スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ジョーカー 許されざる捜査官』 第六話

出演:堺雅人(伊達一義)、杏 (宮城あすか)、錦戸亮 (久遠健志)、りょう (片桐冴子)、大杉漣 (三上国治)、鹿賀丈史 (井筒将明) 他

※()内は役名


第六話放送日:2010年8月17日(火) 「子どもの虐待・・・救えない命」


< 第六話あらすじ >
窃盗事件を追っていた伊達ら捜査一課は所轄からクレームを受ける。
なんでも父親から虐待されていると噂の小学生の自宅に久遠が許可なく上がり込んだという。
虐待ではなく“しつけ”であると確認されていた家であった。
しかし虐待を確信した久遠は自宅へ上がり込んだ際に虐待の被害者とみられる小学生・文弥に自分の携帯を渡し、伊達から借りた携帯でメールをする。久遠とのやりとりを続けるうちに心を開いていく文弥であったが・・・・







世間は第七話で盛り上がっているであろう中で先週のJOKER感想です。
毎度遅くて検索で来られた方すいません^_^;
第六話は久遠が主役。先週観た映画『インセプション』同様“過去と向き合い、前進め”というメッセージが込められていたなと思います。
ラストで伊達刑事がそのままのセリフで久遠に言ってますが。


※以下ネタばれです!




虐待という世相を反映した今回のお話は久遠の過去に直結する物でもあり、
色々な意味で今までとは作風が異なる回だったと思います。

たとえ虐待してるのではないかと回り近所が気付いたとしても、警察が介入するのは容易ではないなという現実。救える命を救えないという憤り。
そしてこの様な事が毎日どこかで起きていると思うと本当にやるせない。
実の子供に手を挙げるという人間性が欠落した人が多くなっているというこの現実は恐ろしいものがあります。
そんな思い巡る回でした。


自身も幼少期に実の父親から虐待を受けていた久遠は過去の自分と文弥を重ね、
何としても助けたいと思い「メル友になろう」と自分の携帯を文弥に、自分は伊達から携帯を借りて文弥にメールをする。

最初は警戒していた文弥であったが久遠が「自分も虐待を受けていた、周りに気付かれたくないからいつもへらへらしていた」と打ち明ける。

虐待を認めはしないが「気持ち分かる」と次第に心を開き、二人の交流は深まっていく。

久遠との交流を通じて次第に明るく前向きになっていく文弥、は久遠との野球観戦の約束を楽しみにしていた。
そんな矢先、文弥が自殺したとの一報が入る。

父親にお酒はやめてと勇気を出して言った文弥君は未だ父親を信じていた。
しかしその思いは届かず暴力を振るわれる。
このシーンは観るのがとても辛かった。


虐待している実の父親というのが高杉亘さんなのですが、『踊る大捜査線』 SAT草壁中隊長のイメージが強いので、違いにびっくり。『お金がない!』では弱気なチンピラ役だったりと演技の幅が広い俳優さんですね。
もう極悪非道な父親にしか見えなくて、久遠ではないけれど制裁すべきと思ってしましましたもの。


自殺と聞いて駆け付けた久遠の「救えなかった」という悔しさと、悲しみ、父親への怒りがあの文弥君のほっぺたをひっぱる仕草から伝わってきて辛い辛いシーンでした。



自殺ではないと疑った伊達刑事は単身父親を訪ねて事件当時の事を聞き、そして文弥君の利き手を父親に尋ねる。
すると父親は当然のように「左利きだ」と言うが、実は文弥君は右利きで、好きな巨人の選手が左投げの投手であったので、真似て左投げに変えていたと父親に言い放つ。

この後の「僕にとっては疑いには十分すぎる事実」と言う堺さんの表情が何とも鋭くて穏やかな仏の伊達さんから一瞬夜の顔へと変わるんですよね。

しかもその後父親に背を向けた瞬間の表情が『蛮幽鬼』のサジが見せる黒い微笑みと似ていたのでこのシーンは好きです。
・・・細かくてすいません(^^ゞ



制裁をしてくれと頼む久遠に確たる証拠もないのに行ってはいけない。それではあの父親ら犯罪者と同じであり、自分たちがしていることは復讐ではないと諭す伊達刑事。
制裁を拒否された久遠は単独で父親に制裁を決行。
三上を呼び出し“神隠し”を行おうとするが、駆け付けた伊達刑事に止められる。



