スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『猟奇的な彼女』  彼女の猟奇的な事情。

アミューズソフトエンタテインメント
猟奇的な彼女

出演■チョン・ジヒョン、チャ・テヒョン
監督■クァク・ジェヨン



<ストーリー>

大学生キョヌは、電車内で酔っぱらいの美女を介抱する。翌日、その彼女に呼び出されたキョヌだが、お礼を言われるどころか彼女の横暴な言動や態度にびっくり。しかし、名前も明かさない彼女の心になにか悩みがあると気づいた彼は、言われるがままに付き合おうと決心し・・・


2001年 韓国

(Amazon.co.jp より)



韓国のネット小説(作者の実体験)を映画化。小説とはラストの展開が違うので小説と見比べるのも良いかと。
二人の出会いがロマンチックではないのがまた良い。電車内で酔っ払いとんでもないことをしでかす“彼女”・・・あのおじさんは災難です、Wの悲劇を“彼女”からうけるおじさん(笑)クァク監督の笑いのセンスが凝縮されたワンシーンは監督のその後の作品にも似たようなシーンがあります。


前半は破天荒な“彼女”に振り回されるキョヌが次第に彼女を想うようになっていく過程がコミカルなシーンと共に描かれています。振り回されている様で楽しんでいるキョヌの人柄が分かり、惹かれます。


曲がった事が大嫌い(?)で変な小説を書き、そしてキョヌを殴るエキセントリックな彼女・・・しかし魅力的なんです。観ていて惹かれてしまいす。この作品は人物描写が丁寧。

そしてストーリーの素張らしさは勿論ですが、キャスティングが素晴らしいのがこの作品の良さのひとつ。「ぶっ殺されたい?」が口癖で破天荒なヒロインをチョン・ジヒョンが好演。彼女はこの作品で一気に人気女優に。ジヒョンの天真爛漫さがこの作品にぴったり。“彼女”の心理をうまく表しています。


そして、いつも彼女に振り回されるキョヌにはチャ・テヒョンは嵌り役。コミカルな演技から後半のシリアスな演技まで見事でした。キョヌの心優しい性格が伝わり、心を揺さぶられます。

前半のコミカルな作風から一転、後半は彼女の過去がわかり、切ないシーンで埋め尽くされます。前半と後半の彼女の心理をチョン・ジヒョンが表情豊かに演じています。あの前半の勢いある彼女の悲しい表情h迫るものがあります。丘のシーンはとても切ないのですが、すきなシーンのひとつです。

結末は監督らしく、監督の作品全てに通じるテーマがあります。


この作品は笑いあり涙ありの最高に素敵な作品。観終わった後「この映画に出会えて良かった」と爽やかな感動に包まれるはずです。
私は監督の『僕の彼女を紹介します』よりも、この作品が好きですね。


監督の作品はリンクがあるので、『猟奇的な彼女』『ラブストーリー』『僕の彼女を紹介します』の順に観る事をお勧めします。


この映画のサントラもお勧め。シン・スンフンが歌う主題歌「Ibelive」、名曲です。

『猟奇的』とはこの映画では「特異、尖った個性、変な」という意味で使われ、韓国の流行語になったそうです。

ハリウッドリメイク(ドリームワークスがリメイク権獲得)決定だそうですが・・・どうなるんでしょうね。ジヒョンのような魅力ある女優に彼女を演じてもらいたいものです。




にほんブログ村 映画ブログへ


猟奇的な彼女@映画生活


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1 ■はじめまして!

rainさん、読ませてもらいました!

実は、私も、この映画、やっと見ることができたんです。

すごく、おもしろかったですよね!


レビュー


見た後に言うのもなんですが・・・
そうそう、その通り!!

幼い頃、映画評論家になるの夢だったんですが、
最近では、あまり、映画も見ることもなく・・・

また、おじゃまします!!

うちの娘が産んだチェリーのお友達に
プリンちゃんなってもらえませんか?

2 ■凶暴なのに…

な~んであんなに可愛いんでしょうかね~。彼氏をボカスカ殴り、振り回し、優しいことなんて全然してやらないのに…。でも、あの彼女の“繊細な内面”を見抜いたキョヌ君はエラい!女を見る目がありますね。


しかしキョヌ君て可哀相(笑)。彼女に叩かれ、お母さんにも(^_^;)


私は遊園地のシーンと彼女の靴を無理やり履かされるとこが好きですね~。


『恋人の死』は韓国では人気(?)のシチュエーションらしいですが、ドリームワークスが果たしてあのコミカルさ+切なさを再現できるのか?楽しみですね。長文になってすみません。

6 ■ハリウッドリメイク

噂で聞いた話では、原作に沿ってか「延長戦」は無いらしいですね。個人的な感想としては、この映画は、原作にない「延長戦」があったからこそ、良い作品になったと思っているのですが…。


ちなみに「I Believe」は、シン・スンフンの8集アルバムにも収録されていますよ。

10 ■>たけやんさん

コメント有り難うございます(^^)




バラのシーンは良いですよね~キョヌの優しさが伝わります!


レストランで彼女との付き合い方を言うシーンも好きで…と好きなシーンをあげたらきりがない(笑)それだけ好きな作品です(^^)

12 ■TBありがとうございました

この作品キャラクターがみんな魅力的ですよね。あんな彼女にだったら振り回されてみたい!と思った男性がたくさんいるに違いない。
ハリウッドリメイクはなんかどうでもいいですね。オリジナルの評価を下げないように作っていただきたいものです。

13 ■>まぎーさん

TBありがとうございます(^_^)
何回見ても楽しめる作品なので観ちゃいましょう(笑)
私もまたおじゃまいますね。

14 ■>唐須さん

ハリウッドリメイクはしてほしくないのが本音ですが、決まったからには気になるのがファンのサガ(笑)続編の話しもありましたがどうなったんでしょうね・・彼女の昔の話しを作るときいたのですが。

15 ■こんにちわ~

これ、ディレクターズカット版見ました?
カットされた場面が、入っていてわたしはDC版をお勧めしますょ
では~

16 ■>さくさくさん

未公開シーンに惹かれDC版買っちゃいましたよ♪


結構カットされてたんですね~カットしないで公開して欲しかったですね(^^)
プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。