スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『セブン』  サイコサスペンスの代名詞・・戦慄が走る。

東宝
セブン

出演■モーガン・フリーマン、ブラット・ピット
監督■デイビット・フィンチャー



<ストーリー>

ベテラン刑事サマセットと組んだ、新米刑事ミルズの前に怪事件発生。捜査を進める二人だったが、第二の殺人事件が発生。サマセットは、先の変死体が「大食」を意味していること、これらは「七つの大罪」にのっとった連続殺人事件であることに気づくのだった・・・。


1995年 アメリカ

(「映画生活」より 抜粋)






サイコサスペンス(スリラー)といえば『羊たちの沈黙』と『セブン』と言われる程の傑作サイコサスペンス。

人間の欲を制裁するが如く“七つの大罪”を基にした犯行。単に残酷な描写を描くだけではなく、社会の変容とともに、犯罪の変容も描き、また都会に暮らす人々の孤独感、焦燥感などの心の闇を描いている作品。

この作品に重厚感を与えるサマセット役のモーガン・フリーマンは存在感があり、サマセットの疲れきった心理状態とベテラン刑事の風格を見事に表す演技は素晴らしいです。本当に素晴らしい俳優ですね。


若い刑事ミルズを演じたブラット・ピットはミルズにぴったり。この作品でブラット・ピットは一気にトップスターの仲間入り。若さゆえの無鉄砲さ、強い正義感、観ていてハラハラさせるミルズ。彼とは対照的なサマセットの二人の関係の変化も丁寧に描かれていたと思います。二人のキャラクターがしっかりしているからでしょね。


都会での生活に疲れ、孤独と不安を抱く妻トレーシー役のグウィネス・パルトロウは美しく儚げなトレーシー役を好演していました。トレーシーはこの作品では唯一の“光”だったと思います。


何といっても・・・ケビン・スペイシーが出演しているのは驚き。やはり演技がすばらしいです。ケビン・スペイシー・・・さすがですね。パンフレットには彼の名前が書かれていないそうです。

作品全体はどんよりした雰囲気があり、映像も監督のセンスが生かされ全てが効果的で音楽も作品の世界観をより深いものにし、憂鬱な雨と曜日が出る手法は見えない犯人への恐怖と刑事たちの焦燥感などが伝わります。

ラスト近く、サマセットが犯人の犯行動機を知り、全ては否定できないと、犯人に共感を覚え苦悩に満ちた表情を浮かべたシーンは印象深いです。

何よりもこの作品の衝撃的なラストは絶望の淵に落とされる驚愕のクライマックスでした・・・。作品を観終わ

っても余韻が残る作品ですね。



セブン@映画生活 ?


にほんブログ村 映画ブログへ



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1 ■セブンはわたしも大好きな映画です

ブラット・ピットのキレそうな演技が好きでした(笑)
初めて観た時はわたしもケビン・スペイシーの存在をあまり意識していませんでした。
「交渉人」を観てから彼のファンになって、後で「セブン」の犯人役が彼だったと驚きました(笑)

2 ■>まこさん

ブラピはキレそうな演技上手いですよね(^^)私も好きです(笑)

はじめてみた時はケビン・スペイシーだとは思いもしませんでしたよね。

4 ■>soratukiさん

コメントとTB有難うございます。
『セブン』のDVD初回版は特典が多かった記憶があります。確かテレカとかが付いていたような・・・
DVDお持ちとは羨ましいです♪
ただ残酷なだけではなくしっかりとした人物描写で見事なサスペンス作品になっていますよね。

7 ■>大福さん

そうです。ケビン・スペイシーはジョン・ドゥ(名無し)と名乗っていました、日本でいう「名無しの権兵衛」という使われ方だそうですね。
犯人がジョン・ドゥと名乗ったことにも犯罪が変容していくことへの警鐘なのかなと思いました。
プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。