過去の自分と向き合い戦え。



分かってはいても憎悪を抑えることができない久遠。

そこへ宮城から逮捕された窃盗団の一人が父親が文弥君を落とすのを目撃していたとの連絡が入る。


JOKER初、犯人逮捕で終結。
刑事ドラマなのに逮捕が初めてというのは何だか異色ですよね、このドラマ。

文弥君が最後に残した久遠へのメッセージといい、泣きました、今回は。

そしてあすかの兄・夏樹殺害事件の真相に迫る冴子とあすか。
此方も目が離せませんね。



バーでの三上と伊達さんの会話は衝撃的。
まさか伊達さんが課長のアリバイ偽装していたとは。
そしてナイスタイミングでバーに現れた課長。



やはり黒幕は課長なのか??




おまけ<第六話の伊達さん>:取調室で久遠に言った優しい「馬鹿やろう」にやられました・・・なんだあの「馬鹿やろう」は!胸キュンです(死語)笑

今回は上司らしさが全面に出ていた伊達さんですが、三上の前ではいつも幼い気がします。
可愛いことには変わりありませんが(笑)
スポンサーサイト

テーマ : JOKER ~ジョーカ-
ジャンル : テレビ・ラジオ

蛮幽鬼カフェに行ってきました。

実際に行ったのは先週なのですが、劇団☆新感線『蛮幽鬼』のカフェに行ってきました。

昨年の秋公演であった『蛮幽鬼』は堺さん目当てに観に行ったのですが、
これが私の人生を変えました。
初・新感線、初・観劇だったのですが、迫力ある演出、壮大なストーリー、生で観る豪華俳優陣の演技合戦・・・今まで体験したことのない世界がそこにありました。

もう衝撃でしたね~そして何で今まで観に行かなかったんだろうと後悔しちゃいました(^^ゞ

『蛮幽鬼』を見て以来他の舞台にも興味を持ち、
今では毎月1、2本は観に行ってます。

そう、まだまだ観劇歴は浅いのです。


と長い前置きはさておき。


10月2日から公開されるゲキ×シネ版『蛮幽鬼』の公開記念ということで、
現在新宿バルト9内のカフェは蛮幽鬼カフェとなっています。


新橋演舞場入り口付近に置いてあったあの蛮幽像がカフェにも登場!

蛮幽像


他には『蛮幽鬼』の舞台写真や、上川さん、堺さん等のインタビュー、他ゲキ×シネ作品のパネル展示もしてありました。


『蜉蝣峠』も一枚ですが飾ってありましたよ♪



また蛮幽鬼とのコラボメニュー「裏切りのベーグルサンドセット」なる物もありました。

この蛮幽鬼カフェ、9月9日頃までのようですので、お近くの方は是非!

新感線ファン、堺さんファンの方には堪らない空間だと思います。
なぜならば・・・劇場の大スクリーンで『蛮幽鬼』と堺さんが声優をされる『ブッダ』の予告編を観ながらカフェを楽しめるのです。



またコーヒーも美味しいので、一息つくのにお勧めです(^^)




テーマ : 演劇・舞台
ジャンル : アイドル・芸能

『ジョーカー 許されざる捜査官』 第五話

出演:堺雅人(伊達一義)、杏 (宮城あすか)、錦戸亮 (久遠健志)、りょう (片桐冴子)、大杉漣 (三上国治)、鹿賀丈史 (井筒将明) 他

※()内は役名


第五話放送日:2010年8月10日 21:00~ 「金の亡者・・・女弁護士の非情」


< あらすじ >
昨年起きた高校生殺人事件の被害者家族が練炭自殺を図り、遺体で発見された。
被害者家族がなぜと疑問を抱く宮城に久遠は被害者家族の車内にあった週刊誌を見せる。
そこには過剰な表現で家族の私生活が書かれていた。
週刊誌の記事を見ていた宮城は高校生殺人事件の加害者側の弁護士と、無罪判決を受けた椎名の担当弁護士が同じであると気付く。
それを聞いた伊達はこの自殺には裏があり、椎名の心神喪失偽装にその弁護士が何かしら関わっていると考え捜査を開始するが・・・






