スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ショーシャンクの空に』 運命は変えられる・・・S・キング原作、感動の名作!

松竹
ショーシャンクの空に

出演■ティム・ロビンス、ウィリアム・サドラー ボブ・ガントン ジェームズ・ホイットモア 、モーガン・フリーマン 他・・
監督■フランク・ダラボン





<ストーリー>

 

妻とその愛人を射殺したかどでショーシャンク刑務所送りとなった銀行家アンディ。初めは戸惑っていたが、やがて彼は自ら持つ不思議な魅力ですさんだ受刑者達の心を掴んでゆく。そして20年の歳月が流れた時、彼は冤罪を晴らす重要な証拠をつかむのだが……。


1994年 アメリカ

(「allcinema online ショーシャンクの空に 」 より引用)





 スティーブン・キングの小説で非ホラー小説『刑務所のリタ・ヘイワース』の映画化。かなり昔に観たので忘れている部分もありますが・・・^^;


 この作品は物凄く評価高いですよね。ほとんどの人が「良い映画」と言っているので、もう観る前から「良い映画」であるということがインプットされてしまう・・・・しかし、本当に良いんですよねこれが。私の中では‘大絶賛!!’の域には行きそうで行かないのですが完成度の高さからも評判通り「良い映画」であると思います。


 私の好きな歌手・Mr.childrenの歌の歌詞にも『ショーシャンクの空に』が登場しています。このことからもこの作品が多くの人に愛されている事が分かります。



 多くの人に支持される不朽の名作を生み出したフランク・ダラボン監督は 『エルム街の悪夢3 惨劇の館』『ブロブ 宇宙からの不明物体』(『ブロブ』は昔観た時、物凄く怖い印象を受けたんですよね~)の脚本家で、本作が初監督作品だそうですが、そうは感じさせず、見事な作品となっていると思います。ちなみに同じくスティーブン・キング原作の感動作『グリーン・マイル』もダランボン監督。

 

 前半は淡々と刑務所内での生活が大半で、様々なエピソードによって主人公アンディーはじめ各登場人物の個性を描き出しています。


 銀行の副頭取りという立場から逆転し、囚人となった主人公アンディのショーシャンク刑務所の生活は他の囚人からの嫌がらせなどにより身体的にも精神的にも耐え難いもの。その複雑な心理をティム・ロビンスが好演。

 また、調達係のレッドをモーガン・フリーマンがあの渋くて重厚感がある演技で作品を時に和ませ、時に引き締めていたと思います。やはりモーガン・フリーマンは名俳優ですね。


 刑務所内での各登場人物も丁寧に描かれています。


 劇中に出所する人物がいますが、その人物の末路が何とも言えない気持ちになりました。現実は残酷であるし、実際そうなのだろうと思い複雑な心境になりました。あまり書くとネタばれになってしまうので、控えますがm(__)m

 主人公アンディは刑務所に入れられても、そこで何があってもへこたれず、自身を見失わず、プライドも捨てずに前に進んでいく…この姿に感動し、彼が成し得た事にも感動と興奮をおぼえます。そういった各シーンの描かれ方も見事でした。また雨の使われ方が効果的で、より感動的なシーンになる。この作品に限らず雨は印象的なシーンを作り出す‘アイテム’ですね。


 レッドとの友情にも心暖まり感動します。美しいラストシーンでは二人の絆を感じました。あのラストシーンは好きです。希望に満ち溢れた爽やかな余韻がこの作品のいい所ですね。



 最後まで諦めず何ごともコツコツと頑張って行けばきっと明るい未来がある。運命を切り開くのは自分自身なのである―そう主人公・アンディーに教えられた気がします。


 

 この作品アカデミー賞にノミネートされたにも関わらず、受賞していないのが意外です。因みに同年の作品賞受賞作は『フォレストガンプ 一期一会』。この年は『パルプフィクション』もノミネートされていたとは~いやぁ凄い年でしたね!





にほんブログ村 映画ブログへ ????


ショーシャンクの空に@映画生活



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1 ■TB&コメントありがとうございました。

みんながみんな絶賛している映画が必ずしも“良い映画”というわけでもないですが、これはほんとに良い映画ですよね。
目を閉じれば、今でも名場面の数々が浮かぶ、それだけ印象的ということですよね。
“爽やかな感動”、まさにそこですよね。“泣ける”とは違って、この感覚はありそうでそうないように思います。
モーガン・フリーマンはどの映画でも素晴らしいですが、この映画は特に素晴らしいですね。

2 ■>micchiさん

そうなんですよね。‘泣ける’とは違う感動がこの作品の魅力ですね。

モーガン・フリーマンの演技はどの作品でも素晴らしく好きなのです(^^)この作品での存在感は凄かったですね。


そういえば・・同じキング原作の『ドリームキャッチャー』にも出演していますね。この作品とは全く異なるキャラクターですが(^^ゞ

3 ■名作ですよね♪

こんにちは♪遅くなってすみません、ちょっと右手負傷中でなかなかこちらにお邪魔できませんでした^_^;

あきらめないでいることが一番大切なことなんでしょうね。雨のシーンも印象的でしたが、老人が出所したあとのシーンも胸が痛くなってしまいました。それぞれの物語が折り重なり、希望に満ちたラストへと結んでいる。
やっぱり名作だと私も思います。

4 ■>chibisaruさん

こんばんは(^^)え、右手怪我されていたんですか!?大丈夫ですか?(・・;)そんな大変な時にもかかわらずご訪問有難う御座います。


老人が出所した後のシーンは辛かったですね。あのシーンは現実的に思え尚更胸が痛くなりました。

これまでの辛いエピソードの上に成り立っていることがより感動ますラストになっているのかなと思いました。

やはり名作ですよね、この作品。

5 ■希望に満ちたラストでした

大袈裟ですが、ワタシの映画人生でナンバー1です。年間170本位新作を見てますが、まだこれを越える映画はないです。越えてくれる映画を待ってるんですが・・・
映画雑誌CUTでも第一位はコレでした。

6 ■>サラさん

爽やかで希望に満ちたらストでしたよね(^_^)

サラさんの映画人生NO1ですか!確かにいい作品ですものね(^^)CUTでも1位でしたか。確か他の雑誌でも上位になっていたと思います。沢山の人に支持され力を与える本作は凄いですね。

私の映画人生NO・1はなんだろな・・・

7 ■one two three

ショーシャンク、引用されてますうよね。
僕が今までで一番、聴いてきたのはミスチルの音楽です。
素晴らしい映画ですね、この作品

8 ■>ebisawachildrenさん

おお!私もミスチル大好きなんですよ~。我が人生のサントラです。

この作品も歌詞に使われるほどすばらしいですよね。

9 ■無題

はじめまして、ホーギーといいます。
何年かぶりにこの映画を観ましたが、何度観ても感動する最高の名作だと思います。
どん底の中に追い込まれながらも、希望を持って生きていくアンディの逞しさを見事に演じたティム・ロビンスと刑務所の中では冷静かつ信頼を得ていながらも、ここでしか生きることに自信の持てないレッドを演じたモーガン・フリーマンの2人の演技は素晴らしいの一言です。
爽やかな感動を与えてくれるこの映画をもっともっと多くの人に観てほしいと思います。
ということで、これからもどうぞよろしくお願いします。
それとTBもお願いします。
プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。