スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『殺人の追憶』  タイトルに込められた意味・・傑作社会派サスペンス

アミューズソフトエンタテインメント
殺人の追憶

出演■ソン・ガンホ、キム・サンギュン、パク・ヘイル、ピョン・ヒボン
監督■ポン・ジュノ


<ストーリー>

1986年ソウル近郊の農村で起こった女性の猟奇的殺人事件。特別捜査本部のトゥマン刑事はソウル市警から来たテユン刑事と組んで事件に挑むが、捜査方法の異なるふたりは対立し、何度も失敗をする。しかし、ある出来事がきっかけとなり有力容疑者が浮上する・・・・


2003年 韓国

(Amazon.co.jp より)




 実際に起きた未解決殺人事件(華城連続殺人事件)を基にした作品。公開当時10件中8件が時効を向かえ、残りも時効間近だそうで、この作品を機に再捜査を求める声があがるなど韓国で社会現象となった作品。

 この映画は経済的発展を優先する政府は民主化を求めるデモの鎮圧に躍起になっていた時代が背景というのも重要な点です。そういった時代が産み落とした闇からこの事件が起きたとも考えられるからです。

 刑事達の、被害者が増え、捕らえる事ができない怒りと焦りを、ソン・ガンホとキム・サンギュンの好演が光る。ソン・ガンホはぐうたら田舎刑事から、事件の重大さと自分がしてきた捜査方法の過ちに気付き、心情が変わって行く過程を見事に演じている。また、容疑者役のパク・ヘイルも何処か怪しげで冷たさを感じる表情で容疑者役を好演。観る者は彼を疑わずに入られないという刑事達と同様の心理状態に置かれる。

この作品は各登場人物の心理描写も見事です。

 音楽はドラマ『人間の証明 』等の岩代太郎氏が担当しており(なんでも劇場版『るろうに剣心』を観て監督が岩代氏の音楽を気に入ったそうです。)、音楽が刑事達の感情と緊張感等を巧く表わしていた。


 こんな悲惨な事件が未解決というのが恐ろしく、やりきれない。

この事件が迷宮入りしていく事をカメラワークでも巧みに表していました。また、その巧みなカメラワークがうみ出す斬新な映像と、台詞により「その辺に犯人となりうる人間は幾らでもいる・・・」という恐怖感、疑心感を産み出す効果を出しています。

 監督作品特有のブラックな笑いも描かれ、当時の警察の捜査に対する皮肉とも取れる部分があります。

 エンドロールのソン・ガンホの表情と音楽、映像が観る者に深い余韻と衝撃を与え、このラストシーンからエンドロールに事件の全てが表れていると思うのです。

 その完成度の高さに唸ってしまいました。

 鑑賞後まさに“追憶”してしまう傑作社会派サスペンスです。



 監督が再びソン・ガンホペ・ドゥナと組む『怪物』も期待度大です。





にほんブログ村 映画ブログへ


殺人の追憶@映画生活


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1 ■無題

初めまして、TB&コメントありがとうございました。
韓流ブームで大量の韓国映画が入ってきましたが、その中でもこの映画の完成度は一歩抜けていますよね。ほんとに唸りました。
ラストのソン・ガンホの表情は見事でしたよね。“目力”ならぬ“顔力”が凄まじいです。

2 ■わたしも

この映画、すっげぇなぁって思いました。
でも、もろてをあげて、好きな映画ともいえないのですが。
ただ、すごいな。と思いました。
雨が印象的でした。

3 ■>micchiiさん

コメント有り難うございますm(__)m




“顔力”…まさにそうですね!ソン・ガンホは本当に素晴らしい俳優だと思います。




ブームとは安易に言えない韓国映画の素晴らしさ、底力を見せつけられた…そんな作品ですね。

6 ■こんばんは

トラバどもです。韓国映画、凄いなぁと思った作品でした。『怪物』めっちゃ期待してます!

7 ■>マイコさん

ソン・ガンホは素晴らしい俳優ですよね~あの表情ひとつでセリフが無くても全てを語っている…さすがです。




犯人が捕まっていないのが恐ろしく、怒りも込み上げますね。この作品、今の日本で起きている犯罪と似ている点があるためとても恐ろしく、また鋭い作品だと思います。

10 ■>exp#21さん

こちらこそコメントとTBありがとうございます。
この作品・・秀作ですよね。各映画賞を総なめなのも納得です。

当時の警察、この作品を観ると冤罪は確かにたくさんありそうな気がしますね^_^;
初動捜査もいいかげんでしたし・・そう言うところもブラックな笑を絡めて描いてましたね。

11 ■TBとコメントをありがとうございました。

はじめまして。
犯人の手がかりすらない中で
怒りと苦悩と憤りと焦りを抱えた刑事たちの姿を描いた
骨太の作品でした。
韓国の映画賞を総なめにしただけのことはありましたね。

それにしても最後の用水路での会話は怖かったです。

12 ■>sannkeneko さん

映像、音楽、脚本、そして俳優たちの演技全てが素晴らしい作品でしたよね。

ラストの少女の言葉は全ての犯罪にも繋がる部分があり、とても恐ろしかったですね。

14 ■>トロ助さん

この作品は本当に見事な出来で、観るたびに感心してしまいます。


犯罪その時代の何かに影響を受け、産み出された負の遺産ということでしょうかね。

16 ■>ぶーすかさん

はじめまして。
初動捜査がああだったことも未解決の原因でしょうね。しかし本当にあんな恐ろしく、そして怒りを感じる事件が未解決のまま終わると言うのが残念・・・というか悔しいですね。
プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。