スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『S.W.A.T』  アクション満載!コリン・ファレル主演娯楽作!

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
S.W.A.T.

出演■サミュエル・L・ジャクソン、コリン・ファレル、LL・クール・J、ミシェル・ロドリゲス、ブライアン・ヴァン・ホルト、ジョシュ・チャールズ
監督■クラーク・ジョンソン





<ストーリー>

ロス市警のS.W.A.T.隊員、ストリート(コリン・ファレル)は、相棒ギャンブルの無謀な行動により武器庫係に降格、ギャンブルは警察を去る。半年後、巡査部長のホンド(サミュエル・L・ジャクソン)が新しいS.W.A.T.チームを結成し、ストリートは念願の隊員復帰を果たした。同じ頃、国際手配中の麻薬王アレックスが逮捕され、S.W.A.T.は彼の護送を命じられる。しかし、報道陣に囲まれたアレックスが「俺を逃がした奴に1億ドル」と宣言したことから、ストリートたちは街中から襲われることに・・・


2003年 アメリカ

(「映画生活」 より抜粋・引用)





 公開前から期待していた作品。

SWATとか…警察、軍事ものが好きなんですよね~(笑)SWATは様々な映画でよく観ますが、SWATメインの映画って初めてですかね。この作品は70年代のTVドラマの映画化なのですが、ドラマと違う所は女性の隊員が居る事らしいです。因みに実際のSWATは女性隊員はまだいないそうで、今後女性の隊員が誕生する日が来るのでしょうかね。

 予告編がカッコ良かったのと、「市民全てが敵になる。」という宣伝文句に惹かれ、映画館に足を運んだ作品なのですが、観てみると予告から想像していたものとは違いました・・・。前半は隊員の私生活や訓練シーンに割かれていたのがよくなかったのでしょう。そういったシーンから各登場人物に興味を持ち、やがて感情移入するのですが、隊員の私生活等を描いたがために映画というよりもドラマのようになってしまったのです。題材がいいのに勿体無い。

 

 ストーリーはというと「あぁハリウッド」と言った風に典型的なハリウッド映画で、ベタな展開が続き、話しも読めてしまうのですが、でもそれがこの作品の良さです。まぁ…ちょっともの足りないと感じる方も居ると思いますが、何も考えず楽しめる作品になっていると思います。SWATというだけで観ていて楽しいので(笑)

 アクションシーンは迫力があり、テンポも悪くは無かったのですが、各登場人物をもう少し掘り下げてくれればよりよくなったと思います。私生活を描いただけでは甘く、ストーリーに深みが出ないし、展開も強引差を感じてしまう。・・・なのでこの作品、楽しみたいのならば深く考えないこと、これが大切。娯楽作と割り切ってみるといいかと思います。もともとそれ程悪い作品ではないので、見方にもよるかと思います。私は作品の雰囲気がカッコいいのもあり、それ程嫌いではありません。


 戦闘シーンのほかにSWATのトレーニングや最新鋭の武器等を観る事ができ、そういった点でも楽しめます。トレーニングシーンは結構和やかムードで、そこがドラマの乗りに感じるのですが、意外と飽きさせません。

 また、アクションシーンがカッコいいです。SWATとの活躍を描いているのでアクションシーンが多く、映し方もなかないいです。最所の方のあるシーンででヘリが出てくるのですが(予告で使われていたかと思います。)ヘリと部隊の映し方が凄くカッコいいんです。この作品は音楽、アクションシーン、俳優…すべてにおいて“カッコいい”作品なのです。 劇中掛かる音楽、エンドロールのテーマソングは鑑賞後しばらく頭の中でリピートしていました。こういった作品にはロック調の曲が合いますね(最近の作品では『ステルス』なんかがそうですね。)私の好きなリンキン・パークの曲が使われていたのもありますが。


 ストーリーは先述のように特にこれといったものはありませんが、この作品は俳優がいいです。コリン・ファレルは“第二のブラット・ピット”と称されてますが、この作品を観た時「なるほど」と納得。この作品の彼はブラット・ピットと同じ雰囲気がありましたね。犬と走るシーンやトレーニングシーンではブラピと瓜二つ・・・!でもブラピとコリン・ファレルは違うタイプの俳優だと思いますがね(^^ゞ。


 サミュエル・L・ジャクソンはやはり存在感ありますね。彼が居ると作品が締まります。頼れるボスにはぴったり。


 理屈抜きで楽しめる(というか抜いて観てください)!爽快なアクションシーン満載の作品です。

そういえばこの作品、公開当時中学生は鑑賞無料キャンペーンをやっていましたね。




 

にほんブログ村 映画ブログへ

S.W.A.T.@映画生活


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1 ■無題

こういうエンタメ性のあるハリウッド映画は
たまにアタリがあるのでいいですよね。
コリンもそうですが、ミッシェル・ロドリゲスも
なかなかかっこよくてよかったですね。

2 ■そうそう!

中学生は無料って、なんで?
当時小学生だった息子に
せがまれて見に行ったのに。
1000円払ってみたのにさ!

中学生対象の映画とは考えにくいぞ!

3 ■>ムーさん

なかなか楽しめる作品ですよね。
ミッシェル・ロドリゲス、確かにカッコよかったですね(^_^)
この作品豪華キャストなのもいいですよね。

6 ■>Genken さん

私も何故かTBできましたよ(笑)

前半部隊の私生活の描写が多いのでテンポが悪く感じてしまいますが後半の展開は娯楽作といった作りで結構好きです。
何よりこの作品音楽が好きなんですよ(^_^)。
プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。