スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ベルベット・レイン』  雨に始まり、雨に終わる・・・

日活
ベルベット・レイン
?

出演■アンディ・ラウ、ジャッキー・チュン、ショーン・ユー、エディソン・チャン
監督■ウォン・ジンポー




<ストーリー>

香港黒社会の大ボスのホンの暗殺計画が噂され、配下の三人のボスはお互いの腹をさぐり合っていた。ホンの弟分のレフティが跡を継げば、多くの血が流されることは明らかだった。その夜、ホンの妻が長男を出産する。病室を見舞うホンとレフティ。レ フティはホンに引退して家族と国外に出ることをすすめる。一方、レストランで働くイックは相棒のターボに誘われ、くじ引きで暗殺者を決める会場のディスコへと向かう。殺す相手の写真を見せられ、ナイフを渡されたイックは夜の町へと飛び出していく…。


2005年 香港

(「映画生活」より 引用。)






『インファナル・アフェア』を彷彿させるキャストとストーリーにひかれ、観に行きました。

監督は今作が長編デビュー作で、“第二のウォン・カーワイ”と称されているそうです。

確かに映像は独特の世界観があります。酔う様なカメラワーク、サブリミナルっぽい描写(これサブリミナル!?と映画館でかなり驚きましたf^_^;凄い一瞬エリディソン&ショーンが映るシーンがあるんです。これに気付いた方いますか?見間違いかな…f^_^;)、スローモーションの多用、原色の映像等…監督の特徴が沢山観て取れます。



PVの様な映像もあったりと好き嫌い分かれそうな映像が多いです(監督はPVの演出もされていた様なので、そういった映像になったりするのでしょうか)。

ストーリーは黒社会に生きる男達が描かれ、バイオレンス色も結構強いです。観ていて「これって指定入ってないんだよな…入れた方が…(^_^;)」と思いました。中国では上映禁止になったらしいですね(特典の非売品プレスに書いてありました。)。

長髪のアンディ・ラウは渋くてかっこよかったですね。ジャッキー・チュンが冷酷なレフティを好演していました。ジャッキー・チュンの存在感はアンディ・ラウ以上でしたね。

ショーン・ユー、エディソン・チャンも良かったと思います。ショーン・ユーは薄幸で無表情な役が似合ってました。

この作品はラストに意外なオチがあります。何も考えずに観ていた私は騙されました。こういうオチには素直に騙された方が気持ちが良いですね。というか…この作品は騙されなければならない。

というのもこの作品、黒社会の非情、壮絶さや哀愁。男同士の絆等があり、良かったのですが…物足りないんです。
オチがなければ何て事無い作品になりかねません(^_^;)
良い要素があるのに勿体ないです。

この作品は「難解だ」という感想もよく目にしますが、全て観終わった後各シーンと台詞を思いだすと良く分かるかと思います。
後から色々と考えたくなる作品でした。


原題は『江湖』。“黒社会”を意味する言葉だそうです。『ベルベットレイン』というタイトルもラストのシーンを考えると結構合ってるかなと思います。

結構良い要素があった作品なのに活かし切れてない感があったので、監督の次回作に期待です…(^^;)





にほんブログ村 映画ブログへ ?


??


映画生活 ベルベット・レイン ?


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1 ■無題

コメントありがとうございます。

結構良い要素があった作品なのに活かし切れてない感があったので、監督の次回作に期待です…(^^;)

まさにその通りですね。クールな要素がたくさんなのにアツくなれませんでした。

2 ■>サミーさん

いい部分はあったのでおしい作品ですよね。
監督の次回作に期待しています!

4 ■>猫姫さん

「2人は同一、あれはアンディーとジャッキーの過去」作品の作りは複雑でしたがこれは容易に分かりますよね。
チラシの作りでもこれが分かりますね。

仰る通り、落ちが無かったら全く・・・な作品でしたね(^^ゞ
キャストが言いだけに勿体無いです。

5 ■TB感謝

おひさ!!
TBありがとうございます。
更新を抑えていますがすこしずつ戻していくつもりです。
この作品は裏を考えずに見ていたので監督の思惑に嵌ってしまいました。

6 ■>xina-shin さん

お久しぶりです(^^)しばらく更新されていなかったので気になっていました。これから再開されるんですね。また宜しくお願いします。

この作品、私も監督の思惑に嵌りました。まさかああいった結末を用意するとは全く考えていなかったので、驚きました。
プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。