スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スピード』  ‘‘加速’’する心拍数!! キアヌ・リーヴスのノンストップアクション!!

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
スピード

出演■キアヌ・リーヴス、サンドラ・ブロック、デニス・ホッパー

監督■ヤン・デ・ボン






<ストーリー>

 ロサンゼルスの高層ビルのエレベーターが爆発し、10数名が宙づり状態のまま閉じ込められた。脅迫電話が警察に入り、要求に応じなければケーブルを爆破し乗客を皆殺しにするという。ロス警察SWAT隊の若き行動派、ジャック(キアヌ・リーヴス)は、パートナーのハリー(ジェフ・ダニエルズ)と共に全員を救出した。彼はビルに潜んでいた犯人のハワード(デニス・ホッパー)と対峙するが、惜しくも逃げられる。数日後、ハワードは電話でジャックに「この前の仕返しに、市バスに爆弾を仕掛けた。時速80キロ以下に落とすと自動的に爆発する」と告げ、身代金を要求した。ジャックは15名の乗客を乗せて走るバスを追い、飛び乗った。


1994年 アメリカ


(「スピード(1994) - goo 映画 」 より引用)



?

 地上波放送がされ、そしていよいよ『イルマ-レ』が公開されるので予定を変更して『スピード』のreviewを。

?

 この作品何度も観ているのですが、やはり面白い。地上波放送されるたびに不思議と観てしまいます。キアヌマジックでしょうか(笑)

?

 冒頭のビルのシーンからハラハラドキドキし、これだけでも一本撮れそうな気さえする。キアヌ扮するSWAT隊員ジャックによって計画通りにいかなかった犯人は、数日後バスに爆弾を仕掛け、そしてジャックに「宣戦布告」をする。

?

 この手の犯人にありがちなパターンですが、犯人の異常さや自己顕示欲、自負心が強いなどのあらゆる性格が良く出ています。犯人の性格は作品全編、いたるところに描かれており、デニス・ホッパー扮するハワードの存在感の強さによって面白みが増していると思います。



 本作の見所はなんといってもバスのシーンでしょう。『スピード』といえば‘バス’『!「時速80キロ以下になると自動的に爆発する」というのだから困った・・・「止まれない、止まったら爆発する」。これが本作のおもしろポイント。バスという閉鎖された空間、そしてバスを止めてい逃げる事が出来ないという緊迫感。バスのスピードと共にドキドキもスピードアップです。

?

 そんなバスに運悪く乗り合わせてしまった人々がまた個性豊かで、バスに乗り込んだジャックとのやり取りが良い。ヒロイン、アニー(サンドラ・ブロック)の外見とは違った‘強さ’もまた良いですね。素人の女性がバスを運転するとは凄い設定ですが、まさに‘ワイルドキャット’なサンドラ・ブロックは本作で一番光っていたといってもいいかと思います。

 余談ですが・・・『踊る大捜査線』で青島がすみれさんの事を‘湾岸所のワイルドキャット’と言ってます。勿論『スピード』から拝借した様です(笑)

?

?

 バスでの犯人との攻防戦、ジャックの「何が何でも乗客を救う」という強い正義感、加速していくバス・・・とバスのシーンは見所盛りだくさんで飽きません。

?

 そうバスのシーンは実に良い・・・しかしその後の地下鉄のシーンになると‘加速’していた私のテンションが‘減速’(-_-;)。デニス・ホッパーの好演は光っていましたが、この地下鉄シーンが何だかテンション下がるんですよね。バスのみで引っ張るのが難しかったので後から地下鉄シーンを追加したように思えてしまって・・。

?

 といっても初見ではそんなこと気にせず夢中になりました。恐らく何度か観るうちに見方が変わったんでしょうね~当時は気にならなかったのに突っ込み所を見つけてしまったり・・・キアヌ、そりゃ無茶な~と・・(^^ゞ

?

 やはり初見の感動を大切にするには地上波で観るべきではないのかもしれませんね。

?

 本作はヤン・デ・ボン監督のデビュー作。低予算ながらも撮影監督として培ったスキルを全面に出し、見事な娯楽作品に仕上げていると思います。『2』もヤン・デ・ボン監督ですが、私は『1』の方が面白かったな~と思います。『2』はそれ程ヒットしなかったんですよね(^^ゞ

?

?

 
 しかし、本作のキアヌはカッコよかった!髪の毛切りすぎでも素敵です(笑)

?

?

~・~関連~・~

?

<キアヌ・リーヴス作品は最近のだとこれが好き↓↓>


??『コンスタンティン』  ダークヒーロー  ジョン・コンスタンティンに酔え!!


?


<韓国版スピードと言われた『TUBE』の感想記事↓↓>


『TUBE』  韓国版「スピード」・・・ペ・ドゥナの魅力が光る!



<地下鉄+スピードと言えばこれ(半ば強引(笑))↓↓>


『交渉人 真下正義』  踊るスピンオフ第一弾!





 にほんブログ村 映画ブログへ


スピード@映画生活


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1 ■お久しぶりです。

この映画は、作品自体に勢いがあって、好きな作品の一つになります。

2も見たのですが、やはりこちらの作品が面白いですよね。

それでは、失礼します。

2 ■無題

キアヌは、
この作品の彼が、
肉づきが一番ちょうどよくておいしそうでした(爆)

サンドラ・ブロックとの共演も・・・
まるで時空を超えたファンタジーのようにおもえて、
いいかもしれません。
(イルマーレを見た後で)

3 ■>Genkenさん

こんばんは~お久し振りです(^o^)

タイトル通り勢いがある作品でしたね!バスのハラハラ感はたまりません。

やはり『2』より『1』の方が面白いですよね(^^)

4 ■>えふさん

お!もう『イルマーレ』ご覧になったんですか~!

しかしキアヌはこの作品が一番おいしそうですか(笑)
若くてしまってましたものね~(笑)


近々『イルマーレ』を観に行くので楽しみです♪韓国版と比べてしまいそうですが(^^ゞ

5 ■こんばんは。

私もこの作品は何度観てもドキドキしっぱなしで
楽しめます。冒頭から引き込まれちゃうんですよね。
あり得ないけど目が離せない、すごい映画です!

6 ■>しましまさん

こんばんは。
何度見てもドキドキハラハラしてしまいますよね!
なぜかTVでやるたびに観てしまいます(^.^)冒頭から引き込まれますよね~
プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。