スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『UDON』   一杯のうどんが奇跡を起こす!!

出演■ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、トータス松本、升毅、要潤、片桐仁、木場勝己、小日向文世、鈴木京香  他・・・
監督■本広克行




<ストーリー>

 香川県の田舎町でうどん職人の息子として生まれた松井香助。田舎生活に嫌気がさした香助は、ビッグになるとNYへと飛び出したものの、挫折し、借金を背負って帰郷する。とりあえず借金返済のために、地元のタウン誌で働く香助だったが、編集部員の恭子と手がけたうどんコラムが大反響を呼び、うどんブームを巻き起こし……。



2006年   日本

(「UDON@映画生活特集 」 より引用。)





待ってました!本広監督最新作。


本広監督といえば『踊る大捜査線』シリーズ、スペーストラベラーズ、『サトラレ 』、『サマータイム・マシーンブルース』など手掛けて作品はヒット作ばかり。私は大の踊る大捜査線ファンなので、監督の新作はとても楽しみでした。


 製作発表の時、最新作は『UDON』と聞いて驚きました。だってタイトルが‘うどん’って・・・(笑)一体どんな作品なのか想像付きませんでした。しかし、主演はユースケ、そして本広監督×亀山P。また何かやってくれるでしょう!と期待しておりました。で、鑑賞し、どうだったのか―



 「世界を笑わせてやる!」との夢を抱いて渡米した香助は現実の厳しさを知り、故郷へ帰る。そんな彼の帰宅に気を使う香助の実家、松井製麺所の人々らの行動が面白い。また香助と恭子の出会いもコメディータッチに描かれており、最初から監督らしい笑いが続きます。


 多額の借金を抱え、職のない香助は友人の庄助の紹介で地元タウン誌にアルバイトとして働く事になった香助。これが彼と彼らの奇跡の始まり。香助のアイディアでうどんの記事を作ることになり、様々な店に‘うどん巡礼’する香助、恭子、庄介の三人のやり取りはテンポよく、観ていて楽しい。彼らと共に巡礼したい!と思いましたね。ほとんどアドリブだったそうですが、そこがまた自然に見えてよかったのかもしれません。


 また最初の‘うどん巡礼’から始まり、最後まで美味しそうな本場讃岐うどんが沢山登場。思わずうどんが食べたくなります!!中学の修学旅行で香川に行き、本場讃岐うどんを食べた事がありますが、普段食べているうどんとは全く違うんですよね~なんていうか麺に味があるんですよ。初めて食べた時は感動しました。香助達の食べる姿をみて当時の感動を思い出しました。


 前半は香助達の‘うどん巡礼’とうどんブームの到来をコメディータッチに、そして香助と父親の確執を描いています。いかにしてブームとなるのかというのもなんとなく伝わってきますし、何年か前、実際に起きたうどんブームを思い出させます(当時、近所に讃岐うどんの店が2店舗出来ましたからね~)。


 実際のうどんブームのきっかけを作った『TJ kagawa』の編集長・田尾和俊氏が団長を勤める麺通団、彼らの連載をまとめた単行本『恐るべきさぬきうどん』が元ネタだそうで、結構実話も織り込まれているようです。

 劇中に登場する袋でうどんを食べる人とか、知ったかぶり男も本当の話らしい・・・(笑)  


 前半のコミカルさから徐々にブームの光と影を描き、ブーム終焉、そして後半は前半の雰囲気と一変。感動モードに突入しますが予告で大半をみせているので展開が読めてしまうのが残念ですね。また後半は香助はじめ周囲の変化、うどんが起こす奇跡をファンタジーでみせています。




 人と人に繋がりの大切さ。人生時には回り道も必要だ、回り道したっていいじゃない?というメッセージが込められた作品であったなと思いました。



 しかし突っ込み所というか強引な所も結構あった気もします。感動演出も何故か本作では「ちょっと臭くない?」という印象を抱いてしまいました。ラストも「え???!!」というある意味意外な展開にもなんだか・・・な感じはしましたね^_^;


 

 この作品の楽しみ方は二通りあると思うのです。一つは純粋に映画を楽しむ。二つめはマニアニックな視点で楽しむというもの。マニアックっていうのもあれですが、踊るファン・監督作品のファンにっての独特の楽しみ方・・・ようするにリンクを楽しということです。今回も凄いですよ!リンクが沢山ありました。なので本作鑑賞前に監督の作品を観ておいたほうがより楽しめると思います。



