スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ザ・ウォッチャー』  キアヌが殺人犯に扮したら・・・

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
ザ・ウォッチャー

出演■キアヌ・リーブス、ジェームス・スペイダー
監督■ジョー・シャーバニック




<ストーリー>

孤独な若い女性ばかりを次々と狙うシリアルキラーのグリフィン。そんな彼を追い続けるFBI捜査官のキャンベル。しかし、グリフィンはキャンベルの大切な女性までも毒牙にかけてしまう。心に深い傷を負ったキャンベルは、シカゴへと移り住むがグリフィンはキャンベルを追ってシカゴの町へ。そこで再び殺人事件を繰り返し・・・・・


2000年 アメリカ

(「映画生活」より 参考・抜粋)





キアヌリーブスが連続殺人鬼に扮した事で話題となった作品。
監督はこの作品がデビュー作。

キアヌ扮する連続殺人鬼がFBI捜査官に執着、心に傷を負いFBI捜査官はシカゴに転任するが、連続殺人鬼グリフィンは彼を追って来て彼に挑戦するかのごとく犯行を重ね…といったストーリー。

ストーリーは結構ありがちなので意外性が無ければ面白味が無いわけですが…この作品、捻りがない。

意外なのはキアヌが殺人鬼を演じるだけです。しかしキアヌ扮するグリフィンも中途半端なキャラ…(^_^;)
何の証拠も残さない冷酷無比な犯人のはずがそうでもなく変なヘマをしでかしたり、FBI捜査官に執着する理由も今一つで全てが中途半端なキャラかつストーリーとなってしまっていますf^_^;キアヌが劇中で見せるダンスまでもがいまいちです(笑)


この作品、サスペンススリラーにあるハラハラ感、恐さも差程ありません。
ただ冒頭はこれから何が…という期待が持て、作品に入り込めるものだったのは良かったです。
しかし…この作品はストーリーも人物描写(設定含め)も全てが甘く、正直今一つな作品でした。


ジェームス・スペイダー扮するFBI捜査官も過去に囚われ苦悩する様は伝わりますが、感情移入できるようなキャラでもなく…f^_^;

しかしジェームス・スペイダーは神経質で、精神的に病んでいる刑事を好演していたと思います。感情移入し辛いキャラクターなのですが、ジェームス・スペイダーの好演でこの作品が最悪の方向へ行くのを止める役割をしていたかなと。



キアヌ・リーブスは『マトリックス』『スピード』のイメージを払拭させたかったのでしょう…しかしキアヌはキアヌです(笑)殺人鬼には見えません(^_^;)

でもこの作品、キアヌがやっていなかったら私は観なかったでしょうし、キアヌがやっていたから観る気にもなったし、ジェイムス・スペイダーの好演があったのでそれなりに観られる作品になったのでしょう。
一番複雑なのはキアヌ自身なんでしょうね(^_^;)『デビル』に出演したブラット・ピットを思い出させます(笑;)
やはりキアヌにHこういった役はあまり向いていないのかもしれませんね。


この作品、映画というより2時間ドラマといった感じで観ると楽しめるかもしれません。

…と何だかんだ言ってますが何故か3回も観てるんです。あぁキアヌマジック(笑)





にほんブログ村 映画ブログへ

ザ・ウォッチャー@映画生活
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1 ■こんにちは

TB&コメントありがとうざいます。
私もキアヌ目当てでしたが、何もかもがいまいち・・・
殺人鬼には全然みえないし・・・なぜ出たんでしょう。
でも3回も見たんですね(笑)

2 ■古いキアヌの

作品も見るといいよ。
あんまり面白い物は無いのだけれど
スピードまでの彼は、あんまり良い人の役やってないし。
まぁ、殺人犯とまでは行かないけれどもね。
私は、悪役もいけると思ってるけれど、この作品は脚本自体に魅力が無い感じかな。

真下のTB有難うね。
プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。