第四話での椎名の謎めいたセリフの謎が明かされる第五話。
第六話前に滑り込み感想!(笑)

今回は女弁護士・氷川成美役で鈴木砂羽さんがゲスト出演。
鈴木砂羽さんはNHK大河ドラマ『新撰組!』で堺さんと夫婦役だった方。
しかし今回は“敵”として登場です。



※以下ネタばれです。

今回伊達刑事が裁くのは今までとは違ったタイプの犯罪者。
法を熟知した弁護士が相手です。

実際に手を下しているわけでは無いため、たとえ金の為に高校生殺人事件の被害者家族を死に追いやったり、椎名の精神鑑定を偽装し、その偽装した鑑定士を自殺に追い込んでいたとしても確たる証拠がない。



妻を守りたいという強い気持ちを利用して、鑑定士を自殺に追い込むという非道な行いをしていても、逮捕はされない氷川は最終的に伊達刑事らによって制裁を受けるわけですが、
鑑定士・幸田の居場所を知っているが、伊達刑事に全く別の場所を言うあたりはもう、
故意にやってるわけですから、引っ張れる気がするのですが実際は難しいのでしょうか。



しかし金の亡者と化した弁護士・氷川は椎名という犯罪者を世に放っても平気なんですね。
精神鑑定改ざんだなんていくら高額の報酬がもらえても普通は出来ないと思います。
もう氷川の中で法の秩序等なく、人間性も欠落しているんでしょうね・・・

こういうタイプの人間が法律という力を得るという事は恐ろしい。
法とは「弱きを助け、強きをくじく」という物ではなく、法の解釈等様々ですから、使いようによっては弱きを助け~とは真逆の結果を齎す物でもあります。


伊達刑事は氷川のもとを去る際に「あなたにとって法とは何ですか?」に氷川に問いますが、氷川は答えませんでした。


彼女にとってもう法とは何かだなんてどうでもいい、金になる道具程度にしか思っていないのかもしれない。
直接的に手を下していなくても、彼女がしたことの責任と罪深さははかり知れません。



今まで自分を撮る事が無かった幸田氏の最後に撮影した写真が自分自身であり、また笑顔で写るその姿を見てとても悲しく、悲しみと同時にこうさせてしまった氷川の罪の重さを改めて感じました。



その憤りをまた制裁者・伊達刑事が晴らしてくれるわけですが、
気になったのは久遠。

彼は“仕事人”になる時はアロハシャツが黒になるんですね(笑)

伊達さん同様、夜の仕事は黒で行くんですね。なんだか無性に気になってしまいました。
どんな気持ちでアロハ選んだんだろうとかね(笑)

伊達刑事らの制裁が行われるとともに冴子も本気になって“神隠し”の真相を追い始めます。ついに宮城に協力を求めましたね。

なんだか女と男の戦いみたいに別れてしまったような・・?
神隠しの真相は宮城の兄・夏樹が殺害された事件がやはりキーになる模様。
あの回想シーンで刺された瞬間夏樹は「なんで貴方が・・・」と言っているので、
やはり課長が怪しい???

伊達刑事がやってたという展開だったらそれはそれで凄い結末を迎えそうだなとも思いましたが、課長犯人説が有力?

目が離せません!