 タイトルのあとすぐにリンクが!(笑)お得意の空撮が登場。大体監督作品(踊るシリーズが主かな)は空撮で始まるので、本作の瀬戸大橋の空撮にまずニヤリ!ですし、編集室には湾岸君と北署君が置かれていたり、カエル急便がでたり(カエル急便とは若干ことなるカエルキャラも登場!)、カップめんを食べたり、ビラ配りしていたり・・・挙げたらきりがありません。



 出演者も『踊る大捜査線 THE MOVIE』,『踊る大捜査線 THE MOVIEⅡ』 『交渉人 真下正義』、『逃亡者 木島丈一郎』、『サマータイム・マシーンブルース』のキャラクター、または出演者が登場。まさかOD1のあの人が出ているとは(笑)


 また香川県出身のタレント、俳優が出演していたりと小ネタが満載です。



 作品の出来としては可も不可もなくといった印象。物足りなさもありましたし、長かったかな。

 

 というものの、私はなんだかんだで楽しめました、しかもちょっと泣いてしまいました・・・・感動やさんなので(^^ゞ。



 パンフレットの本広監督と亀山Pの対談に「スピンオフやるらなキャプテンうどん・・・・」みたいなことが書いてありましたが本当にやる気なのか冗談なのか、この二人の事だから実現してしまいそうな気も(笑)やるならDVD特典になりそうですね^^;



 あ、エンドロールは最後までご覧になって下さい!最後の最後まで本編があります(^^)映画というものはエンドロールを含めて一つの作品であるんだなと再認識しました。


UDON@映画生活



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1 ■TBありがとうございました

こんにちは♪
私はマニアックな楽しみ方をしたクチです~。
だからとっても楽しめました。
だって本筋は(香助に関するストーリー)はちょっと強引で臭かったんですもの(笑)
ラストも「えー?案外簡単に成功したね~」ってくらいビックリしました。

3 ■TB感謝。

この映画、できればお盆に公開してほしかったですねぇ。だって、幽霊出て来るんだもん。
その辺の「感動させ方」はちょっと強引かなとも思いましたが、そういうのまで含めて、本広作品の魅力かなぁとも思います。
ラストは意表を突かれましたが、僕は好きですね。周りの人への感謝や、自分の置かれた状況を冷静に見つめる客観性を持たないと幸せは掴めないんだ、というメッセージだと思いました。

4 ■>ミチさん

ミチさんもマニアック視点でのご観賞でしたか(^^)

そうなんですよね~本筋は臭い演出が目だったり、強引だったりする部分がありましたからね(-.-;)

5 ■>なぎささん

確かに『サマータイム・マシーンブルース』を挙げている方が多いですね(^^)
私は踊るとのリンクの方がどちらかといえば嬉しいのですが…(笑)

観た後うどんが食べたくなる映画でしたね♪

6 ■>tamacatさん

確かにお盆の時期に公開しても良かったかもしれないですね。

ラストの展開は細かいこと気にしなければアリかなと思います。
時には自分が置かれている状況を客観的に見るのは大切なことですね。確かにそういったメッセージも込められたラストだったような気もします。tamacatさんのおかげで新たな視点で観ることができそうです(^^)

7 ■こんにちは

本編よりも、監督とフジTV人脈を駆使した豪華出演陣の小ネタとキャプテン・うどんのコント?が楽しかったです。
私も『サマータイムマシン・ブルース』のキャラが多く出てたのが良かったクチです(^^;

8 ■>カヌさん

ファンとしてはリンクが沢山あるのは嬉しい限り(^^)
キャプテンUDONのアニメはかなり監督らの遊び心…というか趣味があらわれている気がしました(笑)寺島さん、ここでも「バカヤロウ!」って言ってましたね~(笑)

9 ■rainさんコメント&TB有難うございます

『映画と秋葉原とネット小遣いと日記』のhideです
rainさんコメント&TB有難うございます
確かに最後の映画の落ちには
 ((((( ̄_ ̄;)サササササッと引いてしまいました
キャプテンうどんは夢の中に留めて置いた方が良かった感じですね
( ̄▽ ̄人)♪小西真奈美たんには萌えたのですけどね(笑)

10 ■>hideさん

こちらこそ有難う御座います!


