スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ラブストーリー』  美しく、切ない“古典的恋愛映画”

ビデオメーカー
ラブストーリー

出演■ソン・イエジン、チョ・スンウ、チョ・インソン
監督■クァク・ジェヨン







<ストーリー>

 女子大生ジヘは友人から、演劇部の先輩サンミンへのEメールの代筆を頼まれる。ジヘも先輩へ密かな思いを寄せていたが、奥手な彼女は打ち明けることができない。そんなある日、ジヘは家の棚から小さな木箱を見つける。その中には35年前に書かれた手紙と日記帳があり、若き日の母の初恋の物語が記されていた。高校生ジュナと親友のテス、そして2人の想いを集めた若き日の母ジュヒの日々を…。


2003年 韓国

(『映画生活 Gaga』 より引用)







 クァク監督が『猟奇的な彼女』の次に世に送り出した本作。

 母親と娘の恋が平行して描かれており、監督ならではのストーリー展開はやはり素晴らしい。

 原題が『THE classic』と言うだけあって、古典的ラブストーリーと言えるのだが、それが作品の純度を上げていると思います。『ラブストーリー』よりも原題の方があってるのかもしれません。

この作品、純粋で美しく、そして切ない・・・まさに純愛映画の傑作と言えます。

 ずっとラブストーリーを観ていると飽きてしまうかとも思われますが、単なるラブストーリーではないのがクァク監督作品。


 随所に笑いがあり、様々な笑えるエピソードがあります。クヵク監督作品には泣けるシーンばかりではなくコミカルなシーンもあるのが良いですね(^_^)


 

 コミカルなシーンに加え、シリアスなシーンも。

ベトナム戦争をも描き(監督は必ずアクション要素を入れますね。)、時代に翻弄された母親の恋が描かれています。母親の恋はとても切なく、涙が溢れました。やはり監督は観る者の心を動かすのが上手いですね。



 クァク監督作品といえば作品共通の“恋のアイテム”です。雨、鳩、ピアノ、花、手紙・・・等(他にも多数。)必ず監督の作品には出てきます。


 そんな“恋のアイテム”は『ラブストーリー』にも勿論出て来ます。そして『僕の彼女を紹介します』には『ラブストーリー』のアイテムと共通するものが多いです。アイテム探しをしても楽しいかと(^_^)


 共通といえば台詞です。監督作品は台詞も共鳴しあいます。今作では『猟奇的な彼女』との台詞の共鳴があります。監督の作品はこうした楽しみ方もあります。


 この作品、音楽と映像が美しく叙情的であり、作品がもつ美しさをより高め、感動も増します。田舎の景色や劇場、雨のシーン等、母と娘の純粋で美しい恋を投影しているかのように映しています。


 ソン・イェジンは母と娘の二役を演じています。ソン・イェジンの様々な表情は訴える力があり、引き込まれます。チョ・スンウはコミカルなシーンとシリアスなシーンでの感情の演じわけが見事でした。劇中、沢山二人の切ない表情を観るのですが、感情表現が上手いのもあり、観ていると涙が溢れて来ます。


 初恋にときめき恥じらう、母親と娘のラブストーリーはやがて美しい奇跡を―ネタバレになるので控えます。



 ラストはまさにクァク監督らしいものになっています。


 感動的な美しい純愛映画です。







にほんブログ村 映画ブログへ

???

ラブストーリー@映画生活



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1 ■見たいなぁ…

前から見たい見たいと思ってはいますが…こないだ韓流シネマフェスでやってたのに見逃したのですがrainさんのこのレビュー見てかなり見たくなりました!

3 ■こんばんは!

スクラップブックに参加ありがとうございます^^
もしよければ、こちらの記事もTBして頂けたら嬉しいです^^;

今後もよろしくお願いしますv

4 ■>ちぃさん

初めまして(^^)
ご訪問有難うございます。

分かりました。この記事もTBしておきますね(^_^)

5 ■はじめまして

はじめまして
kugenuma555のうっちゃんです。
TBありがとうございます。
素人フタリが細々と
はじめたブログです。
今後ともよろしくお願いいたします。

7 ■TBありがとうございます

不定期ですが、またどうぞ。

8 ■>どんちゃくさん

コメント有難うございますm(__)m
また伺わせていただきますね。

9 ■こんばんは!^^

TB&コメント、ありがとうございました!
クァク・ジェヨン監督の三作品は、私にとって不動のベスト3です。

あのラストシーンで、「そうか、そうだったのか!」と...涙ながらに微笑んでしまいました。

私もTBさせていただきました。
これからも よろしくお願いします!m(_ _)m

10 ■>makotoさん

コメントとTBの返信有り難うございますm(__)m




クァク・ジェョン監督らしいラストでしたよね(^^)号泣でした!


イェジンはこういう役が嵌まりますね。新作ではナンパ癖(?)がある役だそうなので新たなイェジンにも期待してます。






こちらこそ、これからも宜しくお願いしますm(__)m

12 ■>こっちゃんさん

『ラブストーリー』は監督らしさ満載で良かったですよね~(^^)

俳優の演技、特にチョ・スンウの演技が素晴らしかったです。
プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。