おまけ<第五話の伊達さん> :幸田氏の自宅にあった金庫を開けようとしたシーンで、
解錠しようとダイヤルに手を伸ばす伊達さんに宮城が「開けられるんですか?」と言うと、
「昔バイトで・・・」と答えた伊達さん。
思わず突っ込んでしまいましたが、これはどうやら堺さんのアドリブだそうです。
なんておちゃめな(笑)


そんなおちゃめな堺さん、23日のSMAP×SMAPのビストロに出演されるようですね。
楽しみです♪

テーマ : JOKER ~ジョーカ-
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ジョーカー 許されざる捜査官』 第四話

出演:堺雅人(伊達一義)、杏 (宮城あすか)、錦戸亮 (久遠健志)、りょう (片桐冴子)、大杉漣 (三上国治)、鹿賀丈史 (井筒将明) 他

※()内は役名


第四話放送日:2010年8月4日 21:00~ 「無差別殺人に隠されたナゾ」


< 第四話あらすじ >
11人を死傷させた無差別殺人事件に無罪判決が確定した。被告人・椎名高弘の心神喪失が認められた為、
刑法第39条に則り無罪となったのだ。
被害者の一人である女子高生だけが執拗に3度も刺されていることを疑問に思う久遠は伊達に「これは無差別殺人ではないんじゃないか?」と問う。もし無差別殺人ではなく計画的な殺人であれば心神喪失は偽装ということになるが、無罪判決をいまさら覆すことはできない。
しかし、伊達は休暇を取り独自に調査し始める。





遅ればせながら第四話感想。第五話も追って載せます。

一話完結のジョーカーが同じ事件ではないものの、四話と五話で話が跨るのは珍しい傾向。
しかしそれが良かったのか、四話と五話(特に四話)はスリリング且つミステリアスな展開で引き込まれました。
なんといっても連続殺人犯役の窪田正孝くんの演技が良かったです。
「ゲゲゲの女房」とは全く違う役柄なので同じ人とは最初気付きませんでした。
前半と終盤の変わり様とかね。あれは凄い。



※以下ネタばれです。


久遠に昔の自分を見た伊達は“神隠し”の仲間に入れることにした。
バーのマスターで元刑事の三上は人が増えることの危険性を言い伊達を責める。
・・・確かにこういう事はあまり大勢でやると露呈するリスクが増しますからね。
しかし知られてしまっては引き入れるしかないですし、久遠はやる気満々ですし(笑)

完全に必殺仕事人の様になってしまった“夜の伊達班”。


今回彼らの制裁を受けることになるのが無差別殺人犯・椎名高弘。
心神喪失が認められ無罪が確定したこの椎名の鑑定結果を久遠が疑った事から思わぬ方向に。


事件のシーンは今までで一番残酷でリアリティーがあり、恐ろしくなった。
狂気に満ちた椎名の表情と逃げ惑う人々の描写は実際の事件を思い起こさせましたね・・・今思い出してもゾッとするシーンです。

無差別とされていたこの事件、女子高生だけ何度も刺していることから初めから彼女を狙っていたのではないかと疑う久遠。今さら確定した判決を覆すことはできないが、真実を知るべく休暇を取り調査し始める伊達。


調べていくうちに女子高生と椎名の接点を発見。
彼女の働いていたカラオケ店での喫煙を女子高生の父親に注意され、警察沙汰となり、その後退学をしていたことが分かる。

自分の人生をは女子高生の父親に狂わされたと考え、そして行為を抱いていた女子高生にも拒否された椎名は復讐の為に女子高生を狙ったのだった。

真実を知った父親は椎名を殺害しようと宮城を廃墟に呼び出し、伊達に椎名を連れてくるよう脅迫。
伊達は規則を犯し椎名を父親のもとへ連れてく。
父親のもとへ向かう車中の伊達刑事と椎名の緊迫したやりとりはドキドキさせられました。

堺さんのあの笑みを湛えた目がぐっと椎名を睨む瞬間、夜の顔がちらっと出るんですよね。
あの表情、好きだったり。


心神耗弱装うっていう話は某邦画でありました。ネタバレになるのでタイトルは言いませんが、
もし偽装のまま判決が下る様な事があったら(実際はないとは思いますが)凄く恐ろしいですし、
犯罪者が社会に放たれてしまう事になり、許すことができないですよね。

椎名が心神喪失ではなと知った父親の気持ちは分かります。
しかし被害者を加害者に、新たな犯罪者を生み出してしまうという不条理さが浮き彫りにされた今回の話は様々な実際の事件を思い出させて辛いものがありました。



