スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『復讐者に憐れみを』   断ち切ることができない復讐の連鎖

ジェネオン エンタテインメント

復讐者に憐れみを デラックス版


出演■シン・ハギュン、ソン・ガンホ、ペ・ドゥナ
監督■パク・チャヌク




<ストーリー>

聴覚障害者のリュは、病気の姉を救うため自分の腎臓を移植するつもりだったが、血液型が合わない。さらに、勤務先の工場を解雇され、わずかな退職金も、臓器の密売人に騙し取られてしまう。そんなリュに、恋人のヨンミは、工場の経営者ドンジンの娘を誘拐しようと持ちかける・・・。


2002年 韓国   ※R-18


(「映画生活」より抜粋)






 『JSA』のパク・チャヌク監督“復讐三部作”の一作目。(復讐三部作とは復讐をテーマにした作品で直接の繋がりはありません。二作目が『オールドボーイ』三作目が『親切なクムジャさん』です。)




 「この作品は“異常”だ…」というのが始まってすぐに思った感想です。



 壮絶さと残酷さは『オールド・ボーイ 』を観ていたので予想はしていたのですが、『オールドボーイ』とは全く違うし、それ以上の残酷さで・・・正直驚きました。残酷かつ壮絶な内容から、ソン・ガンホは何度も出演を拒否したそうですからね(^^ゞ



 過激な描写が多いのですが、映像等はやはり見事。



 独特の世界観を醸し出すカメラアングルは事の成り行きを冷ややかに見つめているかのよう。
緑掛かったようで冷たく、乾いたような映像、赤い薔薇や緑の髪などの鮮やかな色彩。そして残酷なストーリーとは裏腹に美しい自然を映す・・・やはりこの監督はうまいです。


“復讐”がテーマの今作は、過激な描写の中でも人間の根底にある欲、業。狂気、復讐により広がる孤独が描かれています。またブラックな笑いもあり、作品自体が社会への皮肉をも描いているように思いました。


 静かな中に時折かかる不協和音のような音楽も戦慄に満ちた作品の世界観を引き出していました。

 


 シン・ハギュンは聴覚障害者という役のため台詞が全くなく、表情・動作のみでの演技を見事に演じていました。姉を思う心優しきリュが狂気に満ちて行く様は恐ろしく、やるせません。


 彼の恋人役にはペ・ドゥナが。今までの作品とは全く異なる役柄で、体当たりな演技もこなしています。シン・ハギュンとペ・ドゥナは実生活でも恋人同士だった為注目されたそうです。

 

 娘を誘拐され、復讐に燃え、冷酷となり、ついには罪を犯す父親役はベテラン俳優ソン・ガンホが体重を10㌔減量し熱演。
しかしこの作品ではシン・ハギュンの好演によりソン・ガンホは少々霞んでいました。しかし鬼気迫るソン・ガンホの表情は見事です。


 この作品、全く救いが無い作品なので、後味がかなり悪いです。おまけに見るに堪えない過激な描写が多いのでお勧めは出来ません。


しかし、完成度が高い作品であると思います。




 韓国では壮絶で残酷な為に興業的に失敗した作品なのですが、評論家からは評価が高いようです。




<復讐三部作 感想記事>

『オールドボーイ 15年後の開放、それは壮絶な結末への幕開け。 』 
『親切なクムジャさん   復讐三部作完結編。白い雪と共に・・・・。』




にほんブログ村 映画ブログへ




復讐者に憐れみを@映画生活 ?



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1 ■TBありがとうございます

C÷C?AAAAE\EiEKEiEzCOeoaaC?ifC!CΩCECμC?CΩCOC?C∑CAAB

C†CAa?i¬CAiueQC‡CACAaIcIn?C?C∑CμCAAo
ENEAEWEEC?COC‡C≫CcC≫Cco≪CcC!CΩCAC?euaOcIC…C‡a?e“AU

2 ■トラバありがとうございました

わたしは復讐三部作のなかでも「復讐者に憐れみを」がいちばん好きです。
たしかにバッドエンドで救いのない話ですが。

3 ■>唐須さん

こちらこそTBとコメントありがとうございます。

三部作の中で一番完成度が高い作品かもしれませんね。
そして一番重い作品でした。シン・ハギュンの演技も素晴らしかったです(^^)

4 ■こんばんは

3部作のうちの第1作目として、見ました。他の2佐久はこれからです。続けてみない方が・・・と言う忠告を受けたので、おいおい見ます。
復讐のとめどない連鎖。
誰を憐れんだらいいのか・・・

5 ■>カオリさん

こんばんは(^_^)

復讐三部作好きな私にとってこちらにコメント嬉しいです(笑)

確かに復讐三部作を連続でみるのはきつい者がありますものね。しかしどれも秀逸な作品だと思うので、是非ご観賞を(とあまり人に勧めるような作品でもないのですが^^;)。

邦題は『復讐者に憐れみを』ですが、韓国題は『復習するは我にあり』なんですよね。

しかし作品の内容から邦題でも合っている気がします。
真実を知らず復讐にはしる父親、姉のために行なった事が姉を苦しめる事となった弟・・・この2人と彼らに関係した者たちに「憐れみを」というこのなのでしょうかね。

6 ■こんにちわ

rainさん、こんにちわ

目を覆うシーンも多く共感出来ませんが、意外と引き込まれました。
リュ・スンボムの行動も復讐なのでしょうか。あのシーンは理解できません・・。

これから他の2つも見ていきたいです^^。

7 ■>cocoansさん

そうなんですよね~残酷な描写が多いのですが引き込まれる作品なんですよね。本作はじめ、パク・チャヌク監督の復讐三部作に共通していると思います(^^)

9 ■>kimion20002000 さん

コメントのタイトルにドキッとしました(笑)


本作に限らず復讐三部作は生理的に受け付けないという方が多そうですよね。

しかし私もkimion20002000 さんと同じで秀逸な作品であると思いました。私は復讐三部作好きなので。
プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。