スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ジョンQ 最後の決断』  テンゼル・ワシントン熱演!愛する息子を救う為、父は・・・

ジェネオン エンタテインメント
?ジョンQ-最後の決断-デラックス版

出演■テンゼル・ワシントン、ロバート・デュヴァル、ジェイムズ・ウッズ、レイ・リオッタ 他・・・

監督■ニック・カサヴェティス






<ストーリー>

 愛する妻と息子の3人で平和な毎日を送っていたジョンQ。だが、昨日まで元気だった息子が突然倒れた。助かるにはすぐにでも心臓移植するしかない。だがジョンQの入っている保険では心臓移植まではまかなえない。病院の院長はお金ができたら、心臓移植待ちの患者リストに名前を載せるという。だが、ジョンQには全額を工面することができない。切羽詰まったジョンQは、病院を占拠し患者たちを人質に取ったのだった…


2002年 アメリカ

(「映画生活」 より引用)





 

 高額な医療費がかかる上に保険が利かず、病院の態度にも憤りを感じたジョンQは病院の救急病棟を銃を持って立てこもるのですが…ちょっと飛躍しすぎ?と思いましたが、そんな事は作品を観ていると次第にそんなことは気にしなくなっていました。むしろジョンQを応援したくなる…人質になった人達が彼の味方になっていく心理と同じなのでしょう(そこまで計算して作られたかは分かりませんが(^^;))。


 またそのような気持ちになるのはテンゼル・ワシントンが演じている事が大きいと思います。どうしても良い人に見えるんです・・それが良いか悪いかは観る人によるかと思いますが、子供を愛し、救う為に行動に出た父親として観ると、「良い人に見える」テンゼル・ワシントンでよかったのではと思いました。普通に暮らしていた人間が社会の不条理によって犯罪に手を染めてしまうところがこの作品のメッセージをより色濃くしているのだと思うので、ジョンQが「良い人」に見えて正解なのだと思います。


 テンポがよくスリリングな展開に引きつけられ、ハラハラする場面も多数。たとえ結末が途中で読めても楽しめると思います。前置きが長い作品はよくありますが、この作品はテンポがよく、無駄なシーンがあまりないのがいいと思いました。


 占拠した病院内での人質とのやり取りも緊迫感がありつつコミカルさがあったり、人質の心理が変化していく様が見て取れます。多少ご都合主義な部分もみられるものの、そこはあまり気にせずに作品に入り込めました。


 ジョンQが病院を占拠する原因ともなったアメリカの保険制度、社会の現実や不条理について考えさせられます。会社の都合で半日の労働をにされている為保険会社から半日労働者には資格がないと言われる。そして最初のシーンで院長が言った台詞は酷く、厳しいものですが、現実を突きつけている。‘お金がなければ助からない、手術を受けることができない’・・・やりきれません。この憤りがジョンQに行動を起こさせる原動力にもなっているわけで、そう考えてみると非常に辛く、また社会に対する皮肉や問題提起といったメッセージ性ある作品だなと思いました。


 テンゼル・ワシントンの子を想う父親ジョンQは嵌り役で、さすがテンゼル・ワシントン!見事な演技で引きつけられ、感動を誘います。作品自体、ベタな話しなのですが彼の演技の素晴らしさで作品に深みが出たかなと思いました。


 当初ジョンQ役は白人俳優にするつもりだったそうですが、結果的にはテンゼル・ワシントンで正解だったと思います。…ラストは結構賛否両論があったようですが、私は納得いく結末でした。

 親子愛、感動あり、スリルありの社会派サスペンスです。





ジョンQ 最後の決断@映画生活


にほんブログ村 映画ブログへ


?



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。