スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『シルミド/SILMIDO』  歴史の闇に隠蔽された真実-‘実尾島’

アミューズソフトエンタテインメント
シルミド/SILMIDO

出演■ソル・ギョング、チョン・ジェヨン、イム・ウォニ、カン・ソンジン、カン・シニル、ホ・ジュノ、アン・ソンギ

監督■カン・ウソク

?


?

<ストーリー>

 
1968年1月、北朝鮮特殊工作部隊による青瓦台(韓国大統領府)襲撃未遂事件が発生。同年4月、韓国政府はその報復として仁川沖のシルミド(実尾島)に死刑囚ら31人の男たちを集め、極秘に金日成暗殺指令を下した。こうして31人は、その時の年月から名付けられた684部隊の特殊工作員としてジェヒョン隊長の下、過酷な訓練を開始する。3年後、優秀な工作員に仕立て上げられた彼らに、いよいよ実行命令が下される。しかし、政府の対北政策は決行目前になって大きく転換、北潜入へ向け行動を開始した部隊に急遽命令の撤回が告げられるのだったが…。

?

2003年 韓国

(「aiicinema online 『シルミド/SILMIDO 』 より引用。」

?


?

? 30年以上歴史の闇に隠蔽されてきた1971年実際に起こった実尾島事件を題材にした作品。

? この作品が公開される一年前だったか新聞で「実尾島事件」の特集がされていおり、過去にこのような事があったのかと衝撃を受けました。この特集記事をよんでいたので部隊の運命を知っていながら本作を鑑賞するのは辛かったですね。

?

青瓦台へ北朝鮮の部隊が侵攻してくるシーン、そしてインチャン(ソル・ギョング)が死刑囚となるシーン・・・冒頭からの怒涛の展開に釘付けとなりました。

?

政府は北朝鮮への報復として北朝鮮部隊の人数と同じ31人からなる部隊・通称684部隊を結成。死刑囚となったインチャンはこの684部隊に入るのですが、部隊の目的は‘金日成の首を捕る’というあまりにも衝撃的な内容に部隊に選ばれた隊員達は動揺を隠せない。この‘目的’を語るシーンは印象的。チェ准尉(アン・ソンギ)の表情、言い方全てがその目的の重さを物語っていると共に、部隊の目的を知った者たちの凍りついた表情。そんな時でも冷静さ失わないインチャンなど、このシーンで各登場人物のキャラクターが薄っすらであるが、感じ取る事が出来ると思います。

?

 前半は実尾島での訓練シーンがほぼメイン。隊員達に課せられた訓練は過酷であり、その訓練内容からも部隊の目的の困難さと重責・・・・といった全ての言いようがない‘重み’が表れていると思いました。訓練シーンの描写は一言でいえば残酷。過酷を超えたこの訓練、実際はそれ以上のものであったと考えると恐ろしいと共に憤りを感じる。

?

 そんな過酷な訓練シーンが多い実尾島の描写ですが、中には笑いを誘うシーンをはじめ男同士の友情、家族愛(主にインチャンですが。)などの人間ドラマがこの前半には凝縮されていると思います。インチャンが母を思うシーンは非常に切なく胸を締め付けられました。ただ映画として観ると、もう少しインチャンをはじめ各隊員について丁寧に描いてくれればより入り込めたような気がしました。

?

 隊員と教官の距離が近くなってきた矢先、政府は部隊に非情な決断を下す。

? 

 国家、時代に翻弄された男達の最後の決断は悲しく苦しい。観るに堪えないシーンも多々ある(何故か日本公開時、指定は入っていなかった・・・)が、実際はそれ以上だったとおもうと恐ろしく、惨い。人間の尊厳、極限下の人間の行動等考えさせられる。いつの時代もこの作品の状況とは異なれど‘上’の決定によって犠牲となるのは‘下’の人間である。本作は実尾島事件を扱ったものですが、それ以外にも深遠なメッセージ性がある様な気がしました。

 ラストのシーンは映画館に女性の泣き声が響いて居ました。私は何故か泣けませんでした。悲しくやるせない思いはありましたが泣く様なものではない。泣くという事を通り越した衝撃的なラストだったのです。

?

