スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『パニック・ルーム』  母強し!ジョディー・フォスターのサスペンススリラー

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
パニック・ルーム

出演■ジョディー・フォスター
監督■デヴィット・フィンチャー




<ストーリー>

離婚したメグは娘と暮らすための新居を探していたところ4階建てでエレベーター付き、そして頑丈に出来た緊急用の避難ルーム“パニック・ルーム”がある一軒家を見つけた。引っ越し早々の晩、何者かが家に侵入。娘と共にパニック・ルームへ逃げ込むが、男達の目的はパニック・ルームにある、ある物だった…


2002年 アメリカ

(「映画生活」より 参考・抜粋)







デヴィット・フィンチャー監督とジョディー・フォスターのサスペンススリラー。

この作品で“パニックルーム”の存在を初めて知りました。パニックルームにいれば侵入者が来ようが安全…ですが、映画としてはパニックルームにずっといると話になりません(笑)なので、色々なアクシデントにより、ジョディー・フォスター演じる主人公メグはパニックルームから出る事になります。


パニックルームとの行き来が侵入者達に見つからぬようにとジョディー・フォスターは走る走る!見ていてハラハラ・ドキドキします。ジョディー・フォスターはこの作品の撮影時は妊娠してたんですよね~(@_@)そんな事は感じさせないパワフルさ!

当初ニコール・キッドマンが演じるはずだったそうですが、ジョディー・フォスターでこの役は良かったと思います。小柄(これがポイント(笑))なジョディー・フォスターが侵入者相手に奮闘する姿にハラハラさせられますし、娘を守るために強くなる母親メグにぴったりでした。ジョディー・フォスターは強くて凛々しい女性を演じるのが上手いというか合ってますね(『羊たちの沈黙』のクラリスを思い出す・・)。

ニコール・キッドマンは離婚した夫の愛人役で電話の声のみですが、カメオ出演しているので要チェックです。


主人公の子供役クリステン・スチュワート…最初、男の子かと思ってました(笑)女の子なんですよね。この子がこの作品のポイントになっていると思います。こういう作品には子供が居るとハラハラドキドキ度が増します。定番の病弱な子供という設定には「またか~。」と思いましたが、こういった作品には必要な要素なのかもしれません。観ていて焦りますから。


ストーリーはデヴィット・フィンチャー監督にしてはパンチが足りない感じも…(^^;)。しかし、この閉鎖された空間で行われる駆け引きにハラハラドキドキし、楽しめました。映像は監督らしい斬新でスタイリッシュなものとなっていて、特にヒッチコックの『北北西に進路を取れ 』を意識したというオープニングはさすがです。


タイトル通り全編“パニックルーム”な(?)サスペンススリラーです。




にほんブログ村 映画ブログへ

?パニック・ルーム@映画生活

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1 ■日本にも

お金持ちの家には、付いているらしいぞ!
パニックルーム。
この映画の時期に豪邸取材で見た事があった。

確かに、何かがとっても物足りない作品でした。
タイトルは、何やら恐そうなんだけどね。

2 ■コメント&TBありがとうございました

観たい映画のひとつです(^^)
休みの時にレンタル借りてきて観ようと思います。

3 ■こんばんは

トラバありがとうございます。
劇場で観たときはやっぱり暗いから怖かった~~。
クリステン・スチュワート、最初自分も男の子かと…
すっかり成長しましたが(ザスーラでは…)
またかぶる記事ありましたらよろしくお願いします~

4 ■TBありがとう。

劇場でみたのですが、オイラの好きな羊達の沈黙シリーズのハンニバルの主演を蹴ったという邪念であんましたのしめませんでした。
みなさんはどうでしたか?

6 ■TB有難うございます。

 トラックバック有難うございます。
こちらからもお返しにTBさせていただきます。
プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。