最後のオチは「え!!?そう来るの!?」とある意味驚愕のラストでした(笑)確かにキャプテンUDONが夢の中にとどめていた方が良かったですね(^^ゞ

小西真奈に萌えましたか!確かにメガネ姿の小西真奈美は可愛かったですものね~(笑)

11 ■ブログにTBありがとうございました。

こんにちは、jamsession123goです。
ブログにTBありがとうございました。
jamsession123goは、マニアックな視点でしか楽しめなかったですね。
ユースケ・サンタマリアは、ええかっこしいにしか見えなかったので、脇役で楽しんでました。
もっぱら、サマータイムマシンブルース系ですが。

12 ■はじめまして☆

rainさん、こんばんは☆
UDONトラックバックどうも
ありがとうございました!

>人と人に繋がりの大切さ。
人生時には回り道も必要だ、
回り道したっていいじゃない?
というメッセージが込められた作品であったなと思いました。

父にあらすじを話されてしまいましたが
UDON見たいと思いました(^_^

私は今、職業柄
受験ウェブ漫画「咲くら」というものを
描いております。いろいろな方に
ご意見をいただきたいと思っておりますので
よろしかったら
ご覧いただけるとうれしいです(^^)

13 ■TBありがとうございました

迷宮映画館のsakuraiです。
マニアックと言うよりも、うちわネタという感じでしたが、ファンにはたまらなかったでしょうね。
湯気の上がったうどんが本当に美味しそうでした。おなかいっぱいでも食べたくなった。

14 ■お久しぶりです

私も見ましたよ!
けっこう面白かったです。
でも…ご都合主義でしたね(笑)
展開に意外性が無いですし。

と言いながら、実は泣きました(↑∇↑)

16 ■>宮本みなみさん

大体はあらすじ通りの作品ですが小ネタが多いので知っていても楽しめるかと思いますよ(^^)


受験ウェブ漫画、後ほど拝見させて頂きますね。

17 ■>sakuraiさん

マニアックという表現をしましたが要はリンク探しです。それが監督の作品の面白さの一つであると思うのですが、そういった楽しみ方だけではやはりダメですね。本作はそういった点で厳しい意見が多いのだと思います。


しかしうどんが食べたくなる映画であったことは間違いないですね(^^)

18 ■>ウプサラさん

確かにご都合主義…というか強引なところが目に付きましたね。


って私もなんだか言って泣いたのですが(笑)

19 ■無題

TB&コメントありがとうございました。
マニアックにも普通にも楽しみました。
具だくさんで全部は味わいきれませんでしたが(;´∀`)
って、云ってるとまたうどんが食べたくなるので、もういや(笑

20 ■こんにちは

私は『サマータイムマシン・ブルース』がすごく楽しめたので
この作品とのリンクが多かったのはうれしかったです!
思いっきり笑いました!

21 ■>PINOKIO さん

具沢山の「うどん」でしたよね~^^;しかし、コネタが満載で楽しめましたね(^^)

窯玉うどんが美味しそうでした・・・って私も食べたくなってきました(笑)

22 ■>しましまさん

こんばんは!
『サマータイム・マシーンブルース』や踊るシリーズが好きな人にはリンク盛りだくさんでうれしかったですよね(^^)

アドリブが多いのもうけました(笑)

23 ■TBどうもありがとうございます

私も泣かせどころで泣いてしまいましたw。
DVDにどんなおまけをつけるのか?
TVへの展開なんかもあるんですかね?
どんなプロデュースをしてくれるか楽しみです。

24 ■こんにちは☆

こんにちは☆
きのう,UDONを見てきました.
ホーム・チームの与座くんやラーメンズの片桐くんなど,私の好きな芸人さんが出演していて,個人的にお気に入りでした.
「ブームが消えても残り続ける温かさ」みたいなのを感じる映画で,とてもよかったです(^_^)

25 ■>BCさん

BCさんも泣いてしまいましたか(笑)いや~まさかこの映画で泣くとは思っていなかったのですが、あのベタな泣かせる演出で泣きました(笑)

DVDにキャプテンUDONが特典映像で付くような気がしてます。TVでスピンオフとかもありそうですよね~

26 ■>晃弘さん

こんばんは~

UDONなのにラーメンズ片桐さんが出ているのがいいですね。脇役からちょい役まで豪華な出演者で楽しかったですね(^_^)

ブームは所詮ブームに過ぎないが伝統・文化、そして人々の温かさは残り受け継がれていくものだという作品でしたね。

ラストはちょっと・・・・でしたが(^^ゞ
プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。