スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ジョニ-・イングリッシュ』  彼こそがスパイの中のスパイ!(?)間抜けなスパイが大活躍!

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
ジョニー・イングリッシュ

出演■ローワン・アトキンソン、ジョン・マルコビッチ

監督■ピーター・ヒューイット







<ストーリー>

 英国秘密諜報局のジョニー・イングリッシュ(ローワン・アトキンソン)は、華麗な活躍を夢見る冴えない事務職スパイ。そこに非常事態が発生。イングリッシュのヘマで所属エージェントが全員死亡。上司は仕方なくイングリッシュにミッションを課す。それは王室戴冠用の宝玉の警備という重大な任務だった。だがイングリッシュはスパイにあるまじき失態を連発し、宝玉は何者かに奪い去られてしまう。イングリッシュは宝玉の行方を追い始めるが、事件の裏には英国の王位を狙う巨大な陰謀が潜んでいた…。


2003年  イギリス

(「映画生活」 より引用)





 ?『Mr ビーン』で世界中を笑いの渦へ巻き込んだローワン・アトキンソンのアクションコメディー。

 冒頭から凄い事になっています…(笑)先述のストーリーにもあるように、最初からヘマ(・・・簡単にヘマとはいえない大事ですが(笑))をやらかし、もうジョーク炸裂。ローワン・アトキンソンを観ているだけでも笑えるのに、そんな彼が変な事ばかりするものだから爆笑です。


 英国秘密諜報局の最後の希望ジョニー・イングリッシュ!…彼が最後の希望になるとは…内勤だったのでスパイの知識など全くない彼が(笑)


 スパイへの憧れと意気込みは誰にも負けず、スパイになった途端有頂天となり、張り切るジョニ-・・・その意気込みは素晴らしいのですが、彼のとる行動はめちゃくちゃ(笑)そして悪気は無く、真顔でやるもんだから憎めない・・・そして笑えます。


 ローワン・アトキンソンの全身を使った笑い、自然な演技は見事。う~んプロですねぇ。あの体をグニャグニャさせる不思議な動きとジョニ-がとる‘危ない行動’の絶妙なコンビネーション。全身で演技し役になりきり、そして観客の笑いをとる・・・・さすがです。メイキングでいかにして笑いを取るかを真剣に考え実践するローワン・アトキンソンのプロ魂が出ています。


 ただ大爆笑という作品ではないのと、この作品の笑いのが人によって評価が別れるかなと思います。アメリカのコメディー映画とは違う‘笑い’なんですよね、この作品。『Mr ビーン』が面白いと思った方は楽しめると思いますよ。

 私は大爆笑できるかと思ってみたのでもっと笑いのネタを散りばめてくれても良かったのかなとも思いました。

 


 随所に笑いがあり、そして一応(?)スパイ物なのでアクションもあり、そして笑いばかりでなく、ストーリーもしっかりとしたものとなっています。


 というのも『ダイアナザーデイ』『ワールドイズノットイナフ』の本家007の脚本を担当したがN・パーヴィス、R・ウェイドらが本作の脚本を担当しているのもあり、笑いの中にもしっかりとしたストーリーがあり、ラストまでみせてくれます。またアクションもなかなかスリルある仕上がりで、ちゃんとスパイ映画してます。



 なんといってもジョン・マルコビッチが出演しているので、彼の存在で映画らしさが増しているかと思います。ジョン・マルコビッチは本格的なコメディー演技は本作が初だったそうです。本作のマルコビッチは非常に良いですよ~活き活きしてます。



 駄目駄目スパイ、ジョニーの活躍はもう…冷や冷やものです。なぜなら、彼はそのおとぼけで自ら危機を呼び込んでますから(笑)公開時のコピーが“恐れをしらない! 何も分かっちゃいない!”ですからね…ほんとその通りなのです(^^;)



 肩の力を抜いて気軽に観るのにもってこいのアクションと笑いが満載のコメディーです。




ジョニー・イングリッシュ@映画生活


にほんブログ村 映画ブログへ


?



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1 ■TBありがとうございました!

コメント&TBありがとうございました。
感想を丁寧に書かれていますね~。
ただただ、可笑しがりたいときにはピッタリの映画でした!
ローワン・アトキンソンとマルコヴィッチですからね~、可笑しくないわけがないですね!
プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。