スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『メメント』   記憶の迷宮散歩は存在証明

アミューズソフトエンタテインメント
メメント

出演■ガイ・ピアース、キャリー・アン・モス、ジョー・パントリアーノ

監督■クリストファー・ノーラン





<ストーリー>

妻を何者かに殺されたショックから、10分しか記憶を保てなくなってしまったレナード(ガイ・ピアース)。彼は愛する妻を殺した犯人を突き止める為、出会った人物や手がかりとなるモノのポラロイド写真にメモを書くだけでなく、自らの体にまでタトゥーを彫り、事件の真相をつかもうとするのだった...。


2000年 アメリカ

(「映画生活 Gaga」 より引用。)





 アメリカでは難解かつ魅力あるストーリーであるためにクチコミで広がり、公開館が拡大、大ヒットとなった作品。

?



 監督の弟の短編小説『メメント・モリ』が原案。因みに『メメント・モリ』」とは「人間は死すべきものである、死を忘れるな」などの意味。(ミスチルの『花』のサブタイトルもメメント・モリですね~と脱線(^^ゞ)


 この作品が何故それほど人をひきつけたのか・・・それはこの作品の独特な構成が大きな理由であると思います。通常の作品とは異なり、この作品は時間軸が逆(因みに時間軸が逆の韓国映画はイ・チャントドン監督、ソル・ギョング主演『ペパーミントキャンディー』もそうですね。)。


 「妻を殺害された男の復讐」とあらすじを見ると結構ありがちなのですが、そんなありがちなストーリーを時間軸を逆に描く事で作品独特の世界観を作り上げ、奥深いものにさせ、作品に面白みをもたせている。


 主人公のレナードは10分間しか記憶が保てない。記憶を保つ為に自身の体にタトゥーを彫りリ、ポラロイド写真を撮って持ち歩く。録音するなどの‘確かな記憶の保存方法’では無くしてしまうなどの恐れがある‘不確かな保存方法’というかアナログな方法を取っている事が実に良い。

 記憶とは曖昧なもの、不確かなものであるということが、レナードが行なう記憶保存方法によって表され、確実に‘レナードの記憶’となっているのです。結末から考えるとこのレナードの記憶保存方法は結構奥が深いんですね~。


 またこの作品のミソは斬新な映像、時間軸が逆という事から、観ていて自分も知らないうちにレナードと同じ感覚に陥っている。疑似体験できる点であると思います。

 記憶障害のレナードに犯人探しは可能なのか?近付いて来る人間を信じても良いのか?果たして何が真実で何が嘘なのか…観る者はレナードと共に記憶の迷宮を歩く事になる。もう出てくる人全てが怪しいのです。何が本当かなんて分からなくなり、混乱し、話しが進むごとに「あれ?何だったけ?」とよ~く観ていないと分からなくなります。リピーターが続出したと言う事にも納得。細部にまで集中して観賞しましょう(笑)

 

 主演のガイ・ピアースは記憶障害の主人公レナードを好演。ガイ・ピアースは作品ごとにことなる顔を見せてくれる俳優ですね。共演は『マトリックス』シリーズでお馴染みキャリー・アン・モス。本作の役柄は『マトリックス』のトリニティーとは全く違う為、トリニティーのイメージが強かったので驚きました。同じく『マトリックス』に出演していたジョー・パントリアーノも良かった。彼の存在が作品を一層謎めいたものにしています。


 
 記憶障害のレナードは記憶が保っていられない。そんな彼が今生きる理由は「妻を殺した者への復讐」この理由により、彼は自分という存在を“保っている”のです。何度忘れようが‘生きる証’を求めまた新たな10分を向かえる。人は記憶によって生きている。記憶により過去の自分と今の自分を向き合わせる事が出来る・・・。そして人間の恐ろしさをも描いたこの作品は単なるサスペンスの枠には留まらない作品です。


 
 映画を観て事件の真相を知った時何とも言えない気持ちになるはずです。そして、じんわりとした怖さも残る作品。


スペシャルエディションDVDでは特典に監督の解説と原案である小説を書いた監督の弟のナレーション。時間軸が通常通りになっているものが入っているそうなのでこれを観れば完全に理解できるみたいです。






にほんブログ村 映画ブログへ ??


?


メメント@映画生活




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1 ■TB&コメントありがとうございました。

DVDをレンタルして、その時間軸が正常の「リバースシークエンス」も観たのですが
頭の回転がついていかなかったせいか、未だに理解しきれてません。笑
が、この物語の真相を時系列通りにで観てみると
より一層事件の怖さがじわっと来るかもしれません。
この映画が気に入ったらDVDで観てみるのもイイかもしれませんよね。

2 ■この映画

はおもしろかったですね~。
いい作品でした!

3 ■コメントありがとうございました

メメント、結構前にDVDで見た気がするん
ですけどわたしも何度か見直したり時間軸どおりに見ました。大好きな映画ですが、見るとつかれますよねー。

4 ■>キサさん

レンタル用DVDにも時間軸正常バージョンが付いてくるんですか!知りませんでした(@_@)

時系列通りに観るとまた違った印象を受けるのですね・・・気になるので今度借りてみようかと思います(^^)

5 ■>♂さん

こんばんは~

記憶が保てないという設定の作品は沢山ありますが、サスペンス路線のものはなかなかないですよね。そういった意味でもこの作品、斬新でした!

6 ■>うっちゃん(kugenuma555) さん

時間軸が正常バージョンもご覧になったんですね。

ストーリーと映像が凝っているので確かに観るとつかれますね(笑;
プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。