スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オールドボーイ』  15年後の開放、それは壮絶な結末への幕開け。

??


ジェネオン エンタテインメント
オールド・ボーイ プレミアム・エディション


出演■チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・へジョン

監督■パク・チャヌク





<ストーリー>

 オ・デスは妻と一人娘を持つ、平凡なサラリーマンだった。ある日、娘の誕生日プレゼントを買って帰る途中、忽然と姿を消す。妻との不仲から、殺人容疑で指名手配されるが、実はオ・デスは何者かに連れ去られ、15年もの間監禁されていたのだ。15年後、監禁から脱出した彼は、敵を突き止め復讐することを誓う。その時敵から、「犯人と監禁された理由を5日間で解き出さないと殺す」とメッセージが。復讐に燃えるオ・デスは、美しい恋人ミドと知り合い、共に犯人を捜す。しかし、これも犯人が巧妙に仕組んだ罠なのだった・・・


2003年 韓国

(「映画生活」より 引用。)?






 「こんな凄い映画(色んな意味で)観たこと無い・・・!」と鑑賞後思う、心を打ちのめす衝撃的な作品。


 オープニングから"傑作の予感"がし、引き込まれる。様々な伏線をちりばめた冒頭のシーンはこれから起こるオ・デスの壮絶な運命が暗示されている。

日本の同名漫画が原作だが、パク・チャヌク監督が独自の動機を付け加え脚色した。


 パク・チャヌク監督作品ならではの見事な映像と斬新なカメラワーク。

主人公オ・デス(チェ・ミンシク)の心が崩壊していく様を見事な映像で表しています。また、漫画的な描き方をしたりとコミカルなシーンを入れるのは監督らしいです。

 この作品の素晴らしい所は音楽でしょう。悲哀に満ちたワルツ調の音楽がこの映画の独特の雰囲気をより引き出しています。音楽、かなり良いです!


 過激な描写が多く、目を背けたくなる痛いシーンも多々あるのは“復讐三部作”おきまりと言えるのですが、そういった描写だけではなく、人間の奥深くにある様々な欲や業を前作『復讐者に憐れみを』と同様に描いています。またこの作品、復讐を果たしたらはたして満たされるのか?愛と狂気、孤独が描かれ、ストーリーは神話的な要素が有る作品だと思いました。

 今まで好青年役が多くソフトなイメージのユ・ジテが今作では不気味かつ変質的なウジンを見事に演じていたと思います(ハマリ役すぎて恐ろしいです。)。無気味な笑いや寂しげな表情・・・上手いです。彼の演じるウジンは異常ともいえる人物なのですが、この役を演じるユ・ジテにかなり惹かれました。


 チェ・ミンシクもやはり上手い・・・も監禁されていたことをリアルにするため、体重を10㌔減し、復讐に燃える男を熱演。どこか抜けている中年男を演じさせたら右に出るものなしですね。クライマックスシーンでの迫真の演技は見事!

 カン・ヘジョンも可憐、純粋なミドを好演。パク・チャヌク監督とチェ・ミンシクが選んだ女優なだけあります。体当たりの演技もこなし、この作品に花を添え、重要な役割りをはたしています。彼女の表情は男たちの復讐心とは逆に純粋さに溢れているのもポイントでしょう。

 私はこの作品のテーマ(というかオチ)を知っていたので残念な事に衝撃度やや減・・・(泣)あまり観る前に映画についてのネタは調べない方がいいと痛感しました。

なので、これからご覧になる方は頭を空っぽに、そして有る程度の覚悟を持って観てください。


インモラルなストーリーと過激な描写が多い為万人向けする作品ではないので、気軽にお勧めは出来ない作品です。


カンヌグランプリ受賞し(『華氏911』と僅差だったそうです。タランティーノ好みの作品ですからね(笑))ハリウッドリメイクが決定している本作、誰がオ・デスとウジンを演じるのでしょうね。監督はショーン・ペンとエドワード・ノートンを希望しているそうですが、確かにこの二人ならばピッタリだなと思います。




観る者の常識を越えた衝撃的なバイオレンス×サスペンス映画です。




<ブログ内関連記事 復讐三部作>

『復讐者に憐れみを』 断ち切ることが出来ない復讐の連鎖

『親切なクムジャさん』 白い雪と共に・・・



にほんブログ村 映画ブログへ


オールド・ボーイ@映画生活

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1 ■皆に言ってるけど

この作品は、原作のコミックスの方にカンヌグランプリをあげて欲しかった!
監督は、動機付けどころか殆ど違う作品と言っても良いと思います。
コミックッスのオチの方がすんごい好きなんですけど。
これはきっと映画では出せないと思う。
「クムジャさん」も音楽は良かったですねぇ~。

2 ■>hiropooさん

コミックとは動機、監禁年数などほとんど違うんですよね(^^ゞなので全く別物として捉えたほうがいいのでしょうね(^^)

復讐三部作は音楽が良いんですよね♪サントラ買いました!(笑)

3 ■衝撃でしたね(^^)

おっしゃるように、映像的には目を背けたくなる痛いシーンもたくさんありましたが、主題がそこではなく、人間誰しもが持ち得る、感情に置かれているので、見応えがありましたね。ただ爽快ではないですが(苦笑)

4 ■>wasewase さん

確かに痛いシーンが多かったですね(^^ゞしかしパク。チャヌク監督の復讐三部作はちゃんと復讐の無意味さや人間の心の闇などを描いてますよね(^^)

5 ■痛かったです

コメント&TBありがとうございました。映像も話の展開もかなり痛かったですよね。主演のチェさんの演技が光りましたよね。

6 ■>exp#21さん

こちらこそコメントとTB有難うございます。
確かにすべてにおいて痛い作品ですよね。
チェ・ミンシクは勿論のことユ・ジテの演技も素晴らしかったですね(^^)

7 ■TBありがとうございました

復讐三部作の中でオールドボーイはけっこう理不尽な復讐を描いていますよね。
こちらからもTB返させていただきます。

8 ■>唐須さん

コメントとTBの返信有り難うございますm(__)m




確かに復讐三部作のなかでは理不尽な復讐ですよね。


しかし…復讐の動機はその人それぞれ、例え理不尽に見えてもウジンの中では理不尽ではないのでしょうね。


それとこの理不尽さは復讐のみではなく、社会は理不尽さに満ちている(犯罪者の動機など)。その事に対するメッセージ…皮肉も込められているのかなと思います。




監督は『復讐者に憐れみを』『親切なクムジャさん』でも社会、または世界の現状に対するメッセージを込めてますからね。

10 ■こんにちは!!

コメント&トラックバックありがとうございました。

クムジャさんのDVDがレンタル開始されたら、復讐三部作を一気に観ようと思っていたけど、もう我慢できなかったので、『オールド・ボーイ』観ちゃいました(笑)

色んな意味でイタイ作品でしたね。
もちろんいい意味で、ですよ!!

オチにも全く気付かなかったので、衝撃度はハンパなかったです。

でも、あんな理由で15年間も監禁されてたとは主人公も可哀想ですよね。
ホント、“口は災いの元”だと思いましたね。
プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。