寡黙な男を演じるソル・ギョングの演技、アン・ソンギ、ホ・ジュノらベテランの演技は素晴らしかったです。そして泥臭いというかざらつきある雰囲気の映像や音楽も良かった。
 この作品は映画を観たと言うより‘目撃した’というに相応しい作品だと言えるかと。


ただ‘映画’的には良かったのですが、あるシーンで(脱走兵が起こした事件。このシーンで私が観た映画館では席を立つ女性客が続出していました。)そこで一瞬冷めてしまいました。

また本作は冒頭にでるテロップにもあるようにかなり脚色がされており、事実と異なる点も多々あります。実際の部隊は一般市民も居たそうなので、実話だからこそそういった点をちゃんと描いて欲しかったです。本作鑑賞前にシルミドのドキュメンタリーを観たので尚更そう思いました。

 公開当時、監督がインタビューで「この作品はハリウッドに勝つ!」と言っていたのが印象的です・・・。

?

 しかし、この作品によってこの事実が明るみとなり、政府が事件の真相追究をする決定をするなど多大な影響を及ぼしたことなどを考えると非常に存在意義がある作品なのでしょう。


 

?

 う~ん・・・この作品の感想を書くのは難しいですね。



?

<参考>

Wikipedia 青瓦台襲撃未遂事件 ?

隠された真実に迫る映画『シルミド』

Yahoo!ニュース 2006/07/13 (←真相調査の結果記事です。)



------------------------

 カン・ウソク監督の最新作『韓半島』。この作品も‘問題作’詳細はこちら→朝鮮日報 2006/07/26asahi.net 2006/08/20




にほんブログ村 映画ブログへ????


シルミド@映画生活





?
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1 ■シルミド

わたしもおととい初めて見ました。
ぐうぜん~~!!

戦争映画・社会映画があまり好きではないので
今までなんとなく見る気がしなかったんですけど後半に行くにしたがってパワーが加速する映画でした。今見ると脇役にあんな人やこんな人も!
好きかどうかは置いておいて見てよかったです。

2 ■まさしく

コメントありがとうございました。まさしく、目撃したという表現が当てはまる映画でした。韓国映画でこういうのを作って、歴史問題に陽を当てるのならば、今の歪んだ日本観にもしっかり問題提起して欲しいです。

3 ■>うっちゃん(kugenuma555)さん

お!うっちゃんさんご覧になったんですか。ほんと偶然ですね(^^)
私は映画館で観たのですが、公開当時、幅広い客層で満員でした。それほど関心を集めた作品だったと言う事ですね。


脇役の俳優は結構豪華なんですよね~。演技力ある俳優が集まった作品でしたね。

4 ■>exp#21 さん

かなりの部分が脚色されているものの、ラストと言い‘目撃’した気持ちになりました。

歪んだ日本観への問題提起をする作品と言うのも作って欲しいものですが、現実はその反対なんですよね・・・監督の最新作がまさにそうで色々と物議をかもしているようです。

5 ■泣きました...

rainさん、こんにちは~!
私はこの映画のラストシーンで号泣しちゃいました。
脚色されて、若干事実と異なる部分もあるのは分かってても...ダメですねぇ。。
爆発するバスの前で、飴玉を落とすホ・ジュノの姿が印象的でした。

6 ■>makotoさん

makotoさん、こんばんは(^^)
ラストの隊員のために買った飴玉を持ったホ・ジュノは印象的でしたよね。飴玉が落ちて行く様がとても悲しかったです。
今まで無表情で厳しかっただけにこのシーンが印象深いモノになりましたね。
プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。