なので、宮城が父親を脅迫罪だけにした時はほっとしました。
兄を失った彼女だからこそ父親の気持ちが誰よりも分かったんでしょうね。


女子高生の父親をはじめ、事件の被害者全ての想いを双肩に乗せて椎名への制裁を行う伊達と久遠。
そこで椎名から衝撃的な言葉が告げれる・・「俺一人で心神喪失が装えたと思うか?」

何者かが虚偽の診断を行い、椎名を庇った者がいると知った伊達と久遠は動揺を隠しきれない。

五話で誰が椎名の心神喪失偽装に関わっているかが分かるのですが、
この事件には様々な思惑が絡み合い五話で新たな悲劇が生まれてしまいます。


四話で初めて島流し後の映像が出ましたね。
どうやら監獄になっているようでしたね・・・無人島に作られた脱出不可能な監獄って事なのでしょうか。

あの島に集めて最終的には何かあるのかどうか・・



おまけ<四話の伊達さん>:毎回昼の伊達さんは可愛らしいのですが、今回は今は懐かし藤井あきらのトランプ手品が印象的でした。口から出てるようにあまり見えないのが残念!しかしそれが何か良い!(笑)
前回と良い、伊達さんは手品がマイブームなのだろうか??

堺さんが手品の練習をしている姿を思うと・・やっぱり可愛い(笑)
36歳の方に・・・申し訳ございませんm(__)m笑

テーマ : JOKER ~ジョーカ-
ジャンル : テレビ・ラジオ

『SP the mortion picture』のお台場イベントへ行ってきました。

『ジョーカー』の感想を書こうと思いましたが、こちらを先に。

8月9日にお台場合衆国にて行われた『SP the mortion picture 野望篇』のイベントへ参加してきました。
SP CREW枠でまさかの当選!
50名しか当たらない為、駄目もとで応募したのですが、会社で携帯をチェックしてビックリ!

「当選おめでとうございます」のメールが来ているではありませんか。
今年は何やら堤さん関連の運がついている??


公式サイトでも何をやるか明かされておらず、当選メールにもイベント内容は書かれていなかったので、
何をやるのか全く分からない状態で当日を迎えました。

因みに当選メールにはSNSやツイッター等でイベントに関する情報は混乱を招くので公開しないようにという注意事項と、集合場所のみ書かれていました。


さて、当日。SP CREW枠50人と岡田君(というかV6?)のFC枠で当選された方で約100名はいたのかな・・?当選者は集合場所で受付完了後にスタッフの方に誘導されいざ会場へ。

いや~シークレットイベントと思いきや、おもいっきり野外で、当選者以外も頑張れば観られるという会場に、少々当選された皆さんは驚いていました。

あれじゃ撮影されちゃうぞと(苦笑)

当選者はステージ正面の特別に仕切られた場所で観覧するよう誘導され、受付で渡された番号通りに整列!

今まで観劇でステージ近くの席になった事はありますが、こんなにも近くで役者さんを観られるという体験は初めてでした。
ステージが目と鼻の先・・・・。

イベント会場では映画の最新編集版の予告編が流れ、会場内ヒートアップ。

そしてついに開始時間に。

ステージ上に軽部アナが登場!
軽部さんを観ただけでテンションが上がりました(笑)会場からは軽部さんコールが。
もはや芸能人ですね。


軽部さんがイベントの紹介と挨拶をし終わったと同時に一台の車が!


マルタイ(このイベントではフジテレビ社長!)を警護すべく、
配置に付くために現れた神尾さん扮する石田さんと松尾さん扮する山本の登場に場内大興奮。

神尾さんが身長高くて、すらっとしていてもの凄~くカッコいいんです!
軽部さんに本物のSPみたいと言われていましたが、本当にその通りでかなり素敵でした。


松尾さんはもう、ドラマのまま(笑)何だかいじられキャラ兼癒しキャラの雰囲気が(笑)


お二人が配置に付いた後、車のドアが開き、井上こと岡田君と笹本役の真木ようこさんが登場!!
・・・もう会場はパニック状態。「カッコイイ!!」がこだまする。
そして私も4係のあまりのカッコよさに大興奮。

と突然何者かが社長に向かってくるではないですか!
テロリスト出現に石田さんと山本が見事な連係プレーで無事制圧!


