スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『グラディエーター』 アカデミー賞5部門受賞!心を揺さぶる歴史大作

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
グラディエーター

出演■ラッセル・クロウ、ホアキン・フェニックス、コニー・ニールセン
監督■リドリー・スコット





<ストーリー>

西暦180年、ローマ帝国の治世。歴戦の勇士として名声を馳せる将軍マキシマスは、遠征先のゲルマニアの地で、時の皇帝マルクス・アウレリウスから次期皇帝の座を託したいと要請を受ける。だが、これを知った野心家の皇帝の息子コモドゥスは、老父をひそかに殺して自ら後継者を宣言、マキシマスは処刑を命じられ・・・


2000年 アメリカ

(「goo映画 」より 参考・抜粋)






ラッセル・クロウがアカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞したことでも有名な作品。

冒頭から迫力ある戦闘シーンで釘付けになる。このシーンでラッセル・クロウ演じるマキシマスがどれだけ強く、人望厚い優れた将軍であるかが分かる。その後天から地に落とされるの如くマキシマスは苦難の道を歩むことになるのが、冒頭の華々しい姿を映すことにより、その過程がより辛く、悲劇性が観る者に強い印象を与えているのだと思います。

マキシマスが幾多の困難を乗り越え再び英雄となる瞬間は感動的。マキシマスの不屈の精神に感動し、マキシマスの悔しさ、悲しみを思うと哀しくなりやるせなさも感じます。そう観る者に感じさせるラッセル・クロウの演技は素晴らしく、目で複雑な感情を表しています。この作品はラッセル・クロウが演じたからこそ良い作品になったと言えるかと思います。



また、皇帝の野心家の息子コモドゥスにホアキン・フェニックス(リヴァー・フェニックスの弟なんですよね~)が嵌まっていて、観ていて本当に嫌な新皇帝だと思ってしまいました(^^;)歪んだ性格のコモドゥスをホアキン・フェニックスが好演、彼のおかげで、マキシマスのカッコよさや、マキシマスに対して応援したくなる気持ちが強いものとなったのだと思います。

こういった作品には“悪役”の役割は重要だと思うので、ホアキン・フェニックスのコモドゥスは良かったです。


時代考証がよくなされており、当時の雰囲気が作品全体から醸し出されています。コロッセオでの戦闘は手に汗握るシーンの連続ですが…もう少し剣闘士の血なまぐささというか、そういったものが感じられる戦闘シーンだともっと良かったのかなとも思いました。このコロッセオとコロッセオの観客はCGなんですよね。しかし観ていてそんな事には全く気付かない程リアルなものになっています。衣装も手が込んでいて当時の雰囲気が伝わります。


またこの作品、音楽が良いです。音楽は数々の映画音楽を手がけているハンス・ジマ-が担当していてマキシマスの感情を表し、感動が増す音楽が作品を盛り上げます。ハンス・ジマ-の音楽は良いですよね(^_^)



ラストは見事な作りとなっていて、マキシマスの表情などとても感慨深いものがあります。このシーンで涙すること間違いなしです。





にほんブログ村 映画ブログへ


グラディエーター@映画生活


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1 ■コメントありがとうございました!

この映画はなんといってもホアキン・フェニックスですよね。
彼がいなかったらラッセル・クロウもこんなにかっこよくなかったと思います。
しかも、ただ憎たらしいだけじゃないんですよね、そこが素晴らしい。

冒頭の戦闘シーンは、コロッセオでの戦闘シーンよりお気に入りです。
冒頭から目が釘付けでした。

2 ■micchiiさん

ホアキン・フェニックスよかったですよね(^^)
コモドゥスの心理をうまく演じ表していたと思います。


TBうまくできてなかったみたいですいませんm(__)mしかもこの記事、何故かTB拒否設定になってました・・重ねてお詫びいたします。

4 ■>rappiko さん

コメント有難うございます。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』ですか。似てる曲が流れていたとは気づきませんでした。今度観た時に注意して聞いて観ます(^^)
プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。