スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『閉ざされた森』  森の奥深くには予想を裏切る真実が・・・!!

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
閉ざされた森 コレクターズ・エディション

出演■サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・トラボルタ、コニー・ニールセン
監督■ジョン・マクティアヌ






<ストーリー>

 米軍パナマ基地から訓練に出たレンジャー隊が、森の中で消息を絶った。捜索ヘリが3名の姿を確認した時、彼らは味方同士で撃ちあっていた。ジュリー・オズボーン大尉は、救助された2名の兵士へ尋問を始めるが、彼らは固く口を閉ざしたまま。上官のスタイルズ大佐は、元レンジャー隊員だったトム・ハーディ(ジョン・トラボルタ)を非公式に呼び出し尋問に当たらせる。やがて、森で起こった事件について語り始めた兵士たち。しかし、2人の証言は矛盾に満ち、交錯していく…。


2003年 アメリカ

(「映画生活 Gaga」より 引用)





?


 公開前、宣伝ではよく「どんでん返し」という言葉が出ていた気がしますが、まさに‘どんでん返しMOVIE’です。


 冒頭の訓練シーンは軍事サスペンスの雰囲気が何処と無く漂っており、ここでまず、無意識にこの作品に‘騙されている’のです。雨が降りしきる森でレンジャー隊が失踪するこの冒頭シーンはかなり緊迫感があり、一気にひきつけられました。このシーンだけでも一つの作品が作れそうな出来、『プレデター』の監督だからでしょうか。このシーンとラストシーンのギャップは凄いです(凄すぎ・・・(笑))。



 森の訓練で起こったことの真相を究明すべくジョン・トラボルタが演じるトム・ハーディと、コニー・ニールセンが演じるジュリー・オズボーン大尉が救助された二名の話しを聞くが二人の証言は矛盾。尋問術に長けたトム・ハーディは徐々に真相に近づいていくのですが、救助された二名の話しはどちらが真実なのか?一体何が嘘で何が真実なのか・・とトム・ハーディーとジュリーと共に混乱していきます。


 観客はジュリーの視点でこの作品を捉え、ジュリーと共に‘騙される’。それがこの作品の面白さであると思います。人の話しから真実を導き出すと言う事の不確かさ・困難さを実感。真実を見極める力をジュリーと共に養っていく・・・そんな作品でもあるのかなと思いました。


 ジュリー・オズボーン大尉役のコニー・ニールセンは『グラディエーター』でも凛とした美しさで存在感がありましたが、本作もそれは同じ。女性将校役が嵌っていたと思います。ショートカットが似合いますね~


 ジョン・トラボルタは良い役をやっても何故か私は悪役に見えてしまうのですが(『フェイスオフ』の影響??) 、本作でも途中、トム・ハーディーに疑ったりしてました。悪役が似合う顔なんでしょうかね・・・。本作のトラボルタは尋問術に長けた元レンジャー隊員なのですが、‘尋問術に長けた’という割にはそこまで優れた尋問術を見ることが出来なかったのが少し残念。‘話し’によって構成されていく作品といえるので、余計尋問術を駆使して欲しかったなと思います。


 レンジャー部隊、教官役にはサミュエル・L・ジャクソン。良い味だしてます。サミュエル・L・ジャクソンはこういった役が上手いですね~。また軍人役が似合う俳優だなと思います。本作のキーポイントである教官役を好演、この好演によって騙されたとも言えますね。


話しが二転三転し、見事な映像トリックに魅せられはまってしまう。冒頭のシーンからこれから何が起こるのかと引きつけられ、テンポも良いので飽きる事なく作品を楽しめる(1時間38分という短さもあるかもしれませんが(笑))。
 

 当初想像していたものとは違う方向に行った作品でしたが、良い意味で裏切られました。映画の細部まで気を配って鑑賞し、推理するもよし。作品に身を任せ、騙されるのもよしです。作品を楽しみたいのならばこの作品は素直に騙された方が楽しめます。


 ただ、「当初想像していたものとは違う方向に行った作品」と言いましたが、これは本等に驚きました。と言うのも途中までの雰囲気は何処へ・・・といったラストだったので、やや拍子抜け。このラストによって「騙された!!」という気分を楽しむ事が出来るのですけどね。人によっては「騙された(怒)」になるのかもしれません・・・^^;



 森から始まるミステリー、真相も森のように深いですが、森から抜け出せば…

 さて、どんなラストが待っているか皆さんの目で真相を知って下さい。どちらの「騙された。」になるのでしょう(笑)




にほんブログ村 映画ブログへ



閉ざされた森@映画生活




??


?




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1 ■この作品のどんでん返しは

一筋縄ではいきませんでしたね!

最後には、ニンマリしてしまいました。
ジョン・トラボルタ・・こういう役似合いますね!!

2 ■>Dさん

サスペンスの雰囲気が続いたと思いきや、意外と爽やかなラストに驚きました。ほんと一筋縄ではいかない作品ですよね!

トラボルタ、似合ってましたよね(^^)

3 ■コメありがとうございました。

やっぱりかぶりますよね?将軍の娘。

つーかあれがトラヴォルタの素なんですかねぇ。
TBさせてもらいました!

4 ■>りなさん

この作品のトラボルタと「将軍の娘」のトラボルタの役柄が似ているから雰囲気同じになってしまうんですかね??

確かに素なのかも(笑)

5 ■TBありがと

この映画にはやられましたー。
もうドキドキしっぱなでしたよー(≡^∇^≡)

6 ■>♂さん

意外な結末と、結末に向かうまでの過程にドキドキさせられましたよね~(^_^)
プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。