スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『インファナル・アフェア』  無間道、第一作・・・。闇に生きる男たちの地獄への道

出演■アンディー・ラウ、トニー・レオン、アンソニー・ウォン、エリック・ツァン、ケリー・チャン 他・・・
監督■アンドリュー・ラウ
共同監督・共同脚本アラン・マック






<ストーリー>

 マフィア組員のラウ(アンディ・ラウ)は、香港警察へ入隊し、内部情報を流す潜入員となる。同じ頃、警察学校に通うヤン(トニー・レオン)は、マフィアの潜入捜査官となるため、警察を去る。10年後、ラウは内部調査課長に昇進し、恋人との結婚を控えていた。一方ヤンは、長年の潜入捜査に疲れきっている。ある夜、大きな麻薬取引の際、組織と警察は互いに情報漏れに気付き、警察はラウに、組織はヤンに、それぞれ内通者を探すよう命じる。やがて2人の距離は、少しづつ縮まっていく…。


2002年 香港

(『映画生活 Gaga』 より引用)




?





無間道三部作の一作目。ハリウッドリメイクも決定するなど各国でも高い評価を得た作品。三部作全て観ましたが私はこの第一作が好きですし、傑作だと思います。

豪華キャストの今作は、俳優達の素晴らしい演技により作品に深みが出ていると思います。

マフィアと警察の“潜入合戦”。

いつばれてしまうのか・・・と終始緊張感があり、ハラハラドキドキの連続。

双方の駆け引き、心理・頭脳戦と銃撃戦等のアクションが小気味良く、たまに入る笑いにより作品のテンポが絶妙。

テンポが良いので最後まで飽きること無く観る事ができ、引きつけられ、作品の世界に知らないうちに浸ってしまいます。

作品全体がやや青味がかった映像なのも哀愁を感じ、作品の世界を引き立てていたと思います。


世界感を引き立てているといえば音楽。インファナル・アフェアは音楽も優れていると思います。エンドロールに流れるトニー・レオンとアンディ・ラウが歌う歌はまさにこの作品の世界感とテーマを表していて、ラストの余韻がしばらく消える事がありません。

この作品のテーマは“無間道”なのですが、各登場人物がこの無間道を味わう事になっているんですよね。それは三部作全てを観ると尚更そう思います。


こういった“闇の世界”に足を踏み入れたもの達は救われる事がないのでしょう・・・しかし、彼等にも“光と救い”があるのです。それは女性達の存在・・・。この作品で出て来る女性達は結構ポイントだと思います。彼等の世界とは対照的ですからね。


こういった描き方も見事ですし、人物の心理描写も素晴らしいと思います。

ラウとヤンの孤独感、焦燥感が二人の見事な演技とストーリー構成によってひしひしと伝わってきます。う~ん、上手いですね(^^)

哀愁と極限の世界に生きた者達の熱いドラマが描かれた傑作です。




<関連・『インファナル・アフェア』三部作レビュー記事>


『インファナル・アフェアⅡ 無間序曲』  無間道・・・運命が動き出す

インファナル・アフェアⅢ  終極無間』   悲しくも美しい終極



にほんブログ村 映画ブログへ



インファナル・アフェア@映画生活




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1 ■TBありがとうございました

こんにちは♪
こんなに傑作だとは知りませんでした!
やっぱり「見ず嫌い」ってダメですよね。
この調子でパート2と3も見るつもりです。

6 ■>kramibo52kinoさん

こんばんは~お久しぶりです!

あ、一気には観てないですよ~(^^ゞ誤解を招く書き方してすいません。

しかし一気に観た方が世界に浸れると思いますし、分かりやすいと思いますよ(^^)


後ほどおじゃましますね♪
プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。