スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パク・チャヌク監督最新作、ピ&イム・スジョンのサイボーグでも大丈夫』の予告編を観てみました~

 『JSA』『復讐者に憐れみを』『オールドボーイ』『親切なクムジャさん』パク・チャヌク監督最新作『サイボーグでも大丈夫』(または『サイボーグでもいい』)の予告編を観賞しました!

 パク・チャヌク監督は復讐三部作でバイオレンス色が強い作品を手掛けているイメージが強まったと思います。しかし、監督の最新作はサスペンスでもバイオレンスでもなくなんとラブコメディー
 
 パク・チャヌク監督がラブコメディーを撮るとは意外。出演は私のHNと同じ(あ、別に彼からとった訳ではありません(^^ゞ)歌手のと『箪笥』のイム・スジョン。当初はカン・ヘジョンと言われていましたがイム・スジョンになりました。

 ピは本作がスクリンデビュー作となるのですが、監督から演技を高く評価されたそうなので、結構期待で来そうですね~。



 ストーリーは「自分のことをサイボーグであると思い込み、精神病院に入院する女の子と、彼女がサイボーグでも構わないと考える精神病患者の青年が繰り広げるラブコメディー」 



 で、予告を観て最初に思ったのが「イム・スジョンどうしたの~!?」と・・・・(笑)というのも眉毛がなく、奇抜(というのか?)なヘアースタイルをしており、今までの全く異なっていたからです。しかしそんな変な格好をしていても可愛いから不思議。ま~可愛い子は何しても可愛いということでしょうか。


 変なヘアースタイルといえばピもそうです。「何じゃコリャ!?」と思うヘアースタイル。へアースタイルをはじめ二人とも作品がもつ独特の世界観を全身で表している印象を受けました。


 とにかく設定が摩訶不思議ですね~自分をサイボーグと思い込むということも面白いのですが、二人は精神病患者であるという設定も独特。何やら監督の思惑がありそうな気がします。やはり普通の映画は撮らない人ですね。ラブコメでも普通じゃないラブコメを見せてくれるだろうと期待してしまいます。


 予告で出ていた絵本(?)の絵も不気味さと純粋さを持つ不思議なものでしたし、予告編だけでも独特の世界観がありました。


 韓国では12月公開予定ということなので、日本で公開されるとしたら来年になるでしょうか。楽しみです。



 監督はこの作品の後に撮ると言われているソン・ガンホと組む『コウモリ』の撮影に入るのでしょうか。どちらかというと私は『コウモリ』のほうが楽しみだったりします(^.^)



<参考サイト>

朝鮮日報 2006年9月27日   ←劇中の「甘~い!(スピードワゴン風)」シーンが!!


innolife 韓国情報発信基地 2006年9月20日    ←『サイボーグでもいい』のポスター。ピが変なウサギ(?)の仮面をつけています。不思議な雰囲気をかもし出すポスター。


innnolife 韓国情報発信基地 ?????? ←予告編はこちら。


<関連>

『コウモリ』

ソン・ガンホとパク・チャヌク監督が再び組む!



<パク・チャヌク監督作品感想記事>

  
『JSA 共同警備区域』
『復讐者に憐れみを』
『オールドボーイ』
『親切なクムジャさん』


 まだ『美しい夜、残酷な朝』を観ていないので近いうちに観たいと思っています!勇気要りますが(笑)まぁ『復讐者~』が大丈夫だったのでたぶん平気でしょう・・・(笑;)




 にほんブログ村 映画ブログへ



?

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1 ■さすが!?パク・チャヌク...

こちらにもお邪魔します(^^ゞ

ピとイム・スジョンという人気のある役者を起用しつつ、あの髪型と顔!!
やはりパク・チャヌクは、単純なラブ・コメにはさせないみたいですね(苦笑)

パク・チャヌク作品でピが主演とあれば、日本でも公開されるでしょうから、ぜひ観たいと思います。^^
でも、ソン・ガンホとのタッグなら『コウモリ』の方が期待できそうな気が...(^^ゞ

2 ■こんばんは

パク・チャヌク監督、また風変わりな作品ですね。それにしてもラブコメディーとは思いませんでした。ビックリ箱あけるような楽しみがありそう(^^)

3 ■みて来ました!

TB&コメント、ありがとうございました。
イム・スジョン、なんか、不思議でいいですね。

パク・チャヌクの次回作は、ソン・ガンホにいさんですか!?
確か、チョン・ドヨンが相手役と言うやつですか?
違う映画かな?
それは、本格派の韓国映画になりそうで、楽しみですね\(^o^)/

4 ■度々すみません。

私のブログで、ブックマークに入れさせてもらってよろしいでしょうか?

5 ■>makotoさん

いや~さすがですよね。普通の作品はとらない人ですよね・・・監督は(笑)

ピとイム・スジョン競演ですし、パク・チャヌク監督の新作とくれば日本公開されそうですよね。公開されたら私も観たいと思っています!

でも『コウモリ』のほうが観たいですよね~しかし制作の話を最近聞かないので進んでいるのかk心配です^^;

6 ■>カヌさん

「監督さすが!」といった感じのちょっと変わった作品ですよね。
あのパク・チャヌク監督がラブコメディーを撮るなんて意外ですよね!

ほんとビックリ箱をあけるような心境になりますね~(^.^)

7 ■>hoppenさん

イム・スジョン、不思議な雰囲気がありますよね。

監督の次回作はソン・ガンホが吸血鬼役の『コウモリ』と結構前に記事に出ていたのですが、その後情報がないんですよね(~_~;)


あ、チョン・ドヨンと共演するのは『ペパーミントキャンディー』等を手がけたイ・チャンドン監督の最新作『シークレットサンシャイン』ですね。こちらも楽しみです♪


ブックマーク、勿論OKです!有難うございます。私もリンク貼らせていただきますね。今後とも宜しくお願いします♪
プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。