スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『キングアーサー』   円卓の騎士に想いを馳せる・・

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
キング・アーサー

出演■クライヴ・オーウェン、キーラ・ナイトレイ、ヨアン・グリフィズ
監督■アントワン・フークア


<ストーリー>

ローマのために数々の武勲を立ててきたアーサーと円卓の騎士たちは、15年間の兵役を終え、それぞれの故郷に帰ろうとしていた。だが司教は、兵役解除と引き替えに、ブリテンに住むローマ人貴族を救出せよという予定外の任務を命じる。ブリテン地方は、森に潜むゲリラ軍ウォード、新たな侵略者サクソンの三つ巴の戦乱にさらされた危険な地域だった・・・。


2004年 アメリカ

(「映画生活」より抜粋)




ご存じ『パイレーツオブカリビアン』『パールハーバー』のジェリー・ブラッカイマー製作。「アーサー王伝説」に基づき描かれた大作。

あのジェリー・ブラッカイマー製作と期待していました。が・・・

まず、主人公のアーサーにあまりカリスマ性が感じられませんでした・・・伝説のアーサー王がカリスマ性が無いなんて駄目ですからね(笑;)う~んクライヴ・オーウェンには未だ主演は早かったのではないか・・・とまで思ってしまいました。


アーサーよりも脇役達に魅力がある作品ですね。アーサーの親友にして部下のランスロット、彼の方がカリスマ性が感じられるのです。ランスロットに惹かれた方、多いのではないでしょうか?円卓の騎士たちの方が数倍魅力的です。彼らのエピソードも少し描かれているのですが、アーサーよりも彼らのエピソードに心惹かれましたね。・・・この作品、主役が霞んでいます。

また、キーラ・ナイトレイ演じるグウィネヴィアも魅力あるキャラクター。彼女の美しく勇敢な姿を観ていると・・・主役は彼女では!?とも思ってしまいました(笑;)

そして他の円卓の騎士たちもそれぞれ魅力あるキャラクターです。そういった魅力あるキャラクターにアーサーが霞んで見えてしまいましたね。

迫力ある戦闘シーンも多々出て来ますが、私は『ロードオブザリング』や『トロイ』をこの作品を観る前に観ていたため、新鮮味が無く、比べてしまいました・・・。そんな戦闘シーンでもやはり先述のキャラクター達は存在感がありました(特にキーラ・ナイトレイ演じるグウィネヴィア)。

また、アーサー王伝説のメインと言ってもいい予言者マーリンの存在感があまりありませんでしたね。描き方が甘い感じなので・・・。


ちなみに、結末は伝えられているアーサー王伝説とは違います

アーサー王伝説を基にしているのでファンタジーかな?と思いましたが、その要素はあまりありませんでした。おそらく、この作品はアーサーを英雄としてではなく一人の人間として描いてる作品だからでしょう。





にほんブログ村 映画ブログへ


キング・アーサー@映画生活


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1 ■彼らがいたから

アーサーがカリスマ性を持った王として、伝説になったのでしょう。
それならば、円卓の騎士達の詳しい事がとっても知りたくなった作品でした。
時間は短かったのだから、もう少し膨らませても良かったですよね!

2 ■>hiropoo さん

円卓の騎士をメインにいた作品のほうがよかったかもしれませんね(^^ゞ

伝説ではグウィネヴィアがランスロットと不倫し、アーサーは殺されるそうです・・アーサー・・・かわいそうですよね。

3 ■オーラ

オーウェンにはあまりオーラを感じ取ることが出来ませんでしたね。
TB失礼します。

4 ■>xina-shinさん

コメントとTB有り難うございますm(__)m




伝説の王を演じるのだからオーラを感じさせなくてはいけないですよね。しかしオーウェンには感じませんでしたねf^_^;
プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。