スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『レディ・イン・ザ・ウォーター』   水が紡ぐ御伽噺。M・ナイト・シャマラン監督の‘夢現’な世界

ワーナー・ホーム・ビデオ
レディ・イン・ザ・ウォーター 特別版


出演■ポール・ジアマッティー、ブライス・ダラス・ハワード、フレディ・ロドリゲス、ジェフリー・ライトボブ・バラバン、フレディ・ロドリゲス?

監督■M・ナイト・シャマラン





<ストーリー>

 とあるアパート“コーブ”荘。そこで暮らすクリーブランド・ヒープは、アパートの設備の修理などを繰り返す静かな日々を送っていた。しかし、そんなある日、彼はプールの地下水路に棲む謎の美少女・ストーリーと出会う。彼女がおとぎ話に出てくる精霊(ニンフ)のような存在、“ナーフ”だと発見したクリーブランドは……。



2006年  アメリカ


(「映画生活 レディー・イン・ザ・ウォーター特集 」  より引用)






 M・ナイト・シャマラン監督の作品は何かと期待される。それは『シックス・センス』の成功が大きく、観客はあの衝撃と感動を期待してしまうのである。それがゆえに監督の新作を観てがっかりし、その‘がっかり’が心を占める割合が大きいものになる。


 監督の作品は大体観ています(というか観ている人のほうが多いような気がします。)。


 ・『シックス・センスホラーだと観ていたが、あの感動的で、衝撃的な‘どん返し’のラストはやはり素晴らしい。ハーレイ・ジョエル・オスメントが話題に。


 ・アンブレイカブル』『シックス・センス』が気に入ったのでとても期待していましたがイマイチ・・・・。

鏡が割れた時、友人にその割れた鏡を見せ「アンブレイカブル!アンブレイカブル!」と分かる人にしか通じないギャグまがいなことをしていた記憶のほうが映画の感想よりも印象に残っています(笑)


 ・『サイン』まだ『シックス・センス』の面白さよ再び!と思い、予告編の上手さもあって期待して観賞。宇宙人が見えすぎで萎える。そしてこの頃から監督の露出も多くなり始める気が・・・・。



 ・『ヴィレッジ』予告編は怖そうだし、今回のは面白そうだと思ったのですが未見。


 ・・・と『シックス・センス』以来、私の期待は裏切られっぱなし・・・(^^ゞ。

「M・ナイト・シャマラン監督の作品はノレルかノレないか、好き嫌いが分かれるものである。」ということを前提に、そしてあまり期待せず監督の新作『レディ・イン・ザ・ウォーター』を観賞しました。


 結論からいうと、本作も賛否両論ですし、どちらかといえば「否」のほうが多いようですが私は良かったと思います。


 予告編を観て「水から出てきた謎の女が人類滅亡の危機を知らせに来て、その人類滅亡をそしすべく、重要な役割をする人を探し出す・・。」という話だと勝手に思っていましたが全く違いました(笑)


 本作は予告編を観るとホラーっぽく見えますが全く違います。これはファンタジーです。そして監督といえば‘どんでん返し’ですが、本作には‘どんでん返し’はありません



 ストーリー登場までの前置きが長くなかったのは好感持てるのですが、そのあとの展開はそれほどテンポが良くなく、人によっては退屈してしまうかもしれません。彼女にまつわる‘謎’も簡単に解けてしまうのでそこが物足りなさを感じてしまいます。


 また今までの作品では「ウォーリーを探せ(古っ)」ではなく「シャマラン監督を探せ!」といった具合に少ししか監督自身が出演していませんでしたが本作は違います・・・・出すぎです!もう本当は主人公なんじゃないかと思うほど。しかもどこか演技が上手くなっているようにも思えます(笑)パンフレットに「でしゃばり」とまで書かれてしまっています・・・(~_~;)あそこまで監督自身が出てしまうとね・・・



 まぁここまでだと私の評価は低いように思えるでしょう。最初に「結構良い」と言いながら「テンポが悪い」だの、「物足りない」など言ってますからね。では何故良いと思ったのか。


 本作の舞台である主人公・クリーブラントが管理するアパートには様々な国の人間が生活し、とても個性的な住人ばかり。このアパート自体が「世界、地球」になっているのです。アメリカになっているとも捉えることができますが(パンフにはアメリカと書いてあります)、わたしは「地球」かなと思いました。


 毎日毎日同じことの繰り返しでどこか心に虚無感があったり、心に傷を負っていたり、自分に自信がもてなかったり、悩みを抱いていたり・・・・・・そんな個性的だけれどどこにでもいそうな人々が主人公。彼らはあることがきっかけで変わるのです。それは水の精‘ストーリー’との出会い。


 ストーリーを救う力を持つ「記号論者」「守護者」「治癒者」「職人」といった使命を持つ人達をクリーブラントは探すが、彼らは「その能力を自覚していない」というから探し出すのが大変。この「能力を自覚していない」ことは、ストーリーも同じ。