ほっとしたのもつかの間。ステージ上に鉄パイプを持ったテロリストが出現。
社長の壁となる笹本。そしてテロリストに立ち向かう井上。

華麗にテロリストの攻撃をかわす井上、一瞬の隙をついてテロリストを投げ倒し見事制圧!


いや~あんな間近で、しかも生で4係のアクションを見られるとは思っていませんでした。
岡田君の投げる姿がカッコイイし、フォームが綺麗なんですよね。

テロリスト役の方はアクション担当の方々だったので受け身が上手いのもありますが、
あのフットワークの軽さは流石!


アクションショー(というのかな?)終了後はトークへ。
岡田君、真木さん、松尾さん、神尾さんの順に映画の見所や思い入れを語って下さいました。
興奮のあまり一字一句完璧に覚えているわけではありませんが、覚えている範囲で・・・


軽部さんの「今のアクションは凄かったですが、今回の映画でもアクションはかなり激しい物に?」と言った質問に岡田君が「映画はこれ以上です。SPの現場は皆おかしくなってて、痣とか出来てもあまり気にしなくなってました。骨折しなければ良い方でした」との回答に場内感歎の声が。

真木さんは「男アクション祭りの中で頑張りました。男の人たちを蹴る事に快感が・・・」というドキッとする発言に軽部さんも会場も興奮気味に(笑)
真木さん、顔が凄く小さいんでびっくりしました・・しかもやはり美人!
それなのに発言のギャップが凄すぎて面白い(笑)


松尾さんはイベント中ずっとドラマと同様のいじられキャラと化し、
「テロリストを真面目に制圧していたのに、お客さん・・笑ってるんですよね・・・山本というキャラを分かってらっしゃる!」と会場を笑いの渦に変えておりました。
そして岡田君からまさかの無茶ぶりが!
「かっこいいポーズがあるみたいで、“かっこいいポーズやって~”って言えばやってくれますよ。」とにやり(笑)

焦る松尾さんをよそに「かっこいいポーズやって~!」コールが!
そして見せてくれたカッコいいポーズはこちらです。
毎日新聞デジタル : http://mantan-web.jp/gallery/2010/08/09_4/4.html?inb=yt

このあと派手に転んでしまい、場内大爆笑でした(笑)


続いて神尾さんのコメント。これが結構気になる発言で、「尾形の代わりに井上をフォローする役になっています」との事・・・やはり尾形さんが完全に敵にまわるってことですよね。

イベント中何度か“尾形との対立”という言葉が出てきたので、
井上と尾形、二人の対決は避けられないという事なんでしょう。悲しいなぁ。


そんな堤さんは現在『プリンセス・トヨトミ』の撮影中の為、イベントには登場されませんでした。
分かっていましたが残念!SP姿の堤さんが見たかった。
しかし敵となってしまったからには4係として出られないのかも。



イベントは30分でしたが実に内容が濃いイベントでした。
最後に岡田君が何度も「足元が悪い中~」と言って笑いを誘っていました。(イベント開始時も言っていたので)。
開始前は結構雨が降っていて、井上と尾形の出会いのシーンを彷彿させました。



いよいよ『SP』始動です!
数量限定特典付き前売り券は8月21日から発売ですので、必ずゲットしなければ・・。
野望篇と革命篇の2枚セットの前売りも同時発売されるので、要チェックです。


関連記事:映画.com 「お台場に現れたテロリストを岡田准一&真木よう子らSPが制圧」 http://eiga.com/buzz/20100809/15/ 


SP エスピー 警視庁警備部警護課第四係 DVD-BOXSP エスピー 警視庁警備部警護課第四係 DVD-BOX
(2008/07/02)
岡田准一堤真一

商品詳細を見る

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。