スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観劇 『NODA・MAP ザ・キャラクター』

作:野田秀樹
演出:野田秀樹
出演:宮沢りえ(マドロミ)、古田新太(家元)、野田秀樹(家元夫人/ヘ―ラ―)、藤井隆(会計/ヘルメス)、
池内博之(アルゴス)、チョウ・ソンハ、田中哲司(新人)、銀粉蝶(オバちゃん)、美波(ダプネー)、橋爪功(古神/クロノス)


< あらすじ >
舞台は小さな書道教室。書道教室には家元を崇め、一心不乱に文字を書く生徒たちと、そんな生徒たちを取りまとめる古神と会計が生徒たちに文字の作りを説明し、意味を説いていた。
そんな中海外旅行から家元が帰国。家元は旅先での体験を話しはじめる。
そして書道教室に身をひそめる女が一人。彼女の名はマドロミ。
弟を探しにこの書道教室に潜入していたのであった。
書道教室とマドロミ、両者が出会い行きつく先は・・・


観劇:2010年7月24日(土) マチネ@東京芸術劇場





NODA MAP

観てからだいぶ経っていますが、NODA・MAP第15回公演『ザ・キャラクター』を観てきました。

前情報を何も仕入れていかなかったので、かなり衝撃を受けました。
このタイトルとポスターからは想像がつかない舞台内容。
終演後、しばらく“黒い余韻”が残る作品でした。


以下ネタばれです!


開演前から舞台上に文字が書かれた板の様な物が3つ置いてあり「何だろう?」とずっと気になっていました。
書かれている文字は「俤(おもかげ)」と「儚」の2文字で、真ん中は何も書かれていない。

ラストに分かるこの最後の文字を含む3つの文字はこの作品を象徴する文字である。

とはいえ最初は何が何だか分からず、どんな舞台なのかも想像がつかなかった。


舞台全体が青白い光に包まれ、異空間に居るかの様な幻想的な世界観が突如として現れる。
そこに宮沢りえさん演じるマドロミが多くの人々の腕に抱えられ、そしてまるで産み落とされるかの様に、舞台上に“落とされる”。それは地上に舞い降りた天使にも見えるし、
これから起こることへの悪い予兆にも思える。

マドロミが冒頭で言う長いセリフは伏線が散りばめられている。
弟が居たのか居なかったのかは定かではないが、弟の俤は覚えており、
弟は自分の袖を掴み落ちて行ってしまったという彼女の袖は確かに片方千切れて無い。

華奢な体から放たれるセリフは力強く、一瞬で『ザ・キャラクター』の世界に引き込まれる。普段映画等で見聞きする宮沢りえさんとはまったく異なる姿に驚いた。
この声、本当に宮沢りえ??と思うほどの野太い声。マドロミという穏やかな名前とは裏腹に実に力強いキャラクターなので、声色を変えたのでしょうか。

幻想的な冒頭から書道教室へと舞台は移り、家元を崇め一心不乱になって文字を書く書道教室の生徒たちと、彼らを取りまとめる橋爪さん演じる教室の元大屋・古神と会計が文字の持つ力を説き、取り仕切っていた。
そんな中生徒たちが崇める家元夫妻が海外旅行から帰国。

家元が話す旅先での出来事は実にくだらないのだが、目を輝かせて聞く生徒たち。
この家元が話す旅先での出来事が狂気と悲劇へと繋がっていきます。


古田さんは新感線で見せるお得意のコミカルな演技で場内を沸かせつつ、
家元がもつ何か怪しげな雰囲気を演技の端々に出していたので、笑いの中にも一種の緊張感がありました。


この怪しい書道教室と並行してギリシャ神話が舞台の話が演じられていくのですが、
並行して描かれるギリシャ神話の世界をどう捉えればいいのかとちょっと戸惑っていました。
これは現実の話なのか、別次元での話なのかと。


次第に分かってくるのですが、ギリシャ神話の話も、登場人物も全てが現実で書道教室と同次元の話であり、両者が一つに成った時、恐ろしい真実が明るみになります。


まさかとは思いましたがこの作品、某宗教団体が起こした一連の事件を描いた作品だったのですね。
『ザ・キャラクター』というタイトルと、あのポスターからは全く想像していなかった、いや出来なかっただけに気付いた時はとても驚きました。


そう気付くとあの家元はあの教祖なんだよな、とか、マドロミの弟の入門動機からあの人物のことだなとか色々と当て嵌めて観るようになり、
一瞬にしてこの舞台が異様なものとなりました。

前半のコミカルな演出に気を取られ自然に取り込まれていたんですよね。
気付いた時にはもう逃れられないし、同化するしかないという。
観客を書道教室のいち生徒にしてしまうかの様な戯曲と演出は凄い。

本作のテーマを表すセリフに家元が言う『Give me change!』があります。
人が抱く変身願望や、現状からの脱出を熱望する感情を利用する為のこのセリフ。


家元から名前を与えられ、特別な人間に昇華した気になる生徒。

自信が信じていた物と者が姿を変え、異なるモノとなってしまった時の絶望。

確固たる思想はなく、ただ金儲けと自己顕示欲しかない家元を“神”として異なるモノにしてしまった周りの人間。狂気へと走る感情の変化等、

ありとあらゆる“変容”があり、その先に待ち受けるのはあの空白の板を埋める「幻」という文字。

この「幻」も真実を知ったマドロミによって変えられてしまいます。


真実へとたどり着くキーとなるのはマドロミの弟です。


マドロミの袖を掴むが、袖が千切れて落ちてしまった弟。
落ちたのではなく“堕ちた”弟。
袖はおそらく弟の人間性を表していたのではないかなと思います。
家元が間違えて書いた「袖」という文字をマドロミが「神だ」とした下りにも、弟が堕ちた事も意味していたように思える。

マドロミが見た弟は「幻」、現実の弟は人間性が欠落し、幼稚な思想を、幼稚な世界で生きることを選んだ別の“キャラクター”と化してしまった社会の闇に産み落とされたもはや人ではない生き物であった。


通勤ラッシュで混雑する電車内に傘と何かが入ったビニール袋を持っている弟。
袋に傘を突き刺した瞬間、恐ろしくなり、気分が悪くなった。舞台であるのは分かっているのに、その現場を見ている感覚に陥りました。



そんな弟の背に書かれた「幻」の文字に手で力強く線を引き「幻」を「幼」に変えて崩れ落ちるマドロミ。
マドロミを冷たい目で見つめ、自分だけ助かろうと冷蔵庫に隠れる家元を残して暗転。

事件が事件だけにもの凄い余韻を残しての終幕。

この作品はあの事件を描いたものであるが、現代社会を映し出した鏡の様な作品でもあったと思う。
「人間性が欠落した幼稚な社会」から生じた歪みから新たな闇を生み出してはならないというメッセージが含まれている、そんな気がしました。


しかし、凄い衝撃的な舞台でしたね・・・長々とまた書いてしまいましたが、
見どころというか語りどころ満載です、この舞台。

古田さんの前半と後半のギャップは本当に見事で、声色が変わった瞬間はゾッとしました。



来年の野田地図は妻夫木聡くんと蒼井優ちゃんの共演だそうで。
今から楽しみです。







テーマ : 演劇・舞台
ジャンル : アイドル・芸能

観劇 『At home at the zoo』

作:エドワード・オルビー
演出:千葉哲也
出演:堤真一、小泉今日子、大森南朋

鑑賞日:2010年7月7日 ソワレ @世田谷シアタートラム 


< Story >
Ⅰ― 出版社に勤めるピーターは妻と娘二人、そして猫とインコと暮らす平凡だが幸せな家庭を持っている。
自社の本を読むのに夢中なピーターに妻のアンはさらりと一言。「話があるんだけど」・・・・

Ⅱ― 公演のベンチで本を読むピーターに突然「動物園に行ってきたんだ」と声をかける青年。
彼の名はジェリー、一方的に話をする彼の話を聞くうちに・・・







堤さんのお誕生日の日に観に行ってきました。
(当日の我がサイドストーリーはこちら


バースデイサプライズがカーテンコール時にあるのかなとちょっと期待していたのですが、
何もありませんでした^_^;
舞台裏ではお祝いされていたのかもしれませんね。


7月8日にはあの踊る大捜査線の本広監督がいらしてたようですよ。
一日違い、惜しい!


本公演は二時間休憩無しで二部構成。
休憩無しですが、舞台の世界に引き込まれて苦ではありませんでした。

ネタばれ無しで書こうと思いまいたが、考えを整理する為、ここからはネタバレありで書いています。


! 以下ネタばれあり。未見の方はご注意ください。



第一幕:ホームライフ   ピーター(堤真一) + アン (小泉今日子)


真っ暗な舞台の中央は大きな穴が。
深い深い闇がそこにある。そんな空間に怪しげな雰囲気を纏ったアンがひょっこりドアからその穴をのぞき見るように顔を出し、また戻っていく。

この暗い穴の底からソファーに座り読書をしているピーターがせり上がってくる。
先ほどまで真っ暗だった舞台が一瞬にしてリビングへ。

実に上手い演出。
この舞台は舞台装置そのものが作品のテーマであり、各登場人物の深層心理を表しています。
この大きな暗い穴こそこの家庭が実は危ういという事を表していると共に、
妻がこれからピーターに打ち明ける本音とピーターの心に潜む無自覚の負の感情を表現したものではないかと解釈。



出版社の役員という地位につき、妻アンと娘、ペットの猫とインコと穏やかに暮らしているピーター。
彼の生活はまるで絵に描いたようでまさに“アットホーム”である。

穏やかな日曜日、いつものようにリビングで読書をしていると、妻アンがリビングにやってきてピーターに声をかける。


「話があるんだけど。」


突然妻からこんな事を言われては穏やかではいられない、恐ろしく落ち着かない気持ちになるはずだ。

遠まわしに、たわいもない会話を繰り返し、やがて彼女の口からでた言葉に困惑するピーター。
夫を愛しているし、今の暮らしも幸せで満足はしている、してはいるのだが、満たされない。
もっともっとと求めるのは人の性。

平凡で単調なこの暮らしから一歩踏み出したい、それには何か刺激が必要である。
そこでアンがピーターに求めた物は“カオス”であり、“動物になれ”“痛みがほしい”ということである。

常識人のピーターは何が何だか理解できない。
挙句の果てに彼女の口から卑猥な言葉がポンポン出てくるのだからどうしたものか・・・


意味を履き違えたピーターも過激な話を動きつきで話し始める始末・・

お二人とも凄く過激なセリフをマシンガンの如く言うので驚きました。
凄い露骨なのは夫婦として会話をしているという証なのでしょうし、舞台が自由の国アメリカだからなのでしょうか。

欲望のぶつかり合いとも取れるし滑稽でどこか虚しさもあるこの会話。
笑いの中にある暗い影が何とも怖い。

次第にピーターの別の顔を知ることになるのだが、アンはまるで興味がない。
男と女の違いが垣間見える瞬間、次第に二人の中で狂気が生まれ始める。

感情の動きをテーブルの上にある振り子がその異変を感じ取ったのか動き始める。

一幕は二幕目への伏線が複数。
アンの「動物になって」という彼女の言葉、彼女の求めるものが自分にはないと悟ったピーターは心に深い空虚感を抱くとこになるのですが、これをまた舞台装置で表現。
一幕目から二幕目に移行する際にマンホールサイズの穴に肩を落とし、うつむき影かかった堤さんが吸い込まれていくんです。


第二幕 : 動物園物語  ピーター (堤真一) + ジェリー (大森南朋) 



第一幕から第二幕へ移行するの演出もまた秀逸。
一幕終わりに穴へと沈んでいった堤さんが今度は穴から顔を出し這い上がってくるのですが、
暗闇の中顔だけ照明が当り、その映し出された表情が先ほどまで観た温和なピーターの表情ではなく、
どこか恐ろしい不吉な表情をしているんです。
堤さん、流石ですね~ちょっとぞっとしましたもの。

公演のベンチで読書をしていると突然見知らぬ青年から「動物園に行ってきた」と声をかけられる。
基本ピーターというキャラクターは受け身なのですが、二幕目は大森南朋さん演じるジェリーを吸収するかのごとく完全に受け身です。

ピーターとジェリーは全く正反対。

生活環境の違いが服装に表れており、ジェリーのセリフの端々にピーターとの違いを窺い知ることができます。
ちょっとおかしい青年ジェリーの話を何故ピーターは聞いてしまうのか。
それは全て一幕のアンのあの「動物になってほしい」から来ていると思います。

なぜならジェリーはまさに妻が求める動物的な人間だったから。

自分にない物を持つジェリーの話を聞くとで自分も動物になる事が出来、心の空洞をを埋めることが、妻に認められることが出来るのではないかという考えが無自覚的にあったのだと思うのです。

また深い孤独を抱えて暮らすジェリーはピーターに近づきたい気持から愛嬌ある仕草と話し方をしてくる。
ジェリーは犬の話をしますが、ジェリーこそ犬ではないかと思ってしまう。
彼は狂気の人の様だけど、実はそうではなく、ただ孤独なだけ。
そして彼もアンと同様に心をもっと満たしたい、現状から抜け出したいという気持ち強い。



「動物園に行ってきた」


ジェリーは本当に行ったのか?いや行っていないのではないか。
彼の言う動物園はアンの「動物になって」に掛るものであり、
その対比としてジェリーはピーターに「あんたは植物だ」と言うわけです。


動物と人間の違いとは何か。
それは理性ではないか。

常識人のピーターは実に理性がきく人であるし、
人は理性という名の檻で暮らしているからこそ秩序が保たれているのだと思う。

しかしそんな世界にずっといると退屈してしまうのも人間。
平和が続くと正反対の世界に興味を持ってしまうのも人間の性で、抑制された負の感情を理性と言う名の檻から出て自由に吐き出したいと思ったのがアンとジェリーなのではないか。


動物園とは私たちが生きるこの現代社会。
飼いならされた動物が自然界に放り出されたらどうなるか、自分の力で生きていけるのか?

そこに生み出されたカオスにどう対処すのか。
そもそもそんなカオスに満ちた世界は幸せなのか。

ジェリーの話を聞くうちにピーターの中に眠る負の感情が殻を破るその時、
日常生活に潜む狂気が表に出て、やがてあの結末を迎える。


ピーターは植物から動物になった・・・しかしそれで彼は幸せか?

あのままアンの待つ家に帰り、先程の出来ごとをアンに話したところで
彼女が待ち望む“カオス”を与えたところで彼女は満たされるのか?


私はノーだと思う。
動物園の動物は檻から外にでたら生きてはいけないと思うから。


不条理に満ちた世界の縮図のようなこの二幕。
こんなに長々と感想を書いてしまう程の奥が深い味わいのある舞台でした。




追記は各役者さんと雑感!







続きを読む

テーマ : 演劇・舞台
ジャンル : アイドル・芸能

観劇 『ムサシ ロンドン・NYバージョン』



作:井上ひさし(吉川英治「宮本武蔵」より)
演出:川幸雄
音楽:宮川彬良
出演:藤原竜也、勝地涼、鈴木杏、六平直政、白石加代子、吉田鋼太郎 他

鑑賞:2010年5月21日 マチネ @彩の国さいたま劇場




※若干ネタばれ気味です。


<Story>
巌流島の戦いで、小次郎は死んでおらず生きて6年後に再び武蔵の前へ現れる。
そして武蔵に再度自分と戦うよう果たし状を突きつける。
決闘の日は3日後の朝。それを聞いていた者たちは何とか二人が戦わぬよう策を練るが・・・





有休取ってはるばる与野本町にある彩の国さいたま芸術劇場へ。
さいたま芸術劇場は行ったことがなかった為、自分の席がどのような席か想像がつかず、
念のためオペラグラスを持って行きました。
しかし実に観劇しやすい作りで、12列目でしたがオペラグラス無しでも十分観えました。
と劇場に関することは後程書きます。


本作は故・井上ひさし氏脚本で昨年も舞台化されており、前公演は藤原竜也と小栗旬。
今回は小栗旬に代わって勝地涼が武蔵と対峙する佐々木小次郎を演じます。


小栗旬と勝地涼ではタイプが異なる俳優ですから、
前公演を観た方は小次郎に異なる印象を受けただろうなと思います。

私は初演を観てないので何が海外公演バージョンとして進化したのかは残念ながら分かりませんが、
作品の随所に「和の心」を感じ取ることができたので、
ここが恐らく海外公演を意識したあたりなのかなと思いました。


冒頭の武蔵と小次郎の決闘シーンでの真っ赤な太陽や、霧が掛った舞台上を竹林が悠然と動きまわり、
やがて寺が現れる演出は美しく、幻想的。

劇中 能や狂言といった日本の伝統芸能を織り交ぜる当りも和を強調した作りになっていて、
白石加代子さんがみせる狂言は見事で場内拍手喝采でした。

またタイトルからして固い内容なのかと思いきやコメディー要素満載で
終始場内笑いが溢れていました。
特に出演者全員でやる能からタンゴの下りは今でもはっきり思い出すことができるほど印象強く、
面白かった。


この笑いが終盤、作品のテーマである復讐の連鎖、戦いの先にある虚無感、一日一日精一杯大事に生きる事の大切さ、人を斬って生きる武士達の心の底にある物。人を殺めることで失う事等様々なメッセージがストレート且つダイレクトに伝わってきます。

複雑ではなく分かりやすく観る者の心に染みわたる。そんな作品です。


蜷川幸雄氏の演出は常にシンプルで、役者に演出を託すような印象を受けるのですが、
本作はまさに役者によって話が生み出され、生きていると言えるものでした。


各役者の演技が生き生きとしていてキャラ立ちも良かったのはやはり芸達者な役者が集まったからなのでしょうね。


ラストはとても爽やかな気持ちになる作品です。








ロビーには沢山のお花が!唐沢寿明さんや、ジブリの鈴木さんのお名前が↑
他には小出恵介くんや小栗旬くんからも届いてました。


あと・・・余談ですが、この舞台、客席横の通路をかなり利用するのですが、
真横に藤原竜也くんが来た時はビックリしました。
TVや映画で観るよりも生の方がカッコイイのでびっくり、びっくり(@_@;)
周囲はざわつきました(笑)


テーマ : 演劇・舞台
ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

るい

Author:るい
【好きな俳優】
堺雅人、堤真一(特にこの二人が好き!)、大沢たかお、織田裕二、天海祐希、深津絵里

【舞台】
劇団☆新感線に嵌まってます!
ここ最近毎月観劇。

観劇予定: 時計仕掛けのオレンジ / テンペスト / シェイプオブシングス / NODA MAP・南へ / 劇団新感線・港町純情オセロ 


【映画】
洋画、邦画、韓国、香港とジャンル問わず何でも観てます。
最近は邦画鑑賞率高いです。


【ドラマ】
踊る大捜査線のファンでNW捜査員。

SP-警視庁警備部警護課第四係-が心底好き。


【小説】
佐々木譲、今野敏、貫井徳郎、雫井脩介、横山秀雄、海堂尊を好んで読みます。


■物凄いマイペースにやっているので不定期更新です。
なるべく観たものは全て感想を書きたいなと思っていますが
書かない or かなり時間が経ってから書くこともあります。

■映画、舞台、好きな俳優、ドラマの話が多めです。
感想はあくまで私個人のものなので「あ~この人はこう感じたんだ」程度に受け止めてください。



■TB、コメントお気軽に♪
(但し記事内容と関係のない物等はこちらの判断で削除させて頂きます。)
※コメントは承認制です。


※引っ越し前の記事にあるブログ内リンクは旧ブログのものです。(ランキング含)現在修正中の為リンク先には飛べません。
(旧blog⇒enjoy! MOVIE LIFE)

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
join
リンク
RSSリンクの表示
favorite
「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。