 つまり誰にでも秀でた能力、‘良いところ’はあるし、誰かに必要とされている。目的をもつことの大切さを感じる。


 ‘ストーリー(水の精)によって彼らの人生(ストーリー)は‘‘変革’’し、希望が生まれる’。


 変わり者の住人の一人はいつも部屋にこもりTVを見ている。TVに映し出されているのは戦争。そして彼はいう「人間は救うに値するものか」―その答えは本作のラストに描かれているといっていい(その後にクリーブラントが答えているが。)。様々な国、考えを持った人々が一つになって‘希望’を生み出すことと、作品の随所に出てくるTVに映る戦争の対比は上手いと思うし、実はこの作品一見特に深いようではないが実は深い作品なのではと思いました。


 水の精の名前もポイントでしょう。水は癒しと再生・・・「生と死」を連想させるものであり、そんな水の精霊が「ストーリー」という名を持ち住人たちを変えていくというのも水が持つ力「再生」なのかなと思いました。ストーリーの他にも主人公の名前が「断崖絶壁」なのもポイントですね。



 本作は監督が子供に聞かせていたという話が基であるので従来の作品とはまったく異なる世界観であり、新感覚の「御伽噺」。

私はこういったテイスト嫌いじゃないです。劇中に登場するクリーチャーは『サイン』の宇宙人とは違い、特に違和感を感じませんでしたし、たとえテンポが悪くても終始作品の世界に入り込めました。



 この作品、評価真っ二つになるような気がします。というか・・・評判悪いですよね・・・^^;

多分、本作をここまで好評価しているのは私だけではないのかと思うほどです、泣きましたし(笑)・・・深読みが好きなのもありますが(笑;)





 にほんブログ村 映画ブログへ


レディ・イン・ザ・ウォーター@映画生活


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1 ■アパートの住民たち

が移民ぞろいなのは、アメリカの正しい縮図でもある、とパンフのインタビューで言ってますね。さすがアメリカ、人類の坩堝(あれ?南米でしたっけ?)アパートが世界だというのは確かにそうなのでしょうね、納得です。
TBありがとうございました。

2 ■繊細な映画設定が中々興味深かったです

お早うございます。
弊ブログへのコメント&トラックバック、ありがとうございます。
こちらからも、コメントとトラックバックのお返しを失礼致します。

この作品は、僕は全体として弱い印象を受けましたが、幾通りかの解釈が出来る繊細な映画設定が中々興味深かったです。

また遊びに来させて頂きます。
ではまた。

3 ■ファンタジー

こんにちは。TB&コメントありがとうございます。
シャマラン監督は『シックス・センス』のどんでん返しの印象が強いのか、みんな期待してしまうんですよねぇ。
個人的には『アンブレイカブル』好きなんですよ。アメコミ好きなんでw これも評判悪かったなぁ。

4 ■アパートは地球の縮図

ワタシもそう思ったんです。自分だけの妄想かな~と思ったんですけど、同じコメントを読んで安心いたしました。
ビィレッジはサインより面白いと思いました。ストーリー役の女優さんが盲目の役を演じててよかったです。
監督、出過ぎですよね~ワタシはチラ程度がいいと思うんですけど・・・

5 ■世界

私もそう思いました。夢があふれる、映画でしたよね。

6 ■>trichoptera さん

パンフレットにはアパートはアメリカであると書かれていましたね。
しかし、私はアメリカというよりも世界に思えました(^_^)


こちらこそ返信有難うございます!

7 ■>たろさん

確かにいろいろな意味で弱かったかもしれないですが、私は気に入りました。幾とおり解釈ができる作品でしたよね。そういう点でも好きですね、この作品。


私もまた遊びにいきますのでよろしくお願いします。

8 ■>もじゃさん

そうですね~監督といえばどんでん返し!みたいな印象が強いですよね。また予告もホラータッチのものが多く、そういった点でも期待してしまう。で、いざ見ると違うので評価が下がる・・・・といった感じでしょうか。

9 ■>サラさん

いつもありがとうございます!
サラさんもアパート=地球と思われましたか。パンフではアメリカと書いてありましたが私は観ていて「地球」なんじゃないかと思ったんです。


サインより面白かったんですね。今度ヴィレッジを見たいな~と思っています。



監督出すぎでしたよね(笑)

10 ■>rikaさん

rikaさんも世界だと思われましたか。

御伽噺の世界に迷い込んだ気分でみていました。希望が描かれた素敵な作品であったと思います。でも・・・・評判悪いのが残念です(-_-;)

11 ■レディインザウォーターを観て・・・・・・・・^^;

ちと 辛口だが 彼女と見に行ったあと 頭がモヤモヤして 治らなかった・・・・・・・・・・・.
        ☆☆理由☆☆
 ・ストーリーと映画ネームのギャップ
 ・矛盾したストーリー(特に守護者が敵から目を  はなす場面など・・・・)
 ・水中での作業の長さ&意味のわからなさ
 ・おとぎ話をアパートの韓国おばあちゅんが知っ  ていた。
 ・主人公がすべてアパート内の人物
 ・結果アパート人は いい迷惑でいいことなどな  い
 ・一人通路で死んだ意味とは????
といった 解決しない問題点を残したまま館を退場したが・・その後僕たちは口を閉ざしたまま 話すことが出てこなかった。

13 ■こんばんは!

echo&コメ、ありがとうございました!
あたしは泣けませんでしたが、泣ける気持ちは、なんとなくわかる気がします。
子供に聞かせるおとぎ話なのに、子供が出てこなかったので、そこがよかったです。
お子ちゃま映画、ダメなんです、、
またよろしくお願いしますね。
プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。