スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『インファナル・アフェアⅢ  終極無間』   悲しくも美しい終極

ポニーキャニオン
インファナル・アフェア III 終極無間

出演■アンディー・ラウ、トニー・レオン、レオン・ライ、チェン・ダミオン、ケリー・チャン、アンソニーウォン他
監督■アンドリュー・ラウ、アラン・マック



<ストーリー>

第1作のラスト後から、物語は始まる。マフィアとしての過去と決別したいラウが、警察内に潜んでいると思われる他のマフィアを探すうち、エリート警官のヨンと中国本土の武器商人の関係を怪しむ・・・


2003年  香港(中国)

(Amazon.co.jp? より抜粋。)



インファナル・アフェア三部作最終章。

Ⅰの続きとなっている今作はラウが主人公として描かれ、新たに登場する人物がいる等最終章ということだけあり、豪華な出演者達。豪華共演だけでも観るに値します。

ラウの末路が描かれた今作は“究極の無間地獄”を目の当たりにする事になります。
ラウの`善人でありたい'と思うあまり、心が崩壊して行く様が悲しく切ない・・・彼の人生はまさに「無間道」。アンディ・ラウの演技は賞を受賞するだけあり見事でした。また今回初めて登場するレオン・ライとチェン・ダミオン。レオン・ライが敵か味方か分からない謎多きヨンをクールな演技で好演、そのミステリアスさは観る者を惑わす。
チェン・ダミオンも渋くて良かったですね。この作品に重みを与える存在でした。

今作ではヤンのファンには少し救われるシーンがあり、そのシーンを観ると運命は残酷だなと思ってしまう。そしてヤンの存在の大きさを実感する。
また三部作中一番女性の存在を感じ、彼らにとって女性は“オアシス”であると言うことが伝わる。一作目で少々浮き気味だったケリー・チャンの役柄の重要さが今作で分かる。


前二作同様、劇中に流れる音楽が良く、エンドロールの歌の歌詞にはⅠもそうだったが哀愁があり、映画のテーマを表していると思いました。


今作は前二作とは違うテイストで描かれているためか、少々物足りなさを感じましたが、今作は“終極無間”と言うことだけあり、全編どんよりと薄暗く(DVDのジャケットに上手く現れています。)、ラウの心理にスポットを当てているため“静”の作品となっています。インファナルアフェアシリーズ特有の雰囲気や人間ドラマがあり、見る価値がある作品だと思います。内容が結構複雑なので、何度か観るといいかもしれませんね。三作続けて観たいと思いました。


しかし・・私の中では『インファナル・アフェア』三部作では『Ⅰ』が一番です。




にほんブログ村 映画ブログへ


インファナル・アフェアIII 終極無間@映画生活



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1 ■こんばんは!

TB&コメ、ありがとうございました!
ぞっとする3部作でした。
続けてご覧ください!
あたしはやっぱり、2,1,3の順ですね。
またよろしくお願いしますね。

2 ■こんばんは☆

前にDUOでrainさんの記事にお邪魔させていただいた、「エディソン・チャンが大好きなジェーン」です♪

Ⅲはとてもすばらしいと思いました
三部作を見事に完結させたと思います
Ⅲの中では、ヤンの幸せなシーンがお気に入りです☆

…早くエディの次回作が見たいです(泣)
またショーンと一緒かな?(笑)

4 ■>猫姫さん

コメントとTBの返信有り難うございますm(__)m




続けて観た方が分かりやすいですよね。私は公開当初予習せずに観に行ってしまった為、やや混乱(笑)




猫姫さんはⅡが一番なんですね(^^)






こちらこそ、また宜しくお願いしますm(__)m

8 ■>猫姫さん

あ!すいません(゚o゚;)勘違いしてしまいましたm(__)m

観る順番、確かにその方が分かりやすいですよね。
プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。