スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『マラソン』  怒り、苦悩、感動、幸福・・人生は‘マラソン’

アミューズソフトエンタテインメント
マラソン

出演■チョ・スンウ、キム・ミスク、
監督■チョン・ユンチョル


<ストーリー>

20歳のチョウォンは自閉症の障害を抱えており、5歳児程度の知能しかなく、母親のキョンスクが常に世話をしていた。そんな中、キョンスクは息子が走っている間だけは、楽しそうにしていることに気づく。ハーフマラソンではなんと3位に入賞。フルマラソンに挑戦させたいと考えたキョンスクは、かつて名ランナーとして知られたチョンウクにコーチを頼む・・・。


2005年  韓国

(「映画生活」より抜粋。)






ペ・ヒョンジンという方をモデルに実話を基にした作品。監督は彼と一年間共にマラソンを走ったとか。

この作品はチョンウォンの目線で描かれた作品でもあり、母親の目線、第三者(コーチ)の目線で描かれた作品とも言えます。

母親は「息子は自閉症だが他の人と同じ」と思い、彼にマラソンというものを与え「走っている時は皆と同じ」と言う・・・この考えこそチョンウォンを特別視しているわけですし、偏った愛情で本当に彼の為にはならない・・・なのでコーチの言葉に私は共感しました。しかし・・・母親の気持ちも分かる気がします。


また、その母親のチョンウォンばかりに注がれる愛情、それにより家族に溝が出来てしまい、家族のあり方を母親は見失い、それにより苦悩するチョンウォンの弟や父親の気持ちも共感できる。・・・そう、恐らくこの家族の気持ちは誰もがその立場であったら持つであろう気持ちを描き、自閉症の子を持つ家族というか、普通にいる家族を描いているのだとも思います。


荒れ行く各々の気持ちをチョンウォンの純粋な気持ちが癒し、周囲を変えて行くチョンウォン。そして母親は自分の育て方を振り返った時、新たなスタートラインにストーリーは立ちます。

この作品はチョンウォンを通し、家族のあり方、母親と子の自立の物語なのです。
それと、チョンウォンはしまうまが好きなのですが、私はチョンウォン=しまうま・・・な様な気が観ていて思いました(・・・って分かり辛いですかね(^^ゞ)。


監督は『レインマン』どの障害者を描いた作品とは違った物を作りたかったとのこと。というのはハリウッドの障害者を扱った作品は障害をもった人は超人的才能をもっている・・といったように描かれがち。しかし監督は普通に描く。この監督の意図は各シーンに表れています。


またこの作品は現実的な描き方とファンタジーのような描き方をするシーンがあるのも独特で、現実的なシーンの途中でそういったシーンを挿入することにより観ていてあれこれと考えさせます。・・ですがラスト近くのシーンには少し「ん?」と思ったりしたんですけどね(^^ゞ


監督は今作で長編デビューをはたしましたが、映像はマラソンのシーン等は爽やかで美しく、苦悩するシーンは暗めにするなど、デビュー作と思えない程でした。様々なシーンに伏線を強いていたり、雨が最初と最後の使われ方に違いが在るのが効果的で良かったです。
効果的といえば音楽。ピアノの音色は心に響き、涙が誘われます。



主演のチョ・スンウは作品ごとに演技力が増している気がします。彼はこの作品で大鐘賞・男優賞を受賞しました。

大鐘賞7部門受賞。爽やかな感動に包まれる作品です。




にほんブログ村 映画ブログへ

マラソン@映画生活


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1 ■チョ・スンウ=ペ・ヒョンジン

ちょっと前に、NewS23でペ・ヒョンジン母子が特集で出てたのを見ました?


初め見たときは、チョ・スンウに見えたんですよ。仕草、話し方…それはペ・ヒョンジンさんの自然な行動なはずなのに、チョ・スンウが演技してるのかと見間違えるくらい。同一人物って言っていいくらいです。




チョ・スンウの演技の巧さとペ・ヒョンジンの純粋さがよく出た作品だと思います。「マラソン」は今年見た映画で、一番涙流した映画になりそうです。

5 ■>フリオニさん

私もそのやり取りを見て愛情の深さを感じましたよ(^^)映画の親子の姿も現実に近いものがありましたね。

6 ■>じゅんさん

初めまして(^^)
キム・ミスクさん、良かったですよね。普通にいるお母さんといった雰囲気なのが余計に良かったですね。

7 ■こんばんは

トラバ&コメントたくさんありがとうございます。韓国の障害者を扱った作品では『オアシス』という傑作があるますが、普通に描くこととファンタジー色もあるという点では、似ているなと思いました。これからもよろしくです。

8 ■>カヌさん

コメントとTB有り難うございますm(__)m




イ・チャンドン監督の『オアシス』の方が重いかなと思います。監督の作品には共通した独自のテーマや独特の作風がありますので。


それに比べ『マラソン』は誰にでも観られる作風で、ファンタジー要素やコミカルなシーンをいれる事により娯楽性が高い作品になっているかなと思いました。




しかし、どちらの作品も質は高く、素晴らしいことには変わりありませんよね(^^)

10 ■>さくさくさん

確かに生き方を見直したくなる・・そんな作品でしたね。
発監督作に思えない作品のできばえでしたね。

11 ■韓国映画に詳しくないのですが

この映画の主人公の演技は素晴らしかったです。
やっぱり賞を取られてるんですね、あの俳優の方。
確かに要所要所でのファンタジー的な映像、好みがわかれそうですね。
ご訪問ありがとうございました!

12 ■>ebisawachildrenさん

チョ・スンウの演技は素晴らしかったですよね。受賞も納得ですね。

あのファンタジー的な映像には一瞬戸惑いました^^;あのシーンは好み別れそうですよね。

こちらこそありがとうございます。
プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。