スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スカーレット・レター』  愛がもたらす地獄

 

アミューズソフトエンタテインメント

スカーレットレター



出演■ハン・ソッキュ、イ・ウンジュ
監督■ウン・ピョク



<ストーリー>

刑事のギフンは、妊娠中の妻スヒョンを愛しながら、美しい愛人カヒとの情事を楽しむ日々を送っている。ある日、写真館の主人が殺害される事件が起こり、第一発見者の妻、ギョンヒを取り調べたギフンは、彼女に言い知れない魅力を感じていく。捜査が難航するなか、ギフンはカヒに妊娠を告げられた。やがて、完璧だったギフンの生活は均衡を失い始める・・・


2005年  韓国  R-15


(「映画生活」より抜粋)





 大好きなハン・ソッキュの『二重スパイ』以来の映画作品だっただけに期待していた作品なのですが・・・好きな女優の一人イ・ウンジュの遺作となってしまったことが悲しく残念です。なので複雑な気持ちで鑑賞した作品でもあります 。


 

 ハン・ソッキュは自らの欲望の赴くままに生きる男ギフンを役にどっぷり入り込んで演じており、今までとは全く違った役柄で新境を確立。


 やはりハン・ソッキュと言う俳優は魅力があります。この作品ではとても嫌な男を演じているのですが、魅力的なのです(ギフンのような男は絶対嫌ですけどね(^^ゞ)。



 冒頭の自負心に満ち溢れたギフン。車を走らせながら歌う姿はギフンと言う男がどのような人物なのかがこのシーンで全て説明されています。ハン・ソッキュは声優(ナレーション等)を昔していたというだけあって声が良いです。なので彼が歌う姿が観られる、冒頭は必見と言っても良いでしょう。


 ハン・ソッキュは役に入りすぎたためにラストでは無意識に演技をしているシーンがあるのですが、もはや演じるというよりギフンになってしまったと言えるハン・ソッキュの迫真の演技はリアルで恐ろしくもあります。


?イ・ウンジュの愛人役も結構嵌り役で良かったです。イ・ウンジュのイメージから愛人役というのはどうなのだろうか・・と思っていたのですが、華奢な体で魂こめた演技をし、美しく、時に小悪魔的な役を見事に演じていました。彼女の声がまた役に合ってるんですよね。


 しかし・・・?役者は良かったもののストーリーがいまいち。

サスペンスの部分がしっかり描かれておらず、事件も何か中途半端になっている感がありました。単なる愛憎劇になっている感じです・・・。過激な描写は噂どおり。官能サスペンスだから仕方が無いのでしょうがね・・・。



 傲慢でエゴイスティックなギフンが墜ちて行く様は惨めで、女達の怨念が込められているようにも思えました。

そしてこの作品の登場人物たちは自身の欲望に忠実に生き、各々に自己中心的なところがある・・人間らしいといえばらしいのですがそのように生きた果てに見るものは“地獄”なのです。



 この作品は人間の醜い部分、愛とは何かを描いた作品です。





? 若くしてこの世を去ったイ・ウンジュの歌声が今も頭に流れています。彼女の死は残念でなりません。




にほんブログ村 映画ブログへ


スカーレット・レター@映画生活



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1 ■見たいなあ

rainさんのお引っ越し先はこちらでいいんですよね?おめでとうございます


実は私もハン・ソッキュ好きなんですよ~。初めて見たのは『カル』だったんですけど(笑)特に好きなのは日本版も作られた『8月のクリスマス』です。


なのでイメージ一新と言われる『スカーレット・レター』は私も楽しみです。


同名のハリウッド映画もありますが、こちらは見られました?原作があるので違うようですけどね。スカーレット・レターとは“緋文字”という意味で、むかし不道徳な行為をした女性が胸に付けさせられたらしいです。

3 ■>大福さん

ご訪問有難うございます。心機一転がんばってます。

この『スカーレットレター』、公開前に情報を調べていたときは『朱紅文字』『緋文字』といわれてました。原題は『朱紅文字』です。
「A」という文字ですよね?パンフレットに印刷されてるんですよ(^^)

4 ■>wasewase さん

そうなんですよね。ストーリーの描き方がイマイチで役者に支えられた作品になってますよね。

イ・ウンジュは本当に残念でなりませんね。これからが楽しみだった女優さんだっただけに・・・。

コメントとTBありがとうございますm(__)m

5 ■遊びにきましたよ

この作品、観に行こうと思っていたのに、行き損ねてしまったんですよ。


でも、観に行った知り合い(年100本前後の映画を観る人)には「あなたはドロドロなの苦手みたいだから、無理に観なくてもいいかもしれない」と言われてしまいました。f^_^;

7 ■TB&コメントありがとうございます

私の韓流はハン・ソッキュです。
「八月のクリスマス」を最初に観て、次に「シュリ」で落差にびっくりして、演技力と笑顔にヤラれました。
この作品の悪い男っぷりも良かったですよね。全ては監督のせい(という声多し)

8 ■>もじもじ猫さん

私もハン・ソッキュが好きなんですよ(^^)

この作品んのエゴイスティクなギフン、なかなか良かったですよね。

確かに・・・監督の技量不足といえるかもしれませんね。役者が素晴らしいのにもったいない話しです。

TBとコメント有難うございます。

9 ■TBありがとうございました

こんにちは♪
先ほどまでスカパーで「二重スパイ」を見ていたところです。
映画館でも見ましたけど、いまひとつだったですね~(笑)
ショパンのBGMがとっても好きでしたけど・・・。

さて、この映画は官能サスペンス・・・というジャンルにしてはちょっと中途半端だったような。
でもはからずもイ・ウンジュの遺作となってしまい、本当に残念です。
彼女の透明感ある美しさと歌声は忘れられませんね。

10 ■>ミチさん

コメント&TB有難うございます。
『二重スパイ』も期待していたんですけどね・・確かに今ひとつですよね(^^ゞハン・ソッキュはこの作品で腰を悪くしてしまい、『塩人形』がダメになったんですよね。

『スカーレットレター』もイマイチな作品となってしまいましたね。俳優の演技は良かったので勿体無いです。
イ・ウンジュ・・残念ですよね。

11 ■はじめまして

少し返事が遅くなりましたが、コメント&TBありがとうございました!今後もよろしくお願いしますね。

それにしてもイ・ウンジュさん、残念ですね。この作品だけでなく、出演作はあまり恵まれてなかったですし・・・。

12 ■>よっちんさん

コメントとTBありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします(^^)


>>この作品だけでなく、出演作はあまり恵まれてなかったですし・・・。

イ・ウンジュが出演した作品で彼女は死にまつわる役が多かったですね。出演作は爆発的なヒットとまでは行きませんでしたしね(「ヒットしたブラザーフッド」は少しの役でしたし)。

これからが楽しみな女優さんだなぁと思っていた矢先・・残念です。
プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。