スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『僕の彼女を紹介します』  チョン・ジヒョンの魅力を堪能すべし!

ワーナー・ホーム・ビデオ
僕の彼女を紹介します 特別版 〈初回限定生産〉

出演■チョン・ジヒョン、チャン・ヒョク

監督■クァク・ジェヨン



<ストーリー>

ギョンジンは、仕事に燃える熱血警察官。誤認逮捕が元で知り合った高校教師、ミョンウと恋に落ちた。無鉄砲なギョンジンを、ハラハラしながら見守るミョンウは、何があっても彼女を守ると心に誓う・・・・


2004年 韓国

(「映画生活」より抜粋)





『猟奇的な彼女』でチョン・ジヒョンとクァク・ジェョン監督に魅せられ、はまった方は多いと思います。私もその一人・・・という事で制作が決定した時から楽しみにしていた作品。
『僕の彼女を紹介します』は猟気テイスト満載。笑って泣ける・・・そんな作品となっています。

ミョンウの、“彼女を例えどんな形になっても守る”という気持に感動し、奇跡に涙。
クァク監督作品に共通する“恋の小道具”のピアノ、手紙、鳩、雨などが出ていたり、ラストも監督らしかったです。


ラストは『猟奇的な彼女』のファン向けのお遊びがあり、クスッと笑えます。
お遊び・・・といえばキム・スロがチャン・ヒョクと『火山高』繋がりなのか出演してました。他には『ラブストーリー』でやたらに倒れていたあの人も意外な役で出演する等かなりファンサービスがあります(笑)


有り得ない事だらけで興冷めする人はしてしまうようなシーンもありますし、「泣いてくれ!」と言わん許りのこの作品・・・しかし“泣け泣け攻撃”に私はのりました(笑)この“攻撃”、素直に受け入れた方が楽しめます。ジヒョンの泣く演技を観ているだけで涙が出てしまいました。


「Tears」の歌詞は映画そのもの。因みにエンドロールの歌はクァク監督作詞です。このクァク監督作詞の歌がまたいいんですよね。この作品は音楽を多様に用いて感情を高める演出が目立ちました。音楽により涙もろいのでさらに涙腺が緩みました。

チョン・ジヒョンとチャン・ヒョクの掛相は『猟奇的な彼女』を髣髴させるようなコミカルさがあり、観ていて楽しいです。チョン・ジヒョンは素晴らしい魅力有る女優だなと再認識するとともに、この作品は良くも悪くも“チョン・ジヒョンを紹介します”的映画だなぁと思いました(^^ゞというのもこの作品はストーリー云々よりもチョン・ジヒョンを観る映画では・・・と思うようなカメラアングル、演出、ストーリー展開なのです。この辺でも好き嫌い分かれると思います。


しかし過度な期待を持っていたためか正直期待はずれな気持ちを少なからず抱いてしまいましたね・・^_^;もう少し中間辺りをシェイプしたほうがより感動したかなとも思いました。

“僕カノ”“猟カノ”派に分れるならば私は“猟カノ”派ですね。自分の中で“僕カノ”は“猟カノ”を越えられなかったので(^-^;
悪くは無いんですけどね・・・。何だかんだ言って映画館で2回観たんですけどね(笑)

この作品はチラシや予告編がかなりネタバレだったのも致命的ですね。なんであんなにネタバレなものがOKされたのでしょう。



------

------


チョン・ジヒョンと言えば来年チョン・ウソン共演クァク監督が脚本を手がけ、『インファナルアフェア』のアンドリュー・ラウ&アラン・マック監督がメガホンを取る『デイジー』が公開予定。ラブサスペンスだそうなので楽しみです(^_^)




僕の彼女を紹介します@映画生活 ?


にほんブログ村 映画ブログへ




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1 ■猟カノ派でした(汗)

正直駄目でしたねぇ…多分レンタルDVDやテレビで軽く見たら楽しめたのですが映画館でやるには少し物足りない気がしました…(カメラワークに酔った女)。


年明け位から面白そうな韓国映画の上映が続きそうなので楽しみです☆

3 ■>ヨッシーさん

ダメでしたか~そういう方多いですね。わ私もイマイチだなと思いつつ・・・泣きました(笑)
しかしジヒョンマジックにかかり2回も観にいってしまった私です(笑)

6 ■無題

コメント&TB感謝です。僕も猟カノの方が良かったですね~。ちょっと僕カノはぶっとびすぎというか、レビューでもおっしゃている通り泣け泣け攻撃が凄すぎてあざとかった気がします。でも、最後は泣けましたけどね(笑)

7 ■僕の彼女を紹介します

こんにちは(*^_^*)
トラックバックありがとうございます。m(__)m
素敵なブログですね~
「僕の彼女を紹介します」は私も大好きな作品です。(^_^)
チョン・ジヒョンさんの次の主演作品「デイジー」もすごく楽しみです。(*^_^*)

8 ■手厳しい

これ、見てないんですよね~。『猟カノ』で彼女の“バックシャン(死語?)”ぶりに魅了された私としては楽しみです。


ただしこの作品、地元韓国では公開当初“ジヒョンの演技がまるで成長してない”と酷評する意見があったとか聞きました。韓国の映画ファンって厳しいですね。
プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。