スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スターウォーズ エピソードⅢ シスの復讐』  ダースべイダ-誕生!

?

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐


出演■ヘイデン・クリステンセン、ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、サミュエル・L・ジャクソン 他・・・
監督■ジョージ・ルーカス


今回のスターウォーズは旧作へと続く作品であり、ダースベイダーの誕生と、けしてハッピーエンドとは言えない作品なのは皆さん周知の事かと思います。

エピソード3はスターウォーズシリーズの中でも最高傑作と言っても良いのではと鑑賞後思いました。

冒頭からの激しい空中戦は迫力があり見事で、すぐに作品の世界に入り込んでしまった。敵艦でのR2ーD2の活躍は素晴らしく今までの作品とは違ったR2の一面が観られて楽しい。また、この敵艦のシーンから運命は動きだしており、この先のストーリー展開を気にせずには入られない。

随所にある戦闘シーンは迫力があり、前作以上のスケールで描かれている。

これは大きなスクリーンがある映画館で鑑賞すべき作品でしょう。


戦闘シーンでの各キャラのアクションは見事で釘付けになる。ヨーダの戦闘シーンも今回も観る事ができるのだが、エピソード2以上に魅力あるシーンとなっていて、マスターヨーダの勇姿を堪能できる。

アナキンがダースベイダーとなる謎が明らかになる今作。純粋な心を持つ少年だった彼が暗黒面に堕ちていく様は哀しく、切ない。アナキンは愛する者を守りたいと言う純粋な願いが理性を喪失させ、やがて周りを、そして自分さえも不幸にしてしまうのだ・・・ダースベイダーはとても人間らしいとも言える。


そのアナキンにオビワンは強い信念と正義、理性で向かって行く。かつての弟子を救うために・・・。今回のもう一人の主役はオビワンと言っても過言ではないと思いました。また、パドメの言葉とラストシーンはとても感慨深いです。


スターウォーズエピソード3はアナキン=ダースベイダーにより、人間の根底にある“暗黒面の”欲が描かれている作品とも言えます。
今回のスターウォーズは涙が誘われるシーンが多々あります。

しかしエンドロールの音楽がどこか希望が感じられるものでした。まさにⅣへの橋架けなのです。

劇場のシーンに監督が出演されてるらしいですね。探すのもまた楽しいですね(^_^)




にほんブログ村 映画ブログへ


スター・ウォーズ/エピソード3:シスの復讐@映画生活



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1 ■無題

はじめまして!
swは本当にいい映画です。今でも熱が冷めません。リアルタイムで観ることができたこの時代に生まれて感激です(><)映画は7回みましたが、字幕がだいぶ違うDVDをすりきれるまで観て、もっとEP3をきわめていこうと思っています!

2 ■>きよさん

初めまして(^^)コメント有難うございます。
ほんとリアルタイムで見る小田ができて幸せですよね♪7回もご覧になるなんて凄いですね(@_@)

3 ■初めまして!

TBありがとうございました(^^)

スターウォーズは色々な所に細かい要素が含まれているので何回観ても楽しいですよね。私もシリーズ通してこのEP3が一番好きです!観たかったシーン満載ですし、大好きなライトセーバーの決闘が沢山あってホント良かったです。

4 ■>稲葉さん

こちらこそTBとコメント有難うございます(^_^)

いやぁ~EP3は傑作ですね(^^)シス卿とヨ-ダ、アナキンとオビ・ワンの師弟対決シーンはてに汗握りました!

5 ■気づかなかった!

またお邪魔しました。
えっ、監督出演してたんですか。
2回も見たのに気づかなかったー。
これはやっぱりDVD買うしかないんでしょうか・・・
ただいま、悩み中なんですけど。
またお邪魔します。

6 ■>加賀錦 さん

私も最初は監督が出ているなんて知りませんでした。パンフに監督が出演していると書いてありましたよ(^_^)

プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。