性と言う名の檻から出て自由に吐き出したいと思ったのがアンとジェリーなのではないか。


動物園とは私たちが生きるこの現代社会。
飼いならされた動物が自然界に放り出されたらどうなるか、自分の力で生きていけるのか?

そこに生み出されたカオスにどう対処すのか。
そもそもそんなカオスに満ちた世界は幸せなのか。

ジェリーの話を聞くうちにピーターの中に眠る負の感情が殻を破るその時、
日常生活に潜む狂気が表に出て、やがてあの結末を迎える。


ピーターは植物から動物になった・・・しかしそれで彼は幸せか?

あのままアンの待つ家に帰り、先程の出来ごとをアンに話したところで
彼女が待ち望む“カオス”を与えたところで彼女は満たされるのか?


私はノーだと思う。
動物園の動物は檻から外にでたら生きてはいけないと思うから。


不条理に満ちた世界の縮図のようなこの二幕。
こんなに長々と感想を書いてしまう程の奥が深い味わいのある舞台でした。




追記は各役者さんと雑感!







続きを読む

テーマ : 演劇・舞台
ジャンル : アイドル・芸能

7月7日 『At home at the zoo』 堤さんお誕生日!

昨日は堤真一さんのお誕生日!
一日遅くなりましたがお誕生日おめでとうございます。
七夕の日がお誕生日なんて素敵ですよね。

さてそんな七夕の日に堤さんの舞台『 At home at the zoo』を観てきました。

噂通り、結構難解な内容でした。感想は近日中に別途書きますので宜しければご覧ください^^
⇒感想はこちら 『At home at the zoo』


今回はお誕生日という事で、堤さんにプレゼントを用意して行きました。
生まれて初めてですよ・・・芸能人にプレゼントとファンレターを渡すのは。
もうバースデーカードなんて、愛の告白をするかのごとく書くのに緊張して、
おかげで変な文章になってしまったという(-_-;)


プレゼントも何を買ったら良いのか分からず店内をうろうろ。
お花は邪魔になるだろうし、そうだ!苔だ!とか思いましたが、
苔は堺さんから貰ってるかもしれないので無しの方向へ(笑)


確か雑誌で最近ジムに行かれているとおっしゃってたのでジムや舞台稽古中に使って頂けたら良いな~という思いを込めて某ブランドのタオルをプレゼント。

某デパートの店員さんが素敵な包装をして下さったので感謝!!



いざシアタートラムへ!
到着してびっくり(@_@;) 当日券を求めていらした方の大行列が出来てるではありませんか!
そりゃそうですよね、堤さんに大森南朋さん、小泉今日子さん共演となれば何が何でも観たいですものね。


当日券の方は立ち見になるのかな?
昨日は座席の両端の通路の壁に沿ってずら~と立ち見の方がいました。
結構入れてる様なので、当日券狙いの方は頑張って下さい!一人でも多くの方が観られることを祈ってます。


話が脱線しましたが・・・


プレゼント。私渡したことが無いのでどうすりゃいいんだ(・・?とホールでキョロキョロしていたら、
シス関係者(?)の方の後ろに幾つかプレゼントの様な物があったので聞いてみたところ受け取って頂けました!


もうど緊張だったので話が噛み合わない(笑)
「カードありますか?」と言われたので「何!先に何か渡さなきゃいけなかったのか!?」と焦りました。
ま、要するに送り主の名前が確認出来る物の事だったんですけどね(^^ゞ


堤さんに渡して下さいと言った時の恥ずかしさと言ったらない!(笑)

「きちんとお渡しします。」と言って下さったからもう堤さんに渡ってるのかな~
バースデーカード読まれてるのかな・・・・恥ずかしすぎる・・。



しかしもう46歳なのですね。何故でしょう、見えませんよね。
今年は『SP 野望篇』『ヤマト』 舞台『K2』、来年は『SP 革命篇』『プリンセストヨトミ』が控えてますね。
今後の益々のご活躍お祈りしております!!



『K2』といえば、速報チラシをゲットしてきましたよ!
チケット一般発売は10月になるみたいです。
という事は先行は9月末???







プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。