スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『亡国のイージス』  首都壊滅の危機を打開せよ!

ジェネオン エンタテインメント
亡国のイージス

出演■真田広之、佐藤浩市、中井貴一、寺尾聰  他・・・
監督■阪本順治



<ストーリー>

東京湾沖で訓練中の海上自衛隊イージス艦「いそがぜ」で、艦長が何者かに殺害された。宮津副艦長は、先任伍長の仙石に、犯人が如月一等海士であると告げ、乗務員を艦から退去させる。しかし宮津は、某国の対日工作員、ヨンファと共謀し、特殊兵器「グソー」の照準を東京首都圏に合わせていた・・・・


2005年 日本

(「映画生活」より抜粋)







自衛隊全面協力と言うこともあり、迫力あるシーンを観ることができた。可能な限り合成を減らしたいとの考えから実物大のオープンセットを作り撮影したそうで、同じ福井作品の『ローレライ 』よりも迫力とリアルさが出ていて良かったと思いました。

この作品は現代の日本に対するメッセージという事で『ローレライ』と共通している部分もあるかと。各登場人物の台詞に作品の持つメッセージが顕著に表れています。国家の強さとは何なのか?平和とは、戦争とは・・・様々な問題提起がなされた作品で、この点は良く、ストーリーは面白いというか良い要素が沢山ある作品だと思いますが、前半のテンポの悪さに少々だらけました(^^;)冒頭もいきなりの展開になっていたりと雑な面が少し感じられました。


後半からはなかなか良かったので少し残念な点です。人物描写をもう少し丁寧に描いてくれた方が作品により入り込めたかと思います。ヨンファとジョンヒの関係などはチラシ等で知っていたので分かりますが、あの写真だけでは少々説明不足かと。まあ、この作品では二人の関係はあまり重要ではありませんが・・・。


パンフレットによると人物背景は敢えてあまり描かなかったそうですが、観客の想像に委ねるという考えは・・・どうなんでしょう?大作の小説を映画化するとなると仕方が無いのですかね。あと『ザ・ロック』と似ているな・・・と思ってしましたf^_^;そしてあっけなく終わった感が少し・・・(^^;)

役者達は豪華ですね。真田さんはアクションはやはりお上手でした。佐藤浩市さん演じる渥美は旧華族という家柄だそうで、その設定通り品がありました。岸部一徳さん演じる瀬戸とのやりとりは良かったです。中井貴一さんの工作員ヨンファは良かったのですが、ジョンヒを演じたチェ・ミンソは韓国の女優だったので、ヨンファも韓国の俳優が演じたらまた違った面白さが出ただろうなと思いましたが、それは無理な話ですよね(笑;)


この作品、小説を読んだ事がありません。小説の方が人物描写がよく描かれているそうなので時間があれば読んでみたいと思います。

賛否両論あるかと思いますが、それなりに楽しめる作品だと思います。




にほんブログ村 映画ブログへ


亡国のイージス@映画生活

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1 ■こんばんは。

私は、この映画はまだ観ていないのですが・・・。
私は原作を読んでいるんですが、同じように読んだ友人が映画を観た評価が、あまり良くはなかったのですけど、個人的には、意外と期待をしている作品です。
rainさんの記事、とても読みやすく解説も丁寧なので、自分がブログを書く際にも参考にしています。

それと、今までTBしていたのですが、何故か、反映されていないのですが、その代わりといってはなんですが、色々とコメントを残していきますので、よろしくお願いします。

私のブログは、TB&コメントは大歓迎ですので、こちらもヨロシクです。

それでは、失礼します。

2 ■>Genken さん

『亡国のイージス』は賛否両論でしたからね・・・。原作を読んでると作品が理解しやすいと思います。説明はし折られてますので^_^;しかし原作を読んでると物足りなく感じてしまうかもしれませんね・・。


TBしてくださってたのですね。有難うございます。何かアメブロでTBが上手くできないことがあるんですよね(^^ゞ私もアメブロのブロが-さんにTBしたのですが何度やっても反映されませんでした・・何なのでしょうね?なんかすいませんm(__)m

また遊びに行きますね。こちらこそよろしくお願いします。

3 ■はじめまして(^0^* )

TBありがとうございました♪
【ローレライ】よりも【戦国自衛隊1549】よりも良かったと思うのですが、やはり端折り過ぎなんですね(汗)
人物描写をあの程度に抑えたことで、もう原作が読みたくて仕方なくなってしまいました(T▽T)
きっと小説は何倍も素晴らしいのでしょうね♪

4 ■>cherryさん

初めまして(^-^*)コメント有り難うございます。


前持ってあらすじや人物関係を見ていたので何とか分かったものの、かなり説明不足で分かり辛かったですねf^_^;


長編小説をまとめるのにはやはり無理があるんでしょうね~f^_^;この作品を観た時は小説読んでなかったのですが、読んでいなくても端折ってるんだろうな~と分りました。


一緒に観に行った友人は読んでいたのですが、やはり端折り過ぎと言ってましたよf^_^;

7 ■コメントどうもでした~

やっぱりみなさん中途半端っていう意見が多いですね
わたしもそう感じました
でも作品としてはうまくまとまっているのかなとも思いました
どうしても映画枠では、制限があるんでしょうね